上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    アイデア大全
     アイデア大全

     単行本(ソフトカバー)336ページ
     判型:A5変形
     寸法: 21 x 14.8 x 2.5 cm
     出版社: フォレスト出版

     ISBN-10: 4894517450
     ISBN-13: 978-4894517455
     発売日: 2017/1/21



    (追記)電書出ます。 Kindle版楽天Kobo版、3/9(木)発売。3/7より予約開始です。

    アイデア大全アイデア大全
    読書猿

    フォレスト出版
    売り上げランキング : 601

    Amazonで詳しく見る


    書き下ろしです。

    タイトルどおり、アイデアのつくり方、発想法の本です。
    このトピックに関する限り、知ってることは全部書いたので、ブログでおなじみのトピックも、一度も書いてないことも、すべて盛り込みました。アイデア、発想法関連の集大成になってます。

    無名の新人ですので、情報拡散や感想、書評などでご支援いただけると幸いです。



    読者予定者の方へ

     表紙も背表紙も小口もページもみんな黄色です。

    表紙と小口 mini 大全in本棚mini ページ内mini

     
     リアル書店での捜索にご利用ください。


    この本を読んで欲しい人

     想定読者は、いままでの考え方を変えたい人やアイデアを必要としている人ですが、実は、発想法なんて無縁だとか、アイデアを生むなんて自分には無理だと思っている人にこそ、読んでもらいたいです。
     
     本の中にも書きましたが、創造性についての心理学研究は、次のことを教えています。
    ・「アイデアを生み出すことができるのは、特別な才能を持った人だけであり、自分にはそんなことはできない」と多くの人が信じていること
    ・アイデアなんて考え出せないという人たちを押しとどめている最大のものは、「自分はひどく間違った(受け入れられない化け物のような)考えを生んでしまうのではないか」という恐れであること
    ・しかし実験してみると、彼らのほとんどが何らかのアイデアを生み出すことができ、そのうちには独創的と評価されるものすら少なからず(ある実験では3割も)含まれること

     アイデアを生む方法(発想技法)の多くは、あえて間違えて考える方法であると、言ってもいいかもしれません。
     すべてが成功する訳ではありませんが、あえて間違えるからこそ、今までにない考えを生むことができます。
     そうして生み出されるアイデアのほとんどは、どうしようもないクズですが、それは生み出した人がクズということではありません。
     よいアイデアを出してこれる人は、よいアイデアが出るまで数多くのクズのアイデアを出し続けているのです。

     アイデアに苦手意識がある人を励まし、背中を押せる本になっていればいいな、と思っています。


     あともうひとつ、アイデア本を今までちょっと馬鹿にしていた人にも、読んでもらいたいと思っています。
     考えを吟味しようにも、まず考えを得ないことには(着想なしには)吟味しようがないように、発想法は元々〈考え始める〉ことの技術であり、あらゆる知的営為の原点にあたるものです。
     原点であるからこそ、発想法の影響や発想法に類似するものは、知的営為のあらゆるところに見出すことができます。

     この〈発想法が知的営為の原点〉であり、〈あらゆるところに見出すことができる〉ことこそ、『アイデア大全』の寄って立つところです。
     これを次に説明しましょう。
     


    コンセプト

     実はこのブログにも「アイデア大全」というタイトルの記事があります。

    アイデア大全ー52の発想法/思いつくことに行き詰まった時に開く備忘録 読書猿Classic: between / beyond readers アイデア大全ー52の発想法/思いつくことに行き詰まった時に開く備忘録 読書猿Classic: between / beyond readers

     当初は、これを膨らませたらできるかと思ったのですが、結局、コンセプトから作り直しました。

     一口で言うと、ブログ記事の方は「広げるために薄くなった」のですが、これとは対照的に今回の本は「深くすることで広がった」感じです。

     ブログ記事の方のコンセプトは「およそアイデア本、発想法書の類で扱われるようなものは網羅しよう」というもので、一つひとつの手法の記述量を最小限にして、とりあげる手法の数を増やす方に注力しました。ですが、カバーするのは従来の発想法の範囲にとどまりました。

     対して、今回の本は、その枷を外して「発想法とはなんぞや」から考え直してみました。
     その導きの糸となったのは、〈発想法×人文学〉というコンセプトです。
     
     以下では、このコンセプトを説明することで、今回の本が、他のアイデア本や発想法書とどう違っているかをお話したいと思います。


    発想法と実践知の伝統

     〈発想法×人文学〉というコンセプトを採用した第一の理由は、発想法がもともと人文の知と非常に親しい関係にあったことがあります。
     今日ではほとんど忘れられていますが、このことについては先日少し書いてみました。



     人文の知は、古代から近世にかけて、人と言葉をめぐる実践知である弁論術を依代として発展しました。
     そして発想法は、その弁論術の第一カノンであったインヴェンチオ(invention発明の語源)に端を発します。

     また、哲学に端を発する厳密知に対して、弁論術は実践知を奉ずるもうひとつの知的系譜の源泉でもありました。
     哲学から科学へ、またクリティカル・シンキングなどへつながる厳密知の伝統では、いつもいかなる場合にも正しい(普遍妥当な)知を求め、偏ったり誤ったりしがちな逸脱的思考をチェックし糺す思考ツールを作り上げてきました。
     対して弁論術の流れをくむ実践知では、正しいか間違っているかではなく、好ましいか/効果があるか否かが評価軸となることから(正しいだけで効果のない弁論はよい弁論とは言えません)、偏ったり誤ったりする思考をあえて利用する方法も保存されました。

     そしてアイデアもまた、正しいか間違っているかではなく、好ましいか/効果があるか否かで評価すべきものです。

     発想法を、元々そうであったように、実践知の伝統に結わえ直すことで、発想のツールを集めたこの本は、『哲学の道具箱』や『思考の道具箱―クリティカル・シンキング入門』のような厳密知のツール(正しく考えるためのツール)を集めた書物のカウンターパートとなる書物(好ましい考えを生むツールの書)をめざしました。


    人文知による〈繋がり〉の発掘

     しかし歴史上、発想法と人文の知が接触し交差したのが事実だとしても、現在の我々はその邂逅から遠いところにいます(その邂逅を忘れているほどに)。
     今、再び、発想法と人文の知を出会わせる理由はなんでしょうか?

     この問いの答えが〈発想法×人文学〉というコンセプトを採用した第二の理由です。
     それは、個々の発想法が他の知的営為との間に持っていた〈繋がり〉を発掘することで、本来持っていた可能性を掘り起こすことができるのではないか、と考えたからです。

     このブログで繰り返してきたように、知識はスタンドアローンでは存立できません。
     それと同じように、人間の知的営為もまた、他の営みと切り離すことはできません。

     〈ルーツを遡ってみる〉という人文的なアプローチを個々の発想技法に適用してみることで、異なる発想技法が同じルーツを持つことが発見できました。
     共通のルーツを介して技法同士の〈繋がり〉を発見することは更に、これまで発想法としては紹介されて来なかった思考法や知的営為と発想法との〈繋がり〉に気付くきっかけにもなりました。
     発想法という枠の外にも、よく似た思考法や知的実践を見つけることができました。
     異なる分野に分化する以前にまで遡ることが、分野の垣根を乗り越えることにつながった訳です。
     こうした〈深掘り〉を続けていくことで、他のアイデア本や発想法本が扱っていない発想技法をいくつも採集することもできました。また、技法の間の関係についても突っ込んだ説明をつけることができました。
     各技法の底にある心理プロセスや、技法が生まれてきた歴史的/思想的背景まで踏み込んで解説できたのも、このおかげです。


     抽象的な話が続いたので、〈繋がり〉発掘の具体例を一つ挙げてみます。

     マイケル・マハルコは『アイデア・バイブル(原書名:Thinkertoys)』という本の中でHall of Fame(直訳するなら栄誉殿堂)という発想技法を紹介しています。
     これは、名句辞典をランダムに開いてみつけた名句を発想のタネにする発想手法です。

     この技法から、以下のような探索していくと、次の図のように他の発想技法や知的営為との〈繋がり〉が発見できます。

    HallOfFameからの展開
    (クリックで拡大)



     まず占いについて少し知っている人なら、マハルコのHall of Fameは古くから行われてきた〈開典占い(bibliomancy)〉にそっくりだと気付きます。

     開典占いから占い一般に話を広げてみると、多くの占いは、発想法では〈ランダム刺激〉と呼ばれる手法と照応することが分かります。

     本来的に、ランダムな現象に神意や未来を読み取る技が占いですが、そこで繰り返し問われている「これは本当は何か?」という問いは、SF作家のフィリップ K. ディックが執拗に問い続けた〈P.K.ディックの質問〉そのものです。

     ランダム刺激は、どんなものであれランダムに選びだした刺激(きっかけ)を用いる発想法ですが、刺激(きっかけ)をあらかじめリストにしておけば、連射的にアイデアを生むことができます。この連射型ランダム刺激は、〈エクスカーション〉という名前がついています。
     これはその名のとおり、元々は散歩に出かけて出会うものからランダムな刺激を得る方法ですが、いまでは動物その他の「◯◯づくし」リストをつくっておいて、リストの項目を片っ端から刺激として使う簡易版がよく使われます。

     次に発想法から科学史に目を転じれば、ランダムな刺激が科学的発見に決定的な役割を果たした事例を数多く発見できます。これは〈セレンディピティ〉という概念で取り上げられています(この幸福な偶然を手法化したものに〈セレンディピティ・カード〉があります)。

     Hall of Fameに戻って、安直なやり方をその趣旨を汲んで本来あるべき形に作り直せば、偉人を想像的に召喚して、自分の代わりに彼ら偉人たちに考えてもらう方法になります(本書には〈ヴァーチャル賢人会議〉として搭載しました)。

     ここで考えた手法は複数の偉人賢者を呼び出すものですが、映画史をかじった人なら知らないものはない〈ルビッチならどうする?〉は、その単独版です。

     さらにヴァーチャルに偉人を呼び出すだめには、彼らの思考法を自家薬籠中の物にしなければなりませんが、これは孟子がいう〈私淑〉です。

     私淑の方法のひとつに、〈抜き書き〉という、古来より弁論家たちが自分の言葉の武器庫を作るのに用いてきた方法があります。これは出来合いの引用句辞典を使うのではなく、自ら(必要なだけ)引用句辞典を編むことです。



     こうした技法の掘り下げと〈繋がり〉探しを通じて、探索は発想法の外へと自然に広がります。
     ある思考法を、発想法とみなしたり、それ以外の知的営為に分類したりするのは、むしろ後付けです。
     頭の使い方としては大して変わらないのであれば、まとめて統一的に扱ったほうが、説明も理解もしやすいと考えました。
     結果として、発想法や創造性開発の分野だけでなく、科学、技術、哲学、弁論術、文学、芸術、映画、心理療法、宗教、呪術、など多くの分野を渉猟し、考えを生み出す方法を採集することになりました。

     最初に言った「深くすることで広がった」とは、こういう意味です。

     〈発想法×人文学〉というコンセプトのおかげで、アイデアのつくり方を扱った本の中では、最も広く深い書物になったと思います。


    自分や世界のあり方を変える知

     最後にもうひとつ、発想法の書物が人文の知と関わるべき理由があります(第三の理由です)。

     一般的には、人文書は、哲学・思想書や歴史書やその他人文学に含まれるのようなジャンルの本を総称した呼び方です。
     けれど、もう少し勢い込んで言うなら(志みたいなものを汲むなら)、哲学書が日常や当たり前を疑うことを見せ、歴史書が我々が忘れた過去を教え我々がどこにいるのか示すように、人文書とは、自分や世界のあり方を振り返り、問い返し、あるべき姿を探すことを促し、支えようとする書物です。
     
     一方、発想法の書物を必要とする人たち、すなわちアイデア(新しい考え)を生むのに〈いつもと違ったやり方〉を必要としている人たちは、今までの考え方やものの見方では解決しない課題や問題に直面していたり、普段思っていることやこれまで考えてきたものとは違う何かをひねり出さなくてはならない状況に置かれています。

     大げさに言えば、この人たちは、(ほんの少しであれ)自分や世界を変えることを求められています。

    ------我々の直面する重要な問題は、その問題を作ったときと同じ考えのレベルで解決することはできない。(アインシュタイン)

    ------大切な概念に疑問をもたれたり捨てられたりする時の科学者の最初の反応は、激しい同様であることが多い。しかし、怒って対立概念を不当に拒否せずにそれを受け入れられれば、この動揺は非常に有益であることがわかる。なぜならば、以前には疑わなかった自分の考え方の多くに欠点があることに気付くからである。これは、自分の仮説を捨てて他人のものを受け入れるという意味ではない。そうではなくて、必要なのは自分の哲学を意識的に批判することであり、これが適切な変化をもたらし、究極的には新しい哲学の絶えざる創造をもたらすのである。(デヴィット・ボーム)


     発想法を扱う書物は、自分や世界のあり方を振り返り、問い返し、あるべき姿を探すことを促し、支えようとする書物(人文書)でもあるべきだと考える理由が、ここにあります。
     
     この試みがうまくいったかどうか読んだ人の判断に委ねるしかありませんが、自称〈自分や世界を変えるための書物〉に搭載された技法は、当然ながら、この書物に対しても用いることができます。
     この本で紹介する発想ツールは、新しい発想ツールを創案するのにも、もちろん使えます。
     著者は、この本を使いながら/使っていくうちに、読者が自分で追加する/作り変えていくことを期待しています。
     そのためにも、技法を考え直すためのヒントと解説、各技法の由来、寄って立つところ、他との知的営為との関係や位置づけ等を盛り込みました。



    全体の構成と内容

     全体の分類は、まず〈課題もテーマも与えられてないゼロの状態で使えるもの〉と〈少なくとも1つ、テーマやアイデアがある状態からそれを増やすもの〉の二つに大きく分け、〈ゼロの状態で使えるもの〉を5つの章に、〈少なくとも1つある状態で使うもの〉に6つの章に分類し、各章には小口のインデクスからアクセスできるようにしました。

     それぞれの分類と、そこに収められた技法は、以下の通りです。


    第I部 0から1へ

     第I部は、〈課題もテーマも与えられてないゼロの状態で使える〉技法を集めました。
     ビジネス向けに開発された発想技法は、「◯◯についてアイデアを出せ」といったシーンを想定しているものが多いのですが、アイデアが必要となるのは、誰かから課題やテーマを与えられる場面だけではありません。
     むしろ何について考えればいいかすら分からない場合や、何を問題として切り取ればいいかを自分で考える必要がある場合、与えられた問題設定ではうまくいかず自分で変更しなければならない状況などで使えるツールをここに分類してあります。

    第I部 0から1へ
    (クリックで拡大)



    第II部 1から複数へ

     第II部には、〈少なくとも1つ、テーマやアイデアがすでにある状態〉で用いる技法を集めました。
     他から「◯◯についてアイデアを出せ」とテーマを与えられた場合や、第I部の技法を使って、自分なりの課題なりテーマを捕まえたり、アイデアの核になりそうなものを得られた後に、さらにそれを展開していく際に役に立つツールたちが並んでいます。アイデアを考える順序からいって第I部に続くものたちなので、その後ろの第II部にまとめました。

    第II部 1から複数へ
    (クリックで拡大)



    アイデア年表

     巻末には、『アイデア大全』に登場する発想技法、思考法、発明・発見を、時系列順にまとめた年表をつけました。
     発想法をめぐる人の歴史の流れと広がりを一望できるものであり、発想法が知的鋭意のあらゆる方面に広がっていることが見ていただけると思います。
     本書を一読後、年表を眺めてみるといろんな発見ができることから、巻末に配置しました。



    (備考)発想法シソーラスとしての構成

     アイデアを生むための方法を知ろうとしてこの種の書物を手に取る人は、発想法をいくつか既に知っているかもしれません。
     知ってはいるけれど他の知らない方法がないか探している、今までの方法でない何かが必要だからこの本を読んでみた、そんなユーザーを想定して、この本では収録した技法をシソーラス的に配列してあります。

     シソーラスというのは、ピーター・マーク・ロジェという人が作った一種の類語辞典です。
     それまでの類語辞典と違っていたのは、ロジェはその辞書にのせた言葉を分類して、意味の近い者同士を近くに、遠いもの同士を遠くに位置するように、全体として意味のグラデーションをなすように、配列したことです。
     類語辞典を必要とする人は、たとえば文章を書いていて、自分の知っている言葉では満足できず、その言葉と似ているがもっと違った表現が欲しいと思っています。
     そんな人は、ロジェのシソーラスを開いて、自分が知っている(が満足できない)単語からスタートして、その周囲に自分が希望にあった言葉を探します。近くには意味の近い言葉が並んでるはずですから、近くからはじめて次第に捜索範囲を広げていくことで(意味は段々と遠ざかっていきます)、ピッタリの言葉を探すのです。

     この『アイデア大全』でも技法を分類して、似ている技法はより近くに配置するようにしました。
     この本の中には、他の本に出てこない技法だけでなく、よく知られている技法も載せてあります。
     自分が知っている(使ったことがある)技法はあるけれど、目下の目的には少し違う技法が必要という場合は、ロジェのシソーラスのように、知っている技法の周囲の技法からはじめて、次第に索範囲を広げていくことでピッタリの技法を見つけることができるようになっています。



    技法ごとの構成(フォーマット)

     各技法の紹介は次のような項目で構成されています。

    (ヘッダー部)

    ▼技法名:技法の名前
    ▼キャプション:技法の特徴や意義の一行紹介
    ▼難易度:技法の難易度
    ▼開発者:技法の開発者


    (コンテンツ部)

    ▼参考文献:
     開発者が不明な場合を含めて、すべての技法に一つ以上の参考文献を挙げました。
     巷のアイデア本・発想法本のほとんどに参考文献がついていないのを苦々しく思っていたので、文献注もできるだけつけました。
     より詳しく知りたいと思った場合の手がかりとなり、発想技法以外の知的営為へつながる知の扉(ゲートウェイ)ともなるように仕込んであります。

    ▼用途・用例:
     技法をどのような場面、場合に用いるべきかについてヒントをまとめました。
     ここに示す用途・用例は代表的なものであり、読者(ユーザー)はこれを越えて技法を活用できるだろうと思います。

    ▼レシピ:
     技法の使い方を手順として示す部分です。
     具体的に何をどんな順序で行えばいいかシンプルにまとめてあります。

    ▼サンプル:
     技法の使用例を示すところです。
     ここで示された例は実在するものの他に、反実仮想的なものを含んでいます。
     たとえばダンロップが空気入りタイヤを発明したのは、考案中にたまたまサッカーボールを見かけたからですが、NM法という発想技法を使えば偶然の助けなしに同じ発想に至ることができることと、この技法の例として示しています。
     というのは、技法をつかって実際に生み出された発明や導かれた発見(技法→発明/発見)の他に、発想技法の開発者たちが以前の発明発見に学び、そのプロセスを選択的に抽出することで、その技法を構成していった(発明/発見→技法)事情があるからです。
     歴史解釈に後知恵を持ち込むのはフェアでありませんが、技法の持っている可能性を開示/展開するために、あえてそうした事例を用いました。

    ▼レビュー:
     技法の背景や可能性、他の技法や知識領域とのつながりについての解説を最後につけました。
     この項目は、当該技法と他の思考法や知的営為との関係を示し、思考の道具について自分で考えるためのヒントを提供するものです。
     普通のアイデア本は使用例をあげるところまでなので、この項目が『アイデア大全』の最大の特徴となります。いちばん読書猿らしく暴れている部分でもあります。

     金槌の起源を知らなくても釘は打てるように、純粋に発想の道具を求めるだけなら、この項目は不要かもしれません。
     しかし発想法は思考法の一部であり、よりよく使うには、また、いずれは自分の方法を生み出すためには、道具について知り考えることが、遠回りのようで近道だと思います。


     なにより今回の本は実用書です。
     紹介記事としてはここで一旦終えて、それを使ってどんなことができるかお見せした方がよいかもしれません。
     では、次はユーザーズマニュアルでお会いしましょう。

     


    (付録)目次+登場する人名と事項

     もう少し具体的な内容を知りたいという人のために、キャプションまで含めた目次と、登場する人名と事項の一覧をお見せします。





    (目次)

    第I部 0から1へ
     第 1 章 自分に尋ねる
      01 バグリスト Bug Listing
       …不愉快は汲めど尽きぬ発想の泉
      02 フォーカシング Focusing
       …言葉にならないものを言語化する汎用技術
      03 TAE のマイセンテンスシート Thinking at the Edge My Sentence Sheet
       …何を書くかを身体に尋ねる
      0 4 エ ジ ソ ン ・ ノ ート Edison's Notes
       …発明王はここまでやる、1300 の発明をもたらした 3500 冊
      05 ノンストップ・ライティング Nonstop Writing
       …反省的思考を置き去りにする
     第2章 偶然を読む
      06ランダム刺激 Random Stimuli
       …偶然をテコに、枠を越える最古の創造性技法
      07 エクスカーション Excursion
       …手軽に大量のアイデアが得られる発想の速射砲
      08 セレンディピティ・カード Serendipity Cards
       …幸運な偶然を収穫する
      09 フィンケの曖昧な図形 Finke's Ambiguous Parts
       …創造性の実験から生まれたビジュアル発想法
     第 3 章 問題を察知する
      10 ケプナー・トリゴーの状況把握 Situation Appraisal
       …直観を思考のリソースにする、懸念の棚卸し法
      11 空 間 と 時 間 の グ リッド Space/Time Grid
       …異なるスケールを探索し、問題とその兆しを察知する
      12 事例-コード・マトリクス Cases/Codes Matrix
       …質的データを深掘りし仮説を見出す
     第 4 章 問題を分析する
      13 P.K. ディックの質問 P.K. Dick's Question
       …常識と日常を叩き割る最凶の問いかけ
      14 なぜなぜ分析 Ohno Method
       …トヨタ生産方式を産んだ「カイゼン」由来の思考ツール
      15 キプリング・メソッド Kipling Method
       …5W1H という万能思考
      16 コンセプト・ファン Concept Fan
       …水平思考の開発者による、思考の固着を剥がすスクレイパー
      17 ケプナー・トリゴーの問題分析 Problem Analysis
       …why(なぜ)を what/when(いつ何が)に変換する
     第 5 章 仮定を疑う
      18 仮定破壊 Assumption Busting
       …発想の前提からやりなおす
      19問題逆転 Problem Reversal
       …発想の狭さを自覚させる簡易ゲージ 
    第II部 1から複数へ
     第 6 章 違う視点で見る
      20ルビッチならどうする? How would Lubitsch have done it ?
       …偉大な先人の思考と人生を我がものにするマジックフレーズ
      21 ディズニーの 3 つの部屋 Disney's Brainstroming
       …夢想家ミッキー・実務家ドレイク・批評家ドナルドダックで夢想を成功に結びつける
      22 ヴァーチャル賢人会議 Hall of Fame
       …発想法の源流にまで遡る、方法としての私淑
      23 オズボーン・チェックリスト Osborn's Chechlist
       …ひらめきを増殖させるアイデア変形の十徳ナイフ
     第 7 章 要素を組み合わせる.
      24 関係アルゴリズム Crovitz's Relational Algorithm
       認知構造の深い部分で働くメタファーの力を賦活し利用する
      25デペイズマン Dépaysement
       …シュルレアリストが駆使した奇想創出法
      26 さくらんぼ分割法 Cherry Split
       …軽便にして増減自在の、新世代型組合せ術(アルス・コンビナトリア)
      27 属性列挙法 Attribute Listing
       …潜在的な記憶宝庫を賦活化し使い倒す
      28形態分析法 Morphological Analysis
       …鬼才天文学者が開発した悉皆的発想法
     第 8 章 矛盾から考える
      29 モールスのライバル学習 Morse learns the enemy
       …あえて避けているところはないか? そこに探しているものはないか?
      30 弁証法的発想法 Dialectical Thinking
       …矛盾は汲めど尽きぬ創造性の源泉
      31 対立解消図(蒸発する雲) Evaporating Cloud
       …組織/社会の問題から個人の悩みまで、対立/ジレンマを解体するスキナーナイフ
     第 9 章 アナロジーで考える
      32 バイオニクス法 Bionics
       …何十億年の自然淘汰が磨いた生物の持つすぐれた「知恵」を我がものにする
      33 ゴードンの4つの類比(アナロジー) Gordon's Analogies
       …問題解決過程の録音と分析から抽出されたシネクティクスの中核技法
      34 等価変換法 Equivalent Transforming Thinking
       …アナロジー発想法の最終到達
      35NM 法 T 型 NM Method T type
       …4 つの質問で自分の中のリソースを違うやり方で読み出す、アジャイルなアナロジー発想 法
      36 源内の呪術的コピーライティング Gennai's Branding
       …世に呪術(まじない)の種は尽きまじ
      37 カイヨワの〈対角線の科学〉 Science Diagonale
       …分野の仕切りを貫通する、最も長い射程を持つアナロジー法
     第 10 章 パラフレーズする
      38 シソーラス・パラフレーズ Thesaurus Paraphrase
       …類語辞典を発想の支援ツールにする
      39 タルムードの弁証法 Dialectcs of the Talmud
       …すべてを失ったユダヤ人が生きのびるために開発したテクスト解釈法
     第 11 章 待ち受ける
      40 赤毛の猟犬 Rolling in the grass of ideas
       …アイデアの原っぱで転げ回る
      41 ポアンカレのインキュベーション Poincare's Incubation
       …すべてはここからはじまった、発想法/創造性研究の源流
      42夢見 Dream works
       …夜の眠りを味方につける
    アイデア史年表.
    索引


    (登場する人名)
    アインシュタイン,アルベルト/赤池学/アダマール,ジャック/アダムス,ジェイムズ/アダムズ,ジョン/アデア ,ジーン/アラゴン,ルイ/アリストテレス/アルテミドロス/アルプ,ジャン/アレクサンドロス/アレン ,マイロン/市川亀久彌/市川金三郎/市川銀三郎/ヴィーコ, ジャンバッティスタ/ウィーナー,ノーバート/ヴィトゲンシュタイン,ルートヴィヒ/ヴェルギリウス/ウォード,トーマス・B. /ウォーレス,グラハム/ウォルポール,ホレス/内田樹/江川玟成/江坂遊/エジソン,トーマス/エルンスト,マックス/エロヒーム/大野耐一/オグデン,チャールズ・ケイ/オスボーン,アレックス・F/ガーフィンケル,ハロルド/カイヨワ,ロジェ/カエサル,ユリウス/カリクレス/ガリレイ, ガリレオ/キケロ,マルクス・トゥリウス/キップリング,ラドヤード/木下謙次郎/キャリア,ウィリス/キリコ,ジョルジョ・デ/ギルフォード,ジェイ・ポール/グーテンベルグ,ヨハネス/クロウ,キャメロン/ケクレ,アウグスト/ケプナー,チャールズ/孔子/ゴードン,ウィリアム J.J./コーネル,アン・ワイザー/ゴールドバーグ,ナタリー/ゴールドラット,エリヤフ/小津安二郎/小林一茶/ゴルギアス/佐藤郁哉/サムエル/サルトル,ジャン=ポール/澤泉重一/シェリー,メアリー/シェリング,トーマス/ジェンドリン,ユージン/周公旦/ショールズ,クリストファー・レイサム/ジョンソン,マーク/シラー,フリードリヒ/白川秀雄/沈括/スウィフト,ジョナサン/スウェーデンボルグ/スタインバーグ,ソール/スチュアート,キルトン/スティール,ジャック・E・/スパランツァーニ,ラザロ/スミス,アダム/スミス,フレッド/セルビー,ディヴィッド/ソクラテス/ソシュール,フェルディナン・ド/ダ・ヴィンチ,レオナルド/高橋浩/田坂広志/田中耕一/ダニエル/ダリ,サルバドール/タルティーニ,ジュゼッペ/チクセントミハイ,ミハイ/チャップリン,チャールズ/チャンピー,ジェイムス/チューリング,アラン/ツァラ,トリスタン/ツビッキー,フリッツ/ディズニー,ウォルト/ディック,フィリップ・K/ディルツ,ロバート/デカルト,ルネ/手塚治虫/デュメジル,ジョルジョ/デュルケム,エミール/デトマー ,H. ウイリアム/得丸さと子/ドムホフ,G.ウィリアム/トリゴー,ベンジャミン /トリュフォー,フランソワ/ドレイク,ルードヴィヒ・フォン/トンプソン,チャールズ/中山正和/ニーチェ,フリードリヒ/ネブカドネザル/スペンサー,パーシー/ハーフェズ/バーン,エリック/パイク,グラハム/ハウ,エリアス/バタイユ,ジョルジョ/パパネック,ヴィクター/ハマー,マイケル/林望/ヒギンズ,ジェイムズ/ピックフォード,メアリー/ビュフォン,ジョルジュ=ルイ・ルクレール/平賀源内/ファインマン,リチャード・P/ファラデー,マイケル/フィヒテ,ヨハン・ゴットリープ/フィンケ,ロナルド/フォイエルバッハ,ルートヴィヒ/フックス,ラザルス/フッサール,エドムント/プラトン/フランケンシュタイン/ブリュル,レヴィ/プルタルコス/ブルトン,アンドレ/ブルネル,マーク・イザムバード/フレイザー,サー・ジェイムズ・ジョージ/フレイザー,ジェームズ/フレミング,サー・アレグザンダー/フロイト,ジグムント/ペイジ,ラリー/ヘーゲル,ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ/ヘップバーン,オードリー/ペトラルカ,フランチェスコ/ベル,グラハム/ヘルムホルツ,ヘルマン・フォン/ヘンドリクス,メアリー/ポアンカレ,ジュール=アンリ/ホークス,ハワード/ホームズ,シャーロック/ホブソン,アラン/ホメロス/ポリア,ジョージ/マートン,ロバート/マカフリー,ロバート/マグリット,ルネ/マクルーハン,マーシャル/マコーマック,サビーヌ/正岡子規/マタイ/松尾芭蕉/マッカートニー,ポール/マッソン,アンドレ/マハルコ,マイケル/マルクス,カール/丸山眞男/三浦公亮/明恵/村瀬孝雄/メンデレーエフ/孟子/モース,マルセル/モールス,サミュエル/モンテーニュ,ミシェル・ド/モンロー,マリリン/ヤーコブソン,ローマン/ヤング,ジェームス・ウェブ/横井軍平/ヨセフ/ラザフォード,アーネスト/ラファイエット,マリー・ジョゼフ/ラマヌジャン,シュリーニヴァーサ/ランゲ,ジェームズ/ランビュール,ジャン=ルイ・ド/李商隠/ルヴェルディ,ピエール/ルビッチ,エルンスト/レイ,マン/レイコフ,ジョージ/レヴィ=ストロース,クロード/レヴィナス,エマニュエル/レモン,ジャック/レントゲン,ヴィルヘルム/ロートレアモン伯爵/ロジェ,ペーター・マーク/ロバート・クロフォード/ワイク,カール・E./ワイルダー,ビリー/渡辺慧

    (登場する事柄)
    5W1H/QCサークル/QWERTY配列/X線/アイリッシュ・セッター/「アエネーイス」/青髭八人目の妻/アカデミー賞/アクティブ/悪魔のトリル/アジア/アジャイル/辺縁系/アッラー/「アパートの鍵貸します」/雨雲レーダー/アメリカ/アメリカ映画/アメリカ合衆国の独立/アメリカ企業/アメリカ空軍/アラウーノ/アルカリ乾電池/アルザス/アルス・コンビナトリア/アングロサクソン/アンサンブラージュ/アンチ・テーゼ/暗黙のルール/イージーオープンエンド/イギリス/遺産分割/意思決定/イシュマエルの13規則/イスラエル/イスラム/イスラム教/一コマ漫画/一物一価/イド/否定形/異文化/イリアス/因果関係/インキュベーション/インスパイア/インタラクション/インド/陰陽師/ヴァーチャル/ウアチェト/ウィキペディア/ウェブ/ウェブページ/宇治拾遺物語/内なる編集者/宇宙医学/宇宙空間/宇宙服/宇宙物理学/宇宙旅行/鰻屋/麗しのサブリナ/運送業/映画監督/映画史/映画人/英語圏/エクスカーション/エクセル/絵コンテ/エジプト/画図百鬼夜行/エセー/エドワード/エネルギー変換/円周率/「お熱いのがお好き」/オーク/オークション/オーストラリア/オートマティスム/オーパーツ/オーバーフロー/オーバーロード/オクスフォード/オジブワ族/オスボーン/オズボーン/オスボーン・チェックリスト/オデュッセイア/おとり捜査/オハイオ州/表計算ソフト/オリジネーター/オルソン/オレンジピール/カール/カーン/下位概念/会議室/回帰の誤謬/解釈学/カイゼン/回想録/懐中電灯/海底ケーブル/概念メタファー/科学アカデミー/科学史/科学社会学/学位論文/学習者/霞ヶ関/数論/肩甲骨/活性化/活版印刷/貨物輸送/カラダ/カラムーチョ/ガリヴァー旅行記/カリブー/枯れた技術の水平思考/環境問題/感染呪術/かんばん方式/慣用句/管理者/関連会社/記憶の固執/機械工学/気化熱/記号論/奇祭/疑似科学/技術開発/記述法/擬人化/キットカット/金精神の事/脚本家/旧ソ連/旧約聖書/共同開発/共同体/ギリシア語/ギリシア神話/ギリシャ語/キリスト/キリスト教/記録密度/金枝篇/グーグル/草分け的存在/口伝律法/クライアント/グラハム/クリエイター/クルアーン/クローゼット/グローバル教育/クンダリニー/訓練学校/蛍光灯/芸術家/携帯型ゲーム機/契約書/ゲームウォッチ/ゲーム理論/ケプナー・トリゴー/ゲルマン/ケルン/験担ぎ/原稿用紙/言行録/言語学/言語学者/言語表現/検索エンジン/現実的/原子模型/現象学/原生林/現代社会/現代文明/好奇心/工業国/後継者/高等師範学校/交流分析/ゴールドラット/コガネグモ/古代ギリシア/コダック/国会議事堂/言葉遊び/コピーライティング/ゴミ屋敷/コラージュ/ゴンドラリフト/コンピュータシステム/サーチエンジン/サイクロプス/最適化/サイドメニュー/サイバネティクス/サッカーボール/更級日記/山海経/酸素欠乏症/仕掛け人/仕掛品/自己欺瞞/自己検閲/システム工学/自然現象/自然淘汰/自然発生/思想史家/実験動物/質的/自動書記/シネクドキ/社会学/社会学者/社会構造/社会心理学/社会人類学/社会的/ジャングル・ブック/周礼/周期表/従業員/宗教改革/宗教学/周公解夢全書/修辞技法/修飾語/収束的思考/充電器/呪術師/受信機/受胎告知/シュミット/シュルレアリスト/シュルレアリスム/旬菜膳語 /上位概念/上下関係/条件反射/肖像画/商品化/情報科学/情報工学/ショートショート/ショートメッセージサービス/植物学/書誌学者/食器棚/知りたがり/ジン・テーゼ/審議官/神経系/人工衛星/人工知能/人生ゲーム/神秘主義/新聞記事/新約聖書/信用調査/心理学/心理学者/心理療法/人類学/人類史/神話学/水平思考/推論規則/数学者/スキー場/スクレイパー/スケープゴート/ストレーナー/スペースコロニー/スマホ/住み分け/スラブ/既製品/制御工学/聖句/成功事例/精神科医/精神病院/精神分析/生態系/世界観/責任能力/セレンディップ/セレンディピティ/先行者/戦国時代/潜在的/先住民族/全体最適/洗濯機/専門家/相関関係/総合科学/相互作用/相互乗り入れ/象印マホービン株式会社/送信機/創世記/想像力/想定外/速射砲/ソナー/ソフィスティケイテッド・コメディ/ソリューション/ダークマター/ダートマス会議/第一宣言/対照的/タイピング/タイムライン/タイムラグ/太陽電池/大量消費/大量生産/対話篇/楕円積分/ダダ/ただ乗り/獺祭/ダニエル書/タルムード/タロット/タンナーイーム/ダンロップ/地衣類/チェックリスト/地球市民/地球半径/知識人/地質調査/抽象化/抽象表現主義/中世ヨーロッパ/チューリヒ/超音波/超現実主義/超自我/腸内細菌/ツイート/追跡調査/通信工学/通信手段/ツール/津軽/定価販売/定義集/テイジン/デイトン/データ化/哲学者/鉄鉱石/デペイズマン/デュポン/電解質/天国は待ってくれる/電磁気学/電子顕微鏡/電子工学/電子レンジ/天の岩戸/天文学者/ドイツ/ドイツ語/等価交換/動機づけ/同業他社/同時代/登場人物/トーラー/独自性/特性要因図/特定領域/都市伝説/ドナルドダック/トポス/土用の丑/トヨタ/トヨタ生産方式/ドリームキャッチャー/鳥山石燕/敦煌/トンボ/蜻蛉日記/内燃機関/永田町/ナチス/七年目の浮気/二重構造/日常言語学派/日用品/日記文学/日本企業/日本放送/ニノチカ/日本書紀/ニューエイジ/人間性/人間中心主義/認知バイアス/任天堂/ヌメリ/ネイチャー/ネス/熱伝導/ネットオークション/熱放射/ノーベル化学賞/ノーベル賞受賞者/ノーベル文学賞/乗合馬車/バード/ハーフェズ/ハイアールアジア株式会社/博物誌/パクリ/蓮の葉/バックステップ/パナソニック/ハノーバー/バビロニア/バビロン/パラドクス/パリ/ハリウッド/バリューエンジニアリング/ハロー効果/反響定位/犯罪者/汎用性/東アジア/東ハト/光の帝国/提喩/ビジネス書/ビジネスプロセス・リエンジニアリング/必要条件/否定の否定/批判的思考/批評家/火吹き/微分方程式/美味求真/百頭/百人一首/非ユークリッド幾何学/ファミリーコンピュータ/ファラオ/フィッシュボーン・ダイアグラム/フィルモグラフィー/フェデックス/フォーカシング/フォード/フォルトセンス/不確実性/深さ優先探索/福音書/複数回/複数形/複数人/不確かさ/物理的制約/物理法則/フナクイムシ/部分集合/部分的/フランス/フリーライダー/ブレインストーミング/フレームワーク/文化英雄/文学作品/ヘカトンケイル/ペテン/ペル - ウアチェト/ベルクロ/ベルリン/ペン型/弁論術/暴君ハバネロ/ボーアの原子模型/保型関数/ボストン/ボストン大学/ボタン電池/ホモロジー/ポリネシア/マイクロフトレクタス/マインドマップ/マウイ/マグネトロン/マグライト/マジックテープ/マジックワード/魔術師/末梢神経/マトリクス/マレー半島/マンガン乾電池/ミウラ折り/未開社会/ミシュナー/湖池屋/みにくいアヒルの子の定理/身の回り品/ミロのヴィーナス/民間信仰/民主制/ムーブメント/無生物/無力感/メキシコ/メタファー/メディア論/メトニミー/面ファスナー/モーフォライザー/モグラ叩き/文字起こし/元大統領/ものづくり/問題提起/野生動物/唯物論/有機EL/有機ガラス/優先順位/優美な屍骸/ユカタン半島/ユダヤ教/ユダヤ人/夢占い/夢の中/夢判断/翼果/預言者/ヨハネによる福音書/ラーメン屋/ライティング/落語家/ラショナル/ラビ/ラマシュトゥ/ラミアー/リエンジニアリング/リゾチーム/リチウム電池/律法/リプレイ/竜山文化/類感呪術/類語辞典/類似性/ルーマニア/ルビコン川/礼記/レーザー光/列挙法/レディメイド/レファレンスツール/連鎖反応/ロープウェイ/ローマ/ロマンティック・コメディ/ロンドン/論理学/ワシントンD.C./藁人形


     
    スポンサーサイト
     この文章は、おそらくコードや技術的文書を書く人たちならポエムと自嘲する類のものであるが、詩人に「舐めてんのか」と恫喝されるのも面倒なので、綱領のようなものだと言い張ってむしろプログラムと呼び、加えて大風呂敷とルビをふるつもりでいく。
     第一に自分のような頭の悪い人間が何をやっているのかを知るために書いた。
     第二にこれはネイティブ広告のつもりである。昔から人を引き寄せようとすればするほど遠ざける性分であるから、むしろ営業妨害となっている恐れがあるのだが、案の定「宣伝するのに考え込ませてどうする?敷居が高くなって失敗だ」とコメントをもらった。


    自由への教養

     以前「何故学ぶのか」という問いに、「自由になるため」と答えた。




     この応答は、イソクラテス以来のあの定義、「教養とは、運命として与えられた生まれ育ちから自分を解放するもの」を念頭においたものである。
     生まれと育ちは人を強く拘束している。その価値観や思考パターンや行動のレパートリー、そして経済的リソースや社会的ネットワーク等、生まれと育ちによって左右されるものは多い。
     生まれ育った小さな社会で過ごし、同じような条件の人たちと接することが多い間は、このことは自覚されにくい。しかし、そうした社会から外に出て、異なる生まれ育ちの人たちと交流するうちに、否応なく気付くことになる。
     だから教養はまず、生まれ育った社会から外に出ること、外の人と交わることに関わる。
    見知らぬ人たちの間で/見知らぬ人たちとともに生きる技術、彼らとやり取りし、信頼を得て、協働する技術が必要である。
     見知らぬ人たちの中には、目前の者ばかりでなく、属する地域も社会も、時代すらも隔たった者も含まれる。
     したがって、口頭で伝え合うばかりか、書かれた言葉を探し見つけ読み書きすること、時には自分宛に書かれたものでない言葉を取り扱い、そこに残された何かを汲み取ることなどもまた、必要になる。
     人間と言葉に関する知、すなわち人文の知は、ここに存在理由を見出す。
     この知は、教養の全てではないが、その欠くべからざる一角をなすものである。


    厳密知と実践知の簡単な歴史

    厳密知と実践知2
    (クリックで拡大)



     簡単に歴史の話をしよう。
     紀元前7世紀あたりから現在までの長きに渡るので、いくつかのトピックを選んで触れるしかできないが、大まかにいって二つの流れとその間の対立の話である。
     イソクラテスにならって、二つの流れを〈厳密知の流れ〉と〈実践知の流れ〉と呼んでおこう。
     上の図にあるように、左側の点線が〈厳密知の流れ〉にあたる。こちらは哲学史的によりメジャーな思想家が並び、末裔としてクリティカルシンキングなんぞが位置している。
     右側の、よりマイナー(失礼)な思想家が並ぶのが〈実践知の流れ〉である。判官びいきではないが、この記事ではむしろ、こちら側に関心がある。
     

    プラトン対イソクラテス

     紹介が遅れたが、イソクラテスは、プラトンとほぼ同時代の人で、プラトンの学園「アカデメイア」に先んじること10年、同じアテナイに自身の学校を開いている。
     元々、法廷弁論の代筆家だったイソクラテスは、その技術をゴルギアスに学んだとも言われ、同時にこれもプラトン同様、ソクラテスのところにも出入りしていたらしい。
     イソクラテスの学校は、これもプラトンの「アカデメイア」同様、その教育理念の中心にピロソピアーΦιλοσοφίαを据えていた。ラテン語philosophia、英語 philosophyの語源に当たる語で、日本語では「哲学」という訳語が当てられる、あの言葉である。
     しかしイソクラテスの学校は、プラトンの「アカデメイア」と比べて、カリキュラムの面でも、教育の方針についても、そして身につけるべきであるとする知のあり方についても、大きな違いがあった。
     両者が等しくピロソピアーを看板に掲げるのなら、ふたつの学校の(そしてイソクラテスとプラトンという二人の)間にある違いは、まさしくこのピロソピアーの内容の違いに存するだろう。
     そしてピロソピアーがその語源(φίλος愛+ σοφία知)のとおり「知への愛、知の希求」だとすれば、プラトンとイソクラテス、それぞれのピロソピアーの違いは、彼らが希求する、あるいは希求すべきであるとする知の違いに存するはずである。
     彼らほど、ピロソピアーについて多くを述べた者はかつてなかった。彼ら二人こそ、師ソクラテスを受け継ぎ、ピロソピアーを人生と知のあり方に結びつけ、その後現代までつづく西洋精神史の中心的主題としたのである。

     結果を先に述べれば、ピロソピアーという言葉についてプラトンが勝利しイソクラテスが敗北した世界線に、我々はいる。我々が知るphilosophyや哲学、そこから派生した諸科学もまた、概ねプラトンが引いた路線を継承するものである。対してイソクラテスの系譜につながる者たち、たとえばソフィストやキケロやルネサンスの人文主義者たち、そしてヴィーコは、哲学史において、悪役や敗者かせいぜいが傍流の位置を与えられる。
     では、イソクラテスとその系譜が、まったく知の世界に何も残していないのかといえば、そうではない。イソクラテスは、常に妥当する厳密な知に対し、別に知のあり方を指摘し、擁護する。というのも、普遍妥当的な知は常に/すべての場合に得られる訳ではなく、また得られるにしても好機(カイロス)に間に合わないことが少なくないからだ。

    ※日常の行動や発言についての判断は、普遍妥当的な知が得られないか、得られたとしても間に合わない好例である。

     厳密知が得られぬ場合でも、賢明な判断は可能であり、そうした判断が可能となるよう訓練することもまた不可能でない、という信念にイソクラテスは立つ。つまり賢くなることは可能であり、そのための訓練こそが〈教養を積む〉ことだと、イソクラテスはいうのである。つまり「かしこさは教えられる」という訳で、これを教育史上ひとつの画期として、イソクラテスの学校にならった弁論学校が各地に設立されることとなる。

    ※ ラテン語のorator fit,poeta nascitur(弁論家は作られ詩人は生まれる)というフレーズは、詩人となるのは生まれつきの才能が必要だが、弁論家になるには訓練があれば可能であるということを意味し、上述のイソクラテスの教育理念を背景にしている。

     不十分な情報と時間の中で最善ではないかもしれない選択肢を適時決断しなければならない実務家を支える知は、呼び名を変えながらも生き続けた。イソクラテスが言論の練磨を中心に据えた故に、その知は弁論術を長く依代としたが、弁論術が消え去った後も生き続けている。

     それではまず、プラトンとイソクラテス、それぞれのピロソピアーから、厳密知と実践知の歴史を振り返ってみよう。

     実を言うと、イソクラテスが奉じた方のピロソピアーが伝統的な用法に近く、これに対して、プラトンにとってのピロソピアーはより新しい用法に由来する。
     歴史順に従うなら、イソクラテス→プラトンの順で語るべきであるが、我々の関心は負け組イソクラテスの方にあるので、先にプラトンの方を済ませておくことにする。

     プラトンにとってのピロソピアーは、ピタゴラス(紀元前582年 - 紀元前496年)によって手をつけられたものである。
     一言で言うと、ピタゴラス−プラトンにとってのピロソピアーは〈観照者の知〉を目指すものである。
     ピタゴラスに由来するとされる〈祭典の比喩〉を見てみよう。この比喩によれば、人間には、祭典に集まる人々にみられるように3種類の者がいる。1.名誉を求めてやってくる競技者、2.利益をもとめてやってくる商人、3.それらを観察するためにやってくる者。最後のものこそピタゴラス自身がそうであるところの、ピロソポス(ピロソピアーする者)である。ここでいうピロソポス(そしてピロソピアー)は、実際的活動から距離を置くものであり、また雑多であり変化の多い諸現象から一旦距離を置くことで、その底にある永遠の真理を掴み取ろうとするものである。
     これを引き継いだプラトンは、自身の学園の入門者達に幾何学を学ぶことを要求した。対話篇『国家』に描いた理想のカリキュラムでは、30歳にいたるまでの長い時間を数学(算術、平面幾何、天文学、音楽)に費やした後でないと、真に学ぶべき哲学的問答術には進めないとした。数学のトレーニングの中で、鍛えられ培われるだろう力、すなわち「空論にちかいまでに詳細な議論と、現実遊離といわれるくらいの高遠な思索」を行いまたそれに耐える力なしには、プラトンが希求すべきであるとする普遍妥当な知は獲得できないと、考えられたからである。
     そして我々が知る哲学(フィロゾフィ)が、そしてそれから派生するだろうさまざまな学問・科学が、概ねこのピタゴラス−プラトンの系譜の延長線上にあることは、容易に見て取れるだろう。デカルトの懐疑も、普遍妥当な知を獲得するための前提・基盤を確保するためのものだし、その基盤の上に展開した諸科学もまた普遍法則を志向する。

     先程、イソクラテスにとってのピロソピアーが伝統的な用法に近い、と言った。
     動詞ピロスペインの言葉の文献上の初出とされるのは、ヘロドトス『歴史』(1巻30節)で、ギリシアの賢者ソロン(前7世紀後半~前6世紀前半)について述べる下りである。そこで、ソロンは、多くの国々を“知を愛し求めつつ”旅行し視察し遍歴したといわれる。ソロンは、貴族間の争いと貴族と民衆の争いとで危機に直面したアテナイの改革に尽く、その結果アテナイの民主政の基礎を築いた政治家だった。
     あるいはアテナイ民主政の完成者であり、デロス同盟をアテナイ中心のものに組み換え、アテナイの覇権を実現した政治家ペリクレスもまた、歴史家トゥキュディデスが伝えるところによれば、ピロソペインすることを怠らなかった人物である。
     イソクラテスは、こうしたソロンやペリクレスといった実務家をピロソポス(ピロソピアーする者)の範例とした。実践的な有能さを身につけるために必要な実践知の習得が、イソクラテスの学校が目指す目的であるとしたのである。
     イソクラテスはこの目的のために、言論の錬磨を中心とするカリキュラムを編成した。なんとなれば、人は言葉の使用によって他の動物から区別される(言葉を使うことによって、動物から人へとなり得た)という人間観を前提に、言論を錬磨することが教養を積むこと=ピロソペインすることであり、「よりよき人間」となることだと考えたからである。

     イソクラテスは、「教養ある人」とはどのような者であるかと自ら問い、概ね次のような解答を与える。すなわち「教養ある人」とは、よき思慮・賢慮(プロネーシス)を持った者であり、それ故に彼はすべての実際的行動・実践を立派に行うことができるはずである、と。このよき思慮(プロネーシス)こそが、イソクラテスが希求すべきとする知に他ならない。
     イソクラテスの学校で行われる言論の錬磨は、この実践的知である賢慮(プロネーシス)の獲得を目的になされるのであって、単に「立派に語ること」を身につけるために行われるのではない。逆に、「立派に語ること」はその教育・訓練の派生的な結果のひとつに過ぎず、「立派に行うこと」ができる、つまり賢慮(プロネーシス)を身につけていることを示す〈しるし〉に過ぎない。
     では賢慮(プロネーシス)とはどのようなものであり、それはいかにして習得されるのか。つぎのようなイソクラテスのことばは、我々が問題にしてきたふたつの知のあり方を比較し、自らが求める知がいかなるものかを示している。

    「有益な事柄についてあり得る仕方でドクサを持つ(=健全な判断をする)ことは、益もない事柄についてエピステーメーを持つ(厳密な仕方で知識を持つ)ことよりもはるかに有力である」(「ヘレネ頌」)

    「それを手に入れれば何を為すべきか、あるいは何を言うべきかを〔確実に〕知る事のできるエピステーメー(厳密な知識)を得ることは人間の本性のうちにはないことであり、私は、ドクサ(健全な判断)によって多くの場合最善なものに到達することのできる人を知者と考え、その種のものを研究し、そこから最もすばやくその種の思慮(プロネーシス)を得る人をピロソポスとみるのである」(「アンティドシス」)



     ここでイソクラテスは、大抵の場合に妥当する知と、あらゆる場合に妥当する知(不変妥当な知・必然的真理)を比較している。プラトンらが求める知が後者、すなわちエピステーメー(厳密な知識)であることは言を待たない。エピステーメー(厳密な知識)を手に入れることは、必ずしも不可能ではない。たとえばプラトンが初学者に学ばせようとする幾何学がそうである。しかし、すべてに渡って、幾何学ほどに厳密な知を手に入れることが可能だろうか。とくに言説や行動といった実践的な場面について、「それを手に入れれば何を為すべきか、あるいは何を言うべきかを〔確実に〕知る事のできる」ような知を手に入れることが可能だろうか。
     さらに加えて次のことを指摘しなければならない。あらゆる場合に普遍妥当な真理は、本来的にTPOを、「時と場合」を欠いている。「好機(カイロス)は知識(エピステーメー)の目に止まらない」。しかし「時と場合」に応じて処することこそ、「立派に語ること」「立派に行うこと」、実践的知性に求められるべきことではないか。
     イソクラテスは、エピステーメー(厳密な知識)についての健全な断念の上に、すばやい実践的知性の座を据える。観照者としてのピロソポスがエピステーメー(厳密な知識)へ向かおうとするのに対し、実践知性を担うピロソポスは、たいていの場合に妥当するドクサ(健全な判断)の働きを養おうとする者として現れるだろう。物事の好機(カイロス)によく注意を払い、大抵の場合にそこから結果するものを見定めようと努めるものは、もっともよく好機(カイロス)を把握する。この、よく好機(カイロス)を把握する力が、言論の錬磨のうちに育てられるであろうドクサ(健全な判断)であり、そして人間生活や人間の活動についての知である思慮(プロネーシス)は、このドクサの作用に他ならない。
     ここには、後に人間的教養・人文的知と呼ばれることになるだろう知のあり方がある。
     イソクラテスの学校を嚆矢として、弁論の技術を教える学校は、以後、各地に作られていく。ローマにも、共和政末期にギリシア文化の一部として弁論術が移入され、帝政期に入っても上層階級の青年に必須の教養とみなされために、この種の学校は隆盛をきわめた。
     古代から中世にかけて教育書として最も知られた『弁論家の教育』を書いたクインティリアヌスの学校は、その中でも最も有名なものの一つだった。
     ローマ人の教養は、キリスト教世界でも自由七科(言語に関する三科 trivium,すなわち文法 grammatica,修辞学 rhetorica,論理学 logica(弁証法dialectica と呼ばれることもある)と数に関連した四科 quadrivium,すなわち算術 arithmetica,幾何 geometrica,音楽 musica(もしくは harmonia),天文学 astronomia )として、ヨーロッパ中世にも引き継がれる。


    プラトン対アリストテレス

     プラトンは、常に妥当する普遍的なもの、真理そのもの(善そのもの)への接近を学の課題として定め、それに満たぬものを切り捨てた。
     アリストテレスは、これに対し、現実的かつ個別的な事象をも学の対象し、〈真実らしいもの〉についてもすくい取る。論理においては、常に妥当する三段論法の他に、蓋然性に基づく説得推論を取り上げ、実践的三段論法であるエンチュメーマや論旨の発見術としてのトピカについても研究した。こうして「弱い意見を強く見せる」ソフィストの術を、弁論術という研究に値する術として救い出した。アリストテレスの『トピカ』『弁論術』は、キケロの『弁論家について』、クインティリアヌス『弁論家の教育』ともに、長く弁論術の基本文献として読まれた。

    ※真実らしきもの
    英語の「尤もらしい (plausible)」「確からしい (probable)」に当たる言葉として古代ギリシア人は エイコス(είκος) という言葉を当てた。 この言葉は、είκα(〜のようである) の現在分詞で、 ラテン語では verisimilitudo (本当のように思われること)、ドイツ語で Wahrscheinlichkeit(蓋然性) にあたる。 真理は認めるか拒否するかの二つに一つしか無いが、真実らしきものには確信の度合いがあり、アリストテレスはこれをένδοξος(通説)と呼んでいる。



    クインティリアヌスの弁論術の5部門

     古代弁論術の集大成というべきクインティリアヌス『弁論家の教育』では、キケロ『発見・構想論 de inventione』を引き継ぎ、次の5つの部門からなる、とされる。

    1.Inventio(発見・発想) 主題をめぐる問題点を見つけだし、論証の材料や方向を見つける技術。
    2.Dispositio(配置・構成) 発想によって見いだされた内容を、適切な順序に配列する技術。
    3.Elocutio(措辞・修辞) 前の2段階で整理された思想内容に、効果的な言語表現を与える技術。
    4.Memoria(記憶) 口頭弁論のために、仕上げられた文章を記憶しておく技術(記憶術)。
    5.Actio(演示・発表) 実際に公衆の前で発表するための、発声、表情、身ぶりなどの技術。



     この5部門は、実際に弁論の着想から現場で演じるまでの順序であり、5つのステップでもあるが、同時に実践的な思考と言語の技法を総合したものでもある。
     たとえば、問題解決を中心に一般の人が知っておくべき認知科学の成果をまとめたブランスフォードのThe Ideal Problem Solverは、クインティリアヌスの5部門をほぼカバーしてる。

    5カノンの対応

     中世を通じて、この5部門は維持されたが、次第に解体することは避けられなかった。
    ギリシア−ローマの共和制の衰退とともに口頭弁論の場が消え、文書によるやり取りが重視され、後には印刷術の出現などもあり、人々の期待と関心は話し言葉から書き言葉へ時代を経るごとにますます移行していった。これにつれて、口頭弁論を前提とした第4・第5部門は次第に省略されるようになった。
     16世紀の P. ラムスのように、レトリックのなかから真理と説得にかかわる部門(とくに第1・第2部門)を切り離してそれを弁証術(論理学)の領域へ移すことを主張する哲学者が現れ、主題を見出し構成する部門もまた、弁証術(のちの論理学)へ譲られる場合が多くなった。
     こうして弁論術(レトリーケー)は、近代の多くのレトリックの体系は第3部門(狭義の修辞)のみに縮約されることとなった。現代において、レトリックがしばしば〈効果的な文章の技巧〉という狭い意味に理解されがちなのは、この近世に多くなった第3部門中心のレトリック観によるものである。
     一方、古代から続く弁論術では、弁論術の第一部門Inventio(発見・発想)こそ、最も重視すべきものだった。

    ※ バッハのインヴェンションは、もちろん弁論術のinventioを引いている。この曲を練習することが、良きinventio(楽想)を得ることを通じて、演奏のみならず作曲の基礎をも学ぶことになるように、バッハは企図している。



    フマニタス研究(studia humanitatis)

     人文学の源流は、14 世紀後半から、古典に関心を有するイタリア人が盛んに用い始めた言葉「フマニタス研究」(studia humanitatis)にある。
     「人間たることの研究」を意味するこの言葉は、例えば当時のフィレンツェ共和国の書記局官長だったコルッチョ・サルターティ(1331-1406)やレオナルド・ブルーニ(1370?-1444)の書簡や著述に繰り返し現れる。
     この言葉が指すものは、トンマーゾ・パレントゥチェッリがフィレンツェのサン・マルコ修道院所蔵の書籍分類の際に用いた基準に見られる。それによれば、文法、レトリック、歴史学、詩学、道徳哲学を指し、概ね現在の人文学が包含する範囲と一致している。なお、パレントゥチェッリはのちに第208代ローマ教皇ニコラウス5世となり、バチカン図書館をつくるなどした。
     フマニタス研究の担い手達を、フマニストやウマニストと呼んだ。
     彼らはギリシャ・ローマの古典を、フマニオーラhumaniora(人間的humanusというラテン語の比較級humaniorを名詞化したもので「もっと人間らしくするもの」を意味する)と呼び、これに通暁していたが、必ずしも古典学教授や大学関係者ではなかった。サルターティやブルーニがそうだったように、官吏や秘書官でもある場合も多く、概して実務に強い教養人という性格を有していた。
     また聖職者のなかにもフマニストやウマニストは大勢いた。ボッカッチョが『デカメロン』で描写するペストの大流行は、1347年コンスタンティノープルに始まり、地中海貿易路をそのままたどって48年にはイタリア、フランスに上陸、ヨーロッパだけでも3500万人の命を奪ったが、広範な労働力不足が生じる中、教会もまた著しい聖職者不足にみまわれ、多くのウマニストが聖職者になった。読み書きができ、弁論術などの言葉の技術を持つ人材は、不足を埋めるのにうってつけだった。こうして教会内のウマニストの比率が増加したことが、ニコラウス5世(パレントゥチェッリ)のような人文主義的教皇を生む背景ともなった。

    ※ パレントゥチェッリが交流を持ったウマニストのひとり、アエネアス・シルウィウス・ピッコローミニは、詩人、歴史家としても高名であったが、フリードリヒ3世(のちの神聖ローマ帝国皇帝)によって桂冠詩人(poeta laureatus)とされた後、側近となり、その教養と人脈を活かして、様々な手をうち皇帝権威を強化した。まずフリードリヒ3世の即位に際してローマで教皇からの直接戴冠をアレンジし、更にポルトガルの王女を皇帝の妃として迎えることにも成功、この戴冠式と結婚式を同時に行われた。また、もともと古代ローマ皇帝の紋章だった「双頭の鷲」を復活させ帝国の各都市で用いるようにし、「ドイツ人の神聖ローマ帝国」という国号を公文書には必ず用いる等、イメージ戦略を駆使して帝国宰相にまでなった。バーゼル公会議に皇帝の名代として教皇派と公会議首位派の対立を収束させた後、聖職者となり、わずか3年で第210代ローマ教皇ピウス2世となった。



    デカルト 対 ヴィーコ

     古代におけるプラトン v.s. イソクラテスの対立に比するものは、近代においてはデカルトとヴィーコの間で展開される。
     しかし、この見立ては少々身びいきで、ヴィーコの側からこの対立を見ている。
     ヴィーコはデカルトの数学的合理論の強力さを認めながらも、そこから漏れ落ちるものの重要さを指摘することで、デカルトの批判者として登場する。その主張は合理性が席巻した同時代には省みられることなく、19世紀になって後、再発見されることとなる。
     懐疑を通じて到達する明晰判明というデカルト的原理では、蓋然的知識は峻拒される(プラトンが真理そのもの(善そのもの)への接近を学の課題として定め、それに満たぬものを切り捨てたように)。しかし、人が生きる現世は、そして、それが積み重なってできる人間の歴史は、蓋然的にしか知ることができないのではないか(デカルト自身、日常生活では懐疑を止め、常識にしたがって生きるよう勧めたように)。
     こうしてヴィーコは、デカルトによって切り捨てられた蓋然性の知の回復を主唱する。それは人間の言語、文学、習慣、宗教、法律など文化的活動全般を扱うものであり、人間の所産でない自然に関する科学に対して、〈人が作ったもの〉についての知を、のちの歴史哲学につながる考察を展開する。
     と同時に、ヴィーコは不確実な人生の現実に効果のあるものとして弁論術の復権をも企図し、キケロからルネサンス期の人文主義者たちまで共通するInventio(発見・発想)を重視する立場に与して、人間知性の第一作用としてingeniumの重要性を主張する。engineの語源でもあるこの言葉は、機知とも才知とも訳されるが、これをヴィーコは「適当な媒介mediumを見つけだすことによって相互に離れたところにある異なった諸事物を一つに結合する能力」と定義する。
     さらにヴィーコは、真理とあるべき理想を求める哲学者(philosopher)に対して、蓋然的知識と現実の知を求める言語文献学者(philologier)を対峙させる。
     哲学(φίλος愛+ σοφία知)をプラトン以来の厳密知に譲るかわりに、フィロロギア(φίλος愛+ λόγος言葉)を実践知のために召喚するのである。



    ドイツ・フォロロギーと人文知の厳密知化

     プラトンやイソクラテス、アリストテレスにもすでにフィロロギアという語は見えるが、〈文献の研究〉という意味で特にこの語を使ったのはキケロである。
     古典として特別視されるテキストを正確に解釈する学問としての文献学はアレクサンドリア期のホメロス研究からであろう。〈文献学者〉すなわちフィロロゴスとして自己規定した最古の学者のひとりはアレクサンドリアのエラトステネスであるといわれる。彼は全的教養(パイデイア)としてフィロロギアを規定した(イソクラテスが弁論術を教養と結びつけたように)。
    前3世紀にさかのぼるアレクサンドリアのホメロス研究は本文校訂法を生み文法研究を育てたが、ディオニュシオス・ハリカルナッセウスに依って技法研究が加えられローマ時代の注釈術に継承されてゆく。
     しかし科学的な本文批判が起こるのは15世紀のイタリアからで、コンスタンティノープルからベッサリオンやラスカリス、ガザ等がイタリアに到来したのが契機となり,多くの人文学者が生まれた。そしてオランダのエラスムス、フランスのビュデ、H. エティエンヌ、カソボン、スカリゲル、ドイツのJ. グルーター等の努力でギリシア・ラテン研究の基礎が据えられた。

    ※人文主義者にとっては文献学は強力な武器でもあった。例えば、1439年、人文学者ロレンツォ・ヴァッラは、古典語と文献学的知識を用いて「コンスタンティヌスの寄進状」が偽書であることを示しめしている。この寄進状は、ローマ皇帝コンスタンティヌスが、教皇に自分と等しい権力を与え全西方世界を委ね、自分はコンスタンティノープルに隠退する、としたもので、8世紀当時ローマ教会が東ローマ帝国からの独立性を主張するために偽造されたもの。ヴァッラは若年でキケロ、クインティリアヌス論を書いて古典学の才を現した典型的な人文学者で、他にもヴルガータ聖書の誤訳を指摘するなど、のちのエラスムスらにも影響を与えた。


     こうした古典研究が18世紀から19世紀のドイツで〈古代学 Althumswissenschaft〉として フリードリヒ・アウグスト・ヴォルフとアウグスト・ベックの二人によって大成される。

     彼らのフィロロギーは、文書の本文(テクスト)の伝承過程を検討し個別箇所における真正な読みを多様な異読のなかから確定する本文校訂学ではなく、エラトステネスや人文主義者ビュデが規定したような全的教養の学、文書に残って伝承されていることばの総体を理解しようとする諸学の総合学であった。
     ヴォルフはフィロロギーを「古代に於いて示されたものとしての人間本性についての学」と規定し、これを引き継いだベックはフィロロギーを「認識されたものの認識」と定義した。ここには、人間が作り出したものこそ認識の対象であるというヴィーコの主張が反響している。
    実は彼らは、もう一つの(更に大きな)知的革命の誕生と展開に関わっている。ゼミナール方式とそれに基づく新しいタイプの大学(研究大学)である。
     ヴォルフが学んだゲッティンゲン大学は、新人文主義の発祥地ともなったが、この大学で開かれたゲスナーの指導による文献学のゼミナールこそ、ここで学んだヴィルヘルム・フォン・フンボルトを通じて、新しい大学(研究大学)の核となるゼミナール方式の範例となった。



     ラテン語の seminarium(〈苗床〉の意)を語源とするゼミナールは、今日の大学でもみることができる、教師の指導のもとに少数の学生がみずからの発表や討論により学習を進める形の教育方法をいう。
     ゼミナールでは、講義形式と異なり、完成した理論を受け取る受動的役割に自らを置くことはできない。参加者は自らの研究を発表する報告者か、その報告を厳しく吟味し論理の飛躍や証拠の不備を指摘する批判者か、いずれかの役割を演示なければならない。どちらにせよ、参加者は自らが研究者であるかのように振る舞わなければならない。こうしてゼミナールを通じた教育は、そのまま研究者の育成に通じていく。
     研究と教育の一体化を軸とする研究大学は、研究者を生み出す力に長じていた。それ以前の、中世の大学が生産性を失い、サロンやアカデミーが知的世界を牽引した時代には、学者はほぼ独学でなるものであり、それぞれの個性は彼一代限りのものにならざるを得なかった。これに対して、研究大学では、ある学説やアプローチを採用する研究者がゼミナールの指導者になれば、その学説・アプローチを採用する一群の研究者を、自分の周囲に速やかに生み出すことができた。そして一群の研究者を作り出せば、同じ学説やアプローチを採用する研究成果を矢継ぎ早に世に出すことができた。
     研究者の〈生産効率〉を高めることは、当然ながら研究自体の〈生産効率〉を高めることになる。ドイツの新しい大学システムが、サロンやアカデミーといった先行者を凌駕して、知的世界で席巻したのは必然であった。

     研究者の〈生産効率〉の高まりは、新しい学説やアプローチが速やかに学派を形成できることにつながり、専門分化の速度も高めることとなった。
     ゼミナールでの徹底吟味もまた、当然ながら学問研究の厳密化につながったが、これもまた、より分野を限定した緻密な研究を促進し、総合的・領域横断的な研究には逆風となった。
     フィロロギーのゼミナールに学んだ者たちは、まずはフィロロギーが含んでいた分野や隣接分野で、新たなゼミナールを開いていく。
     例えばランケは、自身大学で古典文献学を学び、ギムナジウムの教師を経て、ベルリン大学に赴任した後、歴史研究と歴史学者の育成に努めることとなる。
     あるいはヤコービは、他ならぬベックのフィロロギーのゼミナール(将来文献学者になる者以外は受け入れないはずの)に学んだ後、数学者として自身のゼミナールを開くことになる。彼は数学についてはガウス同様独学だったが、教育と研究を一体化させる方法についてゼミナールを通じて学んでいた。
     ヴォルフとベックのフィロロギーは、総合的教養を志向する、イソクラテスの系譜をつながるものだったが、ゼミナールと研究大学という知的革命の中で、厳密知化と専門分化する大学の学問としては、継承されずに終わった。
     弁論術の全的教養の側面が忘れ去られたのと同様、フィロロギーの総合性もまた知る人の少ないものになってしまった。
     弁論術(レトリーケー)が、それを構成する部門の多くを手放し、結果、〈効果的な文章の技巧〉に成り果てたように、フィロロギーもまた、主として古文献を資料としたため古文書学・校訂法に重点が置かれたことと、一方で歴史学や言語学が独立していったことで、言語学の古名か、書誌学の別名にまで、縮減してしまった。


    informed laymanのためのPhilologie

     以上、弁論術とフィロロギーの歴史を概観した。
     人文の知は、イソクラテス〜ヴィーコで実践知と結びついていたが、ドイツの研究大学では厳密知の苗床となり、専門分化を加速させることで、自身の解体につながった。
    人文の知を厳密知≒学問研究として展開することは可能であるが、おそらくそれは人文の知が持っていた全的教養(パイデイア)としての性質を断念し、それぞれの分野で専門研究として進めるという条件でのみ成立する。
     では、厳密知としてでなければどうか。
     もう少し踏み込んで言えば、ドイツ・フィロロギーが人文知の厳密知化であったとするなら、厳密知の人文知化ないし実践知化の道はあり得ないのか。
     例えば、およそ誰かが認識(研究)したものならすべて守備範囲、というフィロロギーという学問は、それぞれの領域で最先端を目指す(ために専門分化が必須となる)研究大学では生き残れなかったが、実践知としてなら生きる目があるように思える。

     我々はみな、自身の専門の外では〈素人layman〉であるが、我々が直面し対処しなければならない問題は、我々自身の専門分野に限るものではない。 自ら選んだ問題についてなら、長い時間をかけて〈専門家〉の域に達することもできよう。だが、問題と呼ぶべきものは、不意打ちするものである。向こうからやって来るほとんど問題に対して、誰もが〈素人〉として向かい合うしかない。
     これはイソクラテスが想定する、厳密知が間に合わぬ状況でもある。
     我々が不意打ちを食らい、〈素人〉として準備できていない分野の問題に対処するにしても、駄目なやり方もあれば、賢明なやり方もある。
     イソクラテスの教養を、我々なりに読みかえるなら、準備できていない分野の問題に〈素人〉として対処するのは仕方がないとしても、せめて賢明なやり方で対処できるようにしておくこと、言い換えれば〈賢明な素人 informed layman〉になっておくこと。
     informed laymanというフレーズは、シュッツのいうThe Well-Informed Citizen(見識ある市民)の下敷きにしている。
     中身は作り直さなければならないだろうけれど、〈およそ誰かが認識(研究)したものならすべて守備範囲〉というフィロロギーという知は、実践知としての教養をつくるとすれば、〈賢明な素人 informed layman〉となるためには、ぜひとも召喚したい知の営みであるように思える。


    ◯(おまけ)今回書いた本のこと

     さて、実はこの半年間、本を書いていた。
     これは、この記事で振り返ったもうひとつ、思考と言語の総合技術としての弁論術に関係がある。
     フィロロギーは既に誰かが考えて書き残していてくれるものを扱うことができるけれど、我々が直面する問題は、既存の解決策だけでは間に合うとは限らない。役立つ解決策が拾えて参考にできたとしても、我々は我々自身の新しい問題を、今ここで解かなくてはならないのだ。
     弁論家が直面する機会は、これと似ている。弁論家は、他の誰かが言ったことを引用してもいいが(多くの弁論家が自説の強化のためにそうした)、そっくりそのまま再演する訳にはいかない(それは朗読であって弁論ではなくなる)。弁論家は、つねに新しい弁論を必要とする。
    だからこそ、〈どのように語るか〉よりも、〈何を語るか〉のための術=Inventio(発見・発想)が、キケロからヴィーコまで最も重要とされたのである。
     〈賢明な素人 informed layman〉となることを考えたとき、弁論術の他のどの部門よりも、Inventio(発見・発想)が重要になる。
     これも今、再興するなら、かなり中身は作り直さなければならないだろう。
     我々はキケロやクインティリアヌスやヴィーコが知らなかった知見を持っており、彼らの後、どのような思考実践が積み重ねられてきたかについても、いくらか知っていることがある。そして、彼らとは違う状況で、我々自身の問題に直面しているからである。

     但し、簡単にだが歴史を振り返ったおかげで、次のことは明らかである。
     発想法は、普遍妥当な厳密な知の側ではなく、そうでない側に身を置くものである。
     レトリックの現代的展開に貢献した一人であるペレルマンは、正しさ(真理)を追求する論理に対して、好ましさを求める価値判断と説得の論理学として、レトリックを捉え直した。
     そして、発想法が生み出すアイデアというものは、正しいかどうかでは評価できないものである。評価のための正解や基準をあらかじめ用意できるのなら、そのアイデアは新しいとは言えず、アイデアでなくなる。そうした正解や基準を越えていく〈新しい考え〉を我々は、アイデアに、発想法に求めているのである。

    (宣伝まで行かなかったので、つづく)


    (追記)


    他に先行してアマゾンで予約可能になったみたいです。

    アイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツールアイデア大全――創造力とブレイクスルーを生み出す42のツール
    読書猿

    フォレスト出版
    売り上げランキング : 215

    Amazonで詳しく見る



     

     あまり無いことだけど、少し前に「読書猿というブログをやっている」と自己紹介することがあった。
     続いて、このブログがどういうものなのか、手短に説明することになった。
     
     正直、このブログのスタイルや取り扱っている内容は、目指してこうなったものではない。
     したくないことやできないこと、ああはなりたくないなと思ったこと等を取り除いていって残ったのがこんなもの、という消極的な成り立ちによるので、軸のようなものがない。つまり一言でこうだというのが難しい。
     それで結局「とてもささやかな灌漑工事を、スコップと手作業でやっているようなもの」とよく分からないことを言ってお茶を濁した。
     
     「灌漑工事」というイメージは、子供の頃、雨が降るとやっていた、土の上にできた水たまりに取り付いて、手と指で溝を掘り、溝と溝をつないで、自分が思う場所へ泥水を導いていく遊びを思い出して出てきたもので、個人的過ぎて、あまり伝わったようには思えなかった。
     
     しかし改めて言葉にしてみると、このブログでやっていることは、その〈灌漑工事〉だという気もする。どこかに何かをつなぐための水路を掘るみたいなこと。
     
     
     このブログに書いてあるようなことは、正直なところ、図書館とインターネットが使える環境にあれば、誰にでも書ける程度のものである。
     では、書く意味なんて無いと思っているかといえば、そうでもない。
     誰でも使える時間は有限であり、一つのブログ記事を書くのに費やした時間の1/1000でも、記事を読んでいる人の時間を節約できるのであれば、少しくらいと意味はあると思う。
     自分も、そうして誰かが費やしてくれた時間によって助けられてきたのだから、それくらいはしても罰は当たらないはずである。
     
     そして、とりわけ自分を助けてくれたものに、図書館とインターネットがある。
     この二つは、いろんな人の時間と努力と知的営為を、自分に繋ぎ、届けてくれた。
     
     私のように、本を読むのも考えるのも遅い人間には本当にありがたい話で、そこから得た恩恵を、ほんの少しだけ返しているつもりなのである。
     どこに返せばいいか本当はよく分からないのだが、だから溝を掘ってどこかにつなげる〈灌漑工事〉ですらないのだが、それでもネット上に放流しておけば、いつか必要な人のところに届くかもしれない。可能性はとても低いが多分ゼロではないだろう。
     

    「知的生命はなぜ我々にメッセージを送ってこないんでしょう?」
    「その悩みは、そのまま思春期の悩みだと思わない?」リンダは云った。「遠くから女の子を見つめていたことはない? ただ見つめているだけなのに、コミュニケーションしているつもりになってしまう。そして、むこうはこちらの名前すら知らないのに、何故思いが通じないのだろうと思ってしまう。ぼくは彼女が何時のバスに乗るか、どの教科が得意で、友達とどこで昼食を食べるか知っているのに。ぼくは彼女の家までの道順をそらで云えるのに。ぼくは彼女の好物を知っていて、絵が上手なことを知っていて、合唱コンクールの何列目の何番にいたかまで知っているのに、なんであの娘はぼくのことを知らないのだろう----とね」
     「なぜコンタクトしてこないのか? 我々がコンタクトをしようとしたかどうかにその答えはあるでしょう。オズマ計画のように、教室の窓からグラウンドの彼女を見つめていたことはあるわ。でも彼女に話しかけたことはある? 電話はおろか、手紙だって書いたことがない」
    「でもボイジャーは?」
    「あの気取った判じ物? あんなもの、ヒマラヤの山頂にいる友人に届けと念じて、ミシシッピに瓶を流すようなものよ」
    (水見稜『マインド・イーター』「迷宮」)




     引用した小説は、ほとんど小説を読めなかった頃に繰り返し読んだ大好きなもの。


    マインド・イーター[完全版] (創元SF文庫)マインド・イーター[完全版] (創元SF文庫)
    水見 稜

    東京創元社
    売り上げランキング : 529456

    Amazonで詳しく見る

     
      
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。