東京外大言語モジュール 
    http://www.coelang.tufs.ac.jp/modules/
    tufs.jpg


    英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、朝鮮語、モンゴル語、インドネシア語、フィリピノ語、タイ語、ラオス語、ベトナム語、カンボジア語、ビルマ語、ウルドゥー語、ヒンディー語、アラビア語、ペルシア語、トルコ語、日本語の教材を提供。





    大阪大学世界言語eラーニング
    http://el.minoh.osaka-u.ac.jp/lang/


    osakau.pngヒンディー語、ウルドゥー語、トルコ語、ロシア語、ドイツ語、スペイン語、ハンガリー語、スウェーデン語、ポルトガル語、中国語、朝鮮語、ビルマ語、モンゴル語、フィリピノ語の教材を提供。






    ゴガクルーみんなで学ぶNHK語学フレーズ
    http://gogakuru.com


    gogakuru.png

    英語、中国語、ハングル、フランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、アラビア語、ポルトガル語の例文(発音付き)を提供。







    Memrise - the fun way to learn anything
    http://www.memrise.com

    memrise.png


    多数の言語を扱うフラッシュカードを提供する学習サイト



    bab.la
    http://bab.la/


    world-language-map-bab.jpg
    24の言語について、オンライン辞書、例文集、言語クイズやゲーム、語彙レッスン、フォーラム(情報交換)など学習コンテンツを提供するサイト。






    発音ガイド Forvo
    http://ja.forvo.com


    forvo.jpg
    ソーシャルな多言語発音サイト。世界中の言葉を、それぞれのネイティブスピーカーが参加して発音を登録していく。現在300を超える言語の200万語近い単語の発音が登録されている。








    Tatoeba: Collecting example sentences
    http://tatoeba.org/jpn/home

    tatoeba.jpg

    ソーシャルな多言語例文サイト。世界中の言葉について、ある言語からある言語へと訳した対訳例文を参加者が登録していく。現在130言語240万以上の例文が登録されている。







    Glosbe - the multilingual online dictionary
    http://glosbe.com/

    Glosbe.jpg



    2千を越える言語を対象とした辞書http://glosbe.com/all-languages
    29の言語間の対訳例文検索(翻訳メモリ)http://glosbe.com/tmem/を提供するサービス。



    Wortschatz - International Portal
    http://corpora.informatik.uni-leipzig.de


    wordschatz.png
    ライプチヒ大学が提供する、230言語のコーパス/辞書を検索できるサイト








    Leeds collection of Internet corpora
    http://corpus.leeds.ac.uk/internet.html



    leeds.png


    英国のリーズ大学 (University of Leeds) が作成した大規模コーパス。
    英語、中国語、フィンランド語、アラビア語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語、イタリア語、日本語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語のコーパスをオンラインで検索できる。




    3rdpageSearch Jp - 多言語入力検索ツール
    http://code.cside.com/3rdpage/jp/


    3rdPage.jpg
    パソコンで利用可能な殆どの文字を、文字セット毎の文字一覧上でクリック入力し、複数の検索エンジンに渡せる多言語入力検索ツール







    世界の文字で遊ぼう
    http://www.geocities.jp/p451640/moji/



    sekaimoji.png


    世界の様々な(41種類)の文字を使って、日本語の音を表記する試み。







    NHK World: Radio Programs
    http://www.nhk.or.jp/nhkworld/english/radio/program/index.html


    nhkworld.png

    世界に向けて多言語に発信しているNHKのウェッブラジオ






    NEWSTRAN
    Free Newspaper Translations Translate World News Online Free News Translation
    http://www.humanitas-international.org/newstran/index.html


    nwestran.png

    機械翻訳の助けを借りて世界中の新聞(10000以上)を読むためのサイト






    wwiTV.com
    http://wwitv.com/portal.htm


    wwwtv.png


    世界中のWeb Radioをひとまとめにしたサイト.






    Trendsmap - Real-time local Twitter trends
    http://trendsmap.com
    Trendsmap.png


    世界の各地域各都市で現在つぶやかれているTwitterのトレンドキーワードを世界地図上にマッピングして表示。
    例えばモスクワのつぶやきでロシア語を、カイロのつぶやきでエジプト・アラビア語を学ぶなんてことも。


    (関連記事)
    無料でここまでできる→外国語を書くのに役立つサイト24選まとめ 読書猿Classic: between / beyond readers 無料でここまでできる→外国語を書くのに役立つサイト24選まとめ 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    語学学習に最適なオンライン上のこども百科事典をまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers 語学学習に最適なオンライン上のこども百科事典をまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    そのボキャブラリーでどこまで理解できるのか?/英、仏、西、露、中、朝、日語の頻出順単語リストとカバー率 読書猿Classic: between / beyond readers そのボキャブラリーでどこまで理解できるのか?/英、仏、西、露、中、朝、日語の頻出順単語リストとカバー率 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    根気も時間もないあなたが外国語習得の臨界点を越える一番ゆるいスタートアップの方法 読書猿Classic: between / beyond readers 根気も時間もないあなたが外国語習得の臨界点を越える一番ゆるいスタートアップの方法 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    ゆるふわポリグロット(多言語使い)に捧ぐブックリスト 読書猿Classic: between / beyond readers ゆるふわポリグロット(多言語使い)に捧ぐブックリスト 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーサイト
     英文で論文を書く場合は、例文を借用せよ、と以前書いた。

    卒論に今から使える論文表現例文集(日本語版) 読書猿Classic: between / beyond readers 卒論に今から使える論文表現例文集(日本語版) 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

     論文の内容はオリジナルであるべきだが、論文を論文足らしめる部分=構成や構成を形作る定型パターンは使い回しが効くし、また使いまわすべきだ。オリジナルなのは内容だけでたくさんで、形式は従来のものを踏襲した方がいい。その方が早く正確に読めるから。

     書き言葉は、リアルタイムの呼出しを要しないから(どれだけ時間をかけてもいい)例文の借用はやりやすい。
    リアルタイムで言葉を投げ合うことが必要な会話では、少し状況は異なる。言葉のラリーの最中に、その都度、例文集を検索していては、スムーズなやり取りは望めない。

     しかし、フレーズのストックはそれでも役に立つ。

     というのも、会話の内容はオリジナルでも、会話の枠組みのかなりの部分が定型フレーズで形作られるからだ。
     一説には、会話の3割を定型句が占めるという。

     このブログでも繰り返してきた論点だが、高速かつスムーズに呼び出すことができるまで練り上げられた記憶は、認知資源を節約する。定型フレーズを労なく呼び出すことができれば、その分浮いた思考のパワーを会話のコンテンツ(相手が話す回す内容、自分が話す内容)を取り扱うことに回すことができる。

     以下は、日本と英語圏のそれぞれで編まれた定番のフレーズ・ストック集のリストである。
     とっつきやすさを勘案し、収録数が少ないもの、また容易に取り扱えるものから順に並べた。





    ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技
    (2000/04/10)
    スティーブ ソレイシィ、ロビン ソレイシィ 他

    商品詳細を見る


     この書は、いくつかの特徴(チャームポイント)からロングセラーになっている。
     1点目は、基本的に大人言葉を学ぶことになる外国語学習者の弱点、それも劣等感を刺激する「ネイティブなら当たり前」な部分をついているところ。
     2点目は、コミュニケーションの実用性から見た子ども言葉の効率の良さ、つまり、より少なく、またよりやさしい言葉で〈伝えたいことを伝える〉ことができるところ。
     3点目は、そんな子ども言葉から大人言葉へと成長発展していく道筋を、具体的な言葉を例に示しているところ。だから子ども言葉(baby→kid→child→preteen→teenagerの5ステップ)で100フレーズ、プラスそれぞれのgrown-up版とで計200が登場する。
     数が少ないので、整理・分類してある訳ではない。
     
     フレーズ数の少なさと易しさ、「まずはこれだけ」感とお得感の高さから、今回のリストの冒頭に加えた。





    Small Talk: More Jazz ChantsSmall Talk: More Jazz Chants
    (2003/05/29)
    Carolyn Graham

    商品詳細を見る


    Small Talk: More Jazz ChantsSmall Talk: More Jazz Chants
    (1986/07/31)
    Carolyn Graham

    商品詳細を見る



     タイトルにあるように、有名なJazz Chantシリーズの一つ。
     日本人(だけじゃないが)が苦手な英語のストレス(強弱)とリズムを、やや大げさにしつつJAZZの調子にのって練習することによって、英語らしい調子で話せるようにするのがシリーズのコンセプト。

     したがって本の方は書き起こしたスクリプト集に過ぎず、本体はCDなどの音声教材の方。

     コミュニケーションや社会的ポジションにおけるSmalltalk(スモールトーク)の重要さについては、前に書いた。

    あなたの地位と人脈は《スモールトーク》が決めている/ダンバー『ことばの起源』応用篇 読書猿Classic: between / beyond readers あなたの地位と人脈は《スモールトーク》が決めている/ダンバー『ことばの起源』応用篇 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

     これだけで足りるものではないが、逆にここに上がっているフレーズが使えないと、人と人の会話が成立しない。つまり日常会話の雑談Smalltalkを造りあげる最小限の決まり文句を15の状況別にまとめた英会話のミニマム・キット。

     フレーズ単体の紹介ではなく、十行程度の(つまり1曲分)短いやりとりが1曲ごとにまとめられている。






    状況別・場面別 英語にするとこうなる―使える口語表現状況別・場面別 英語にするとこうなる―使える口語表現
    (2000/04)
    小坂 貴志

    商品詳細を見る


     表現を収集/整理しただけでなく、使い方やタイミング、フレーズが持つニュアンスや背景(バックグラウンド)をかなりの分量を割いて解説してあるのが特徴。その意味で、今回のリストにあげた他のフレーズ集(とくに英語圏で編まれたもの)を補完するものとしても使える。
     そのかわりに収録数は少なめ(惜しむべきは索引もない)。なので、この位置に置いた。





    Common American Phrases in Everyday Contexts, 3rd EditionCommon American Phrases in Everyday Contexts, 3rd Edition
    (2011/10/25)
    Richard Spears

    商品詳細を見る


     フレーズ・ストック集を紹介する場合、必ず紹介される超定番書。

     会話に出てくる定型フレーズのなかでも、'Excuse me.', 'Pardon me.'などのように、そのままの形で使えるもの(会話内容に応じて自分で単語を代入したりする必要はないもの)を2000ほど集めたフレーズ・ストック集。
     
     配列は場面別ではなく、キーとなる単語のアルファベット順で、辞書っぽいつくりになっている。
     各フレーズの意味、使われる状況を、簡潔に説明し、別に会話例が示される。

     原書は2011年に第3版が出ているが、実はこの書の第1版には、以下の邦訳(というか対訳版)がある。


    アメリカ人がよく使う米語らしい米語の会話表現辞典1700アメリカ人がよく使う米語らしい米語の会話表現辞典1700
    (1996/11)
    リチャード・スピアーズ

    商品詳細を見る







    Function in EnglishFunction in English
    (1982/07/01)
    J.A. Blundell、etc. 他

    商品詳細を見る

     こちらは'Could you ~?'のように、話す内容/目的・機能に応じて言葉の代入・入れ替えが必要な定型パターンを集めたフレーズ・ストック集。
     タイトルのFunctionはここでは話す目的を意味していて、「同意する」「あやまる」「礼を言う」といった目的別の言い回しについて140種類のFunctionにごとにまとめているのだが、単なる寄せ集めではない。
     それぞれのFunctionごとに、通常・フォーマル・インフォーマルの3ケースでの 使い方を示した 会話の仕方を示している。

     例を示そう。

    FunctionEng1.jpg
    (from Blundell, J., Higgens, J., & Middlemiss, N. M. G. (1982). Function in English. Oxford: University Press. p.110.)


     上記は、66番目の「あることをしようと思ってる」ことをいうFunctionのはじまりの部分である。
     各Functionのタイトルの下には必ずこんなマンガがあって、一目瞭然である。
     
     最初はご存知の ”I'm going to ...”が登場している。後ろの番号は、「...」部分を埋め方のパターンで、末尾にあるパターンリストに説明されている。
     ”I'm going to ...”の後には、シチュエーションが示されて、具体的な場面で言い回しのバリエーションが展開される。

    FunctionEng2.jpg
    (from Blundell, J., Higgens, J., & Middlemiss, N. M. G. (1982). Function in English. Oxford: University Press. p.110.)

     その後には「I」(インフォーマル)と「F」(フォーマル)な言い回しが、新たな場面設定の後に示される。

     この後には、ご丁寧に言い回しを練習するための、別の状況設定や課題が3つくらい、各Functionごとに用意されている。

    同種のものに


    Functions of American English Student's book: Communication Activities for the ClassroomFunctions of American English Student's book: Communication Activities for the Classroom
    (1983/02/28)
    Leo Jones、C. von Baeyer 他

    商品詳細を見る


    がある。






    携帯版 英会話とっさのひとこと辞典携帯版 英会話とっさのひとこと辞典
    (1999/02)
    巽 一朗、巽 スカイ・ヘザー 他

    商品詳細を見る


     こちらも会話フレーズ集の老舗。あちこちの電子辞書でコンテンツの一角を担っているので、お馴染みの方も多いだろう。

     日常生活、オフィス、海外旅行と、さまざまなシーンで頻繁に使われる短いフレーズをできるだけ詰め込んで(8,000フレーズ)、状況別・場面別に整理したもの。
     携帯版は本当にポケットに入るサイズ。索引も英語/日本語の二本立てで割りとよくできている。






    NTC's Dictionary of Everyday American English Expressions (McGraw-Hill ESL References)NTC's Dictionary of Everyday American English Expressions (McGraw-Hill ESL References)
    (1995/01/11)
    Richard Spears、Betty Birner 他

    商品詳細を見る



     「英会話とっさのひとこと辞典」の、英語圏でのカウンタパートはこれ。
     収録フレーズ7000以上。これもこうしたリストには必ず挙げられる超定番。

     場面別に、母国語話者に馴染みの深い言い回しを揃え、比喩表現、イディオムには、すべて意味を明記する。

      トピックも医療、就職、アパート探しから銀行口座開設といった日常生活お役立ち系から、スモールトーク系の会話の切り出し表現や様々な意思表示までカバーし、豊富な感情表現をも収録。 多少くだけた表現から堅い表現、ユーモア交じり、軽い皮肉まで集めるとともにスピーチレベルも明記。
     明快な構成と、よくできたINDEXも役に立つ。





    (おまけ)


    困った状況も切り抜ける医師・科学者の英会話―国際学会や海外ラボでの会話術と苦情、断り、抗議など厄介な対人関係に対処する表現法困った状況も切り抜ける医師・科学者の英会話―国際学会や海外ラボでの会話術と苦情、断り、抗議など厄介な対人関係に対処する表現法
    (2007/04/01)
    Ann M. K¨orner

    商品詳細を見る



     やや特殊な目的だが、科学者として職業を全うしなければならない多くの場面について、照準を合わせたフレーズ・ストック集。
     英語圏の訪問客があなたの研究室を訪れた場合、英語圏の国で開催される学会に出席して,登録受付して研究発表して,それに続く質疑応答を英語で行う場合、そこで容易ならぬ意見の不一致に直面した場合や、明らかに悪意をもって質問された場合、互いに傷を残す言い合い(negative interaction)に陥りそうな場合まで、使えるフレーズが集めてある。

     精読とは、ただ細かく詳しく読むことではない。
     
     テキストに徹底的に寄り添いながら、そこに書いていないことを、読み手自らが補完しながら読むことである。
     
     こうした読み方は、あなた向けに書かれた訳ではないものを読むときに必要となる。
     
     時代背景も、直面している課題も、異なる時間空間で書かれたテキスト(たとえば古典)は、このようなものの一例である。
     以前書いた言い方を繰り返せば、
     プラトンはあなたのことなど何も知らない。
     デカルトはあなたを読者として想定していない。
     
     逆に、完全にあなたのために書かれたあなた向けのテキストを読むときには、こうした読み方をする必要はないだろう。
     書き手は、あなたが何を知っているか/知らないかをある程度理解しており、あなたに理解してもらうためには、どのようなことが前提にできるか/できないかについても知っている。
     理解に必要なことで、あなたが知らなさそうなこと、知っているとは前提できないことは、あなたが知っていることだけを前提にして説明してくれるだろう。
     
     しかしまた、こうした親切な書き手やテキストは、あくまで理想にとどまる。
     書き手は読者を想定するが、それはあなたに完全に当てはまるものではない。
     複数の読み手を期待するテキストであれば、あなたのためだけに書かれたものではない。あなたの知識や読書スキルは、書き手の想定内に収まる部分もあれば、はみ出す部分もある。
     著者から投げられたボールは、あなたを目掛けて投げられたものであっても、必ずしもあなたが構えたグローブの真ん中に向かって飛んでくるわけではない。
     受け取るためには、受け手の方もいくらか動かなくてはならないのだ。

     つまり現実には、どのようなものを読んでも、程度の差こそあれ、補完する読み=精読は必要となる。
     

     とはいえ、精読の必要を繰り返すだけでは、スローガンにもなりはしない。
      
     さて元々、外国語の文法訳読法は、こうした補完する読みとしての精読をトレーニングする機会であった。

     今回は、書かれざるコンテキスト(文脈)を補完しないと単語を知っていても構文が取れても意味が取れない英文とその読み方を、英文解釈の最高水準書のひとつ
     
    英文の分析的考え方18講―英文解釈・古谷メソッド・完結篇英文の分析的考え方18講―英文解釈・古谷メソッド・完結篇
    古谷 専三

    たかち出版
    売り上げランキング : 398544

    Amazonで詳しく見る

    を題材に紹介する。
    (『英語リーディング教本―基本からわかる』の薬袋善郎氏は、晩年の古谷専三に教えを受けた経験を語っている)

     
    例文と直訳

    (1)I was a little older than my brothers, though, and my feelings were mixed.
    (2)I loved Mother and hated to disappoint her, but I couldn't respond as easily as the other boys to her gentle appeals.
    (3)I never seemed to have the emotions that she waited for me to show.
    (4)I wish now that I could have listened uncritically and have thought only of the look in her eyes.
    (5)What difference need it have made to me whether the stories Mother thought lovely seemed less so to me?
    (6)But there I sat staring uncomfortably at the carpet and trying to avoid answering questions.

    (直訳)
    (1)けれども、私は兄弟より少し年上で、私の感情は複雑だった。
    (2)私は母を愛していたし、彼女を失望させるのは嫌だった。
    (3)しかし母のやさしい訴えに対して、他の少年と同じくらい容易に答えることはできなかった。
    (4)彼女が私が示すことを待っているような感情を、私は持つとはまったく思えなかった。
    (5)私は、無批判に聞くことができ、彼女の目に映る姿だけを考えることができればよかったのにと、今となっては思う。
    (6)しかし私はそこに座って、居心地悪くカーペットを見つめながら、質問に答えることを避けようしていた。




     単語に関しては、あまり難しいものはない。
     9割はGSL(General Service List)1000語以内だし、GSL2000+AWL(Academic Word list 570words)に入らない6語(appeal、emotion、uncritically、stare、uncomfortably、carpet)もよく見かけるものだ。

     単語レベルについてはVocabProfilers Englishで簡単に調べることができる。
     またGSLやAWLについては以下の記事が参考になるかもしれない。
    日本の英語教育が落っことしがちな英単語最頻出2000語を7クリックで覚える表 読書猿Classic: between / beyond readers 日本の英語教育が落っことしがちな英単語最頻出2000語を7クリックで覚える表 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    570の学術系英単語を5クリックで覚える表 読書猿Classic: between / beyond readers 570の学術系英単語を5クリックで覚える表 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

     また、ちなみに英文の読解難易度の指標をみてみると(Tests Document Readabilityで計ることができる)、

    Gunning Fog index : 9.59
    (英文を一読で理解するのに必要な学校教育年数(小学校1年生=1とする)を示す。専門的な文書は10から15、ニューヨークタイムス誌は11か12、タイム誌は11、リーダーズ・ダイジェスト誌は7程度)。

    Flesch Reading Ease : 67.85
    (点数が高いほど読み易い。英語を母国語とする平均的な中学2年生や3年生は60点から70点の英文をさっと理解できるとされている。リーダーズ・ダイジェストで65点程度)。

    である。

     
     しかし大学生が訳したという直訳は、一箇所を除いては大きく間違ってはいないものの、一読して何の話をしているのか分からない。
     むしろ訳者もこの英文の意味を理解しないまま訳していることが、ありありと分かる。
     
     おそらく1パラグラフだけを抜き出した、わずか100語あまりの短い文章であることが、かえって難しさを増している。
     見えないのは文脈、つまり前後にどんなことが語られているか、この短文はいったいどんな文章の中に本来は納まっているのか、である。

     しかし、この文章が、前後とひどく齟齬をきたしているのでない限り、見えないと感じている文脈は、この短文の中にも染みとおっているはずである。

     では、それを析出しよう。
     

    まずは接続詞に着目する

    (1)のthoughは、書かれざる前文に対して、文(1)が逆接の関係にあることを示す。
    (1)のandは文中の二つの節を順接でつないでいる。
    (2)andは節中のlovedとhatedをつないでいる。
    (2)のbutは、文中の2つの節が逆接の関係であることを示す。
    (3)thatは関係代名詞。thatが結び合わせているものをほどき、(3)を二つの節に分けるとShe waited for me to show emoions, but I never seemed to have the emotions.と逆接で結ばれていると考えるのが相当である。
    (4)のthatはwishの目的語として従属節を導く。この文は仮定法。I could以下は実際にはできなかったことである。
    (4)のandは従属節中のhave listenとhave thoughtを結び、ともに助動詞couldに続くことを示す。
    (5)whetherは譲歩の副詞節(~であろうとなかろうと)。
    (6)Butは前文に対して逆接。

     まとめとして、逆接の接続詞が出るたびに〈向こう側〉へ移る様を、簡単に図解しよう。
     書かれざる前文に対して逆接→文(1)となっているが、文(1)がどちら側かははっきりしない(mixedだといっている)ので、さしあたり文(2)からはじめよう。
     文4は仮定法が使われているから、書かれている反実仮想(~だったらいいな)と書かれざる現実(実際は~だ)を両側に分けて配分しよう。
     
             |
      文(2)前半→|→文(2)後半
             |  ↓
      文(3)後半←|←文(3)前半
         ↓   |  
    文(4)反実仮想→|(→文(4)書かれざる現実)
             |  ↓
     文(5)前半 ←|←文(5)のwhether以下
         ↓   |
         ・→→→|→文(6)
             

     この逆接によって向こう側に移るとして、二つの領域はどういったものなのか?
     
    (右側):現実サイド
    文(2)後半 I couldn't respond as easily as the other boys to her gentle appeals.
    文(3)前半 I never seemed to have the emotions
    文(4)書かれざる現実 I couldn't have listened uncritically and have thought only of the look in her eyes.
    文(5)後半the stories Mother thought lovely seemed less so to me?
    文(6)there I sat staring uncomfortably at the carpet and trying to avoid answering questions.

     私は、答えることができなかった「couldn't respond」し、答えることを避けようとした「trying to avoid answering」。
     また、母が待っている(期待する)ような感情を持つことが出来そうになかった「never seemed to have the emotions」し、批判的でなく聞くことができない=批判的にしか聞けない「couldn't have listened uncritically」し、母はそれらの物語をlovelyだと思っているけど、自分はそこまでは思えない「seemed less so to me」。

     まとめるとこちらサイドは、母(の感性、期待)≠私(の感情→答え)


    (左側):願望サイド

    文(2)前半 I loved Mother and hated to disappoint her
    文(3)後半 the emotions that she waited for me to show.
    文(4)反実仮想 I could have listened uncritically and have thought only of the look in her eyes
    文(5)前半 What difference need it have made to me

     しかしこの文を書いている〈私〉はなにも全面的に母と対立している訳ではない。それほど単純でないし割り切れるものでもない。
     〈私〉は母親が大好きだったし「loved Mother」、失望させたくなんかなかった「hated to disappoint her」。
     母親が期待するような感情「the emotions that she waited for me to show.」を持てたら、批判がましくなく聞き入ることができたら「could have listened uncritically」、母の目にどううつるかだけを考えられたら「have thought only of the look in her eyes」、よかったのにと今では思うのに「I now wish」。
     だいたい、母はlovelyだと思っている物語たちを、自分はそこまでは思えない「seemed less so to me」として、それがどうだっていうんだ(大した違いはない)「What difference need it have made to me」≒「It made little difference to me.」。

     まとめるとこちらサイドは、母(の感性、期待)=私(の感情→答え)

     しかし実際は、右サイドからの引きはあるけれど、左サイドの方が強くて、〈私〉は困ってる。だから「my feelings were mixed.」なのだ。
     


    〈私〉は何歳ぐらいなのか?

     いよいよ行間を読んでいく。

     そうしてみると文(2)に注目すべきところがある。
     「not ... as easily as the other boys」で、「the other boys」とtheがついているから、これはすでに登場している少年たちで、この文章にはmy brothorsしか該当するものはいない。つまり「他の年下の少年=弟たちほど簡単には・・・できなかった」というのだから、弟たちは私よりずっと
     母(の感性、期待)=弟たち(の感情→答え)
    つまり今の区分だと弟たちは左側の方の住人のだろうと推測できる。

     しかし文(1)に「I was a little older than my brothers」とあるように、〈私〉と弟たちは、少しの歳の差があるだけだ。そのわずかの差が、すなおに母(の感性、期待)に従えるか、従えずしかし振りほどくこともできず苦しむか、の違いになって現れている。
     
     ここに書かれていない文脈(コンテクスト)のひとつを知るヒントがある。
     こう問えば、答えやすいだろう。
     この文は過去形で書かれており、著者の過去の出来事を書いているのだが、
    「著者は、自分がいくつの頃の自分の出来事を書いているのか?言い換えれば、文中の〈私〉は歳をとっているのか?それとも若いのか?大人なのか?子どもなのか?青年なのか?幼少なのか?」

     この問いの答えは、文中に明記されていない。
     しかし先に見たように「not ... as easily as the other boys」や「I was a little older than my brothers」に注意を向けることができたなら、次のように推測できるだろう。
     〈私〉はもう、母親が「よい」というものをただ素直に「よい」と思うことはできなくなっている。しかし幼い弟たちはまだ、母親が「よい」というものをただ素直に「よい」と思うことができる。加えて〈私〉は弟たちよりも少し年上なだけで年齢差は大きくない。
     よってこの時〈私〉は、幼少か、それよりわずかに歳を重ねたぐらいの年齢である。
     

    母親は何をしたのか?
     
     〈私〉と弟たちとの間の年齢差は、〈私〉にとっては、言い換えれば〈私〉主観では決定的なものであるが、客観的には小さい。
     この文章には3種類の人物が登場する。〈私〉、弟たち、そして母親である。
     ここで母親の主観で物事を見てみよう。
     母親にとっては、〈私〉と弟たちの年齢差は、決定的なものではなく、小さい、おそらくはないに等しいものである。
     なぜならば、母親の扱いは、この短文にあらわれている限りでは、〈私〉と弟たちの間に違いはないからだ。
     しかし、母親の〈扱い〉とは、具体的にはどういうことなのだろうか? 言い換えれば、母親は〈私〉と弟たちにどんな働きかけをしたのだろうか?そして何を待っているのだろうか?
     
     文中から拾い出せば、待っている(期待しているの)のは「the emotions」(文(3))である。しかし「その感情(複数)」といっても、具体的にどういうことなのかが書いていない。おそらく、これが何なのか分からないと、文章を理解したことにならない(理解した上で訳すこともできない)。
     「the」がついているのだから、「the emotions」は読み手にとっても既知なはずである。とすれば、それ以前の文(1)か文(2)に、形は違っているかもしれないが、「the emotions」が何なのか知ることができるだけの情報が提示されているはずである。
     文(1)は、誰の行動についても述べたものではない。とすれば文(2)に何か書いてあるはずである。
     「I loved Mother and hated to disappoint her」は行動ではない。「 I couldn't respond」というのだから〈私〉は行動できていない。
     「I couldn't respond as easily as the other boys to her gentle appeals.」を眺めると、同じフレーズをくりかえさないように省略されていることに気付く。省略されたフレーズを復活させてみると
     「I couldn't respond as easily as the other boys could respond to her gentle appeals.」となる(他の兄弟たちが答えたほど容易には、私は答えることができなかった)。
     我々が探していた行動はthe other boys could respond to her gentle appeals easily.」(他の兄弟たちは、彼女(母親)のやさしい求めに簡単に答えることができた)。
     「gentle appeals」が何なのかはまたはっきりしないのだけれど。これは後でつめていこう。
     
     もうひとつの問い、母親の〈扱い〉とは、具体的にはどういうことなのだろうか?
     短い文章の中を探しても、母親を主語にしたちゃんとした文はない。節や句レベルで探すとさっきの「her gentle appeals」、それと「she waited for me to show (the emotions)」「Mother thought (the stories)」だけである。
     母は(返事を)求めて、待って、物語がよいものだと考えている。って結局何もしてないぞ!
     おそらくは、ここがこの文章を理解できるかどうかのクリティカル・ポイントだ。書かれざる母親の行動はどんなものだったか?それをどうやって推測できるか?
     

     ミッシング・リングを明確にしよう。

     時系列で考えるとおそらくこういうことだろう。

     母親はある物語を良いものだと考える。
          ↓
    (               )
          ↓
     母親は子どもたちの反応を待つ
          ↓
     子どもたちが「よかった」と反応する。


     彼女の子どもたちが幼少ないし幼少+αだとすれば、(   )を埋める母親の行動は「物語する tell stories」ではないかと推測できる。
     もう少し文章に沿って考えれば、文(5)で「the stories」と出てくるのだから、どんな物語か読み手にとっても既知になっていないといけないと考える。「母親がよいと思っている物語」があり「母親は子どもたちから反応を待っている」のだから、その物語は子どもたちの前で披露されていなくてはならないはずである。
     これが母親の書かれざる行動であった。
     
     母親の隠れた行動が明らかになると、これまで具体的には何なのかはっきりしなかった部分にも光があたる。
     
     母親はある物語を良いものだと考える→(母親は自分がおすすめの物語を子どもたちに読んでやる)→母親は子どもたちの反応を待つ→(子どもたちが「よかった」と反応する)のだから、
     「gentle appeals」は、「ねえ、どうだった?」と、いま子供たちに披露した物語の感想を(やさしく)求め尋ねることだろう。
     当然文(6)で〈私〉が答えるのを避けようとしているquestionsも、これと同じ、物語の感想を尋ねる質問である。
     「the emotions that she waited for me to show」がどんなemotionsなのかといえば、母親が披露した物語について感じたこと、すなわち感想(しかも「いいお話だね」という肯定的な感想)をさしていると考えられる。
     


    再び、例文を読み直す

     こうして書かれざる前提が明らかになったので、これらを仮説として文章を読んでみて、ちゃんと意味が通るかを確認しよう。
     


    (1)けれども、私は兄弟より少し年上で、その心境は複雑だった。
    (2)私は母を愛していたし、彼女を失望させたくはなかった。(3)けれど母がしてくれた物語の感想をやさしく聞いてきても、弟たちのようにはすらすらと答えることができなかった。
    (4)母が期待するような感想が持てるとは、私にはまったく思えなかった。
    (5)母の物語を無邪気に聞くことができたら、それから母の目に自分がどう映るかだけを考えることができたら、よかったのにと今となっては思う。
    (6)けれどそのときは、なんとか感想を言わなくてもすむように、カーペットを苦虫を噛み潰したような顔で見つめながら、そこにじっと座っていた。



    いくつかの教訓

     いまの分析作業から得られる、いくつかの教訓を記す。
     
     まず出題者の立場に立てば、仮にこの英文を和訳せよという問題を課すとして、最初から
    「これは、いつも子どもたちに物語を話してやる母親とその子どもたちの話です」と文脈(コンテキスト)を与えてやれば、難易度はいっきに下がる。
     同じことを、解答者の立場から見れば、文脈(コンテキスト)として与えられた情報を活用しないと、いらぬ困難にぶち当たることになる。
     
     さらに文章作成者の立場に立つと、文脈(コンテキスト)を読み手が補完しなければならないような文章は、読み解くのに余計な労力が必要になるから避けた方が無難である。
     「わかりやすい文章の書き方」なるものの多くは、文脈に左右されない(コンテキスト・フリー)とまではいかなくても、読み手に文脈(コンテキスト)補完の手間を取らせないための工夫が大半を占めている。