先日書いた
     図書館となら、できること番外編/マイナー言語のBookishな学び方 読書猿Classic: between / beyond readers 図書館となら、できること番外編/マイナー言語のBookishな学び方 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    で、ポストする際になって省略した、少年が語学学習に使ってるノートのことを人に話していたら、「むしろそれを書け」と言われたので、簡単に記す。


     出典は

    ・鈴木 暁(1999)「中級フランス語の効果的学習教授法 - 理想的なノートの作り方」『Les Lettres francaises』
    19, 67-75.

    である。下に示す図もこの論文から借用してある。


     鈴木氏はフランス文学の研究者だが、この方式はフランス語以外に、もちろん語学学習にも、他にも精読(intensive reading)が必要なあらゆる分野で使える。
     「図書館となら、できること」に登場する少年は、数学の問題演習にもこの方式のノートを使っている(訳文のパートに解答を書く)。

     原テキストとその解釈に必要なすべての項目(とくに自分で調べたことと自分の思考過程が重要である)を、見開き2ページにまとめるのがキモである。


     
    6partnote.jpg


    (1)にはテキストのコピーを貼る

     テキストを書き写すのは、後述するように、テキストを理解した後に、最後の段階で行う。
     その理由は、理由は,短期記憶における一度に把握できる無意味材料(意味が不明な文字列)の量は、意味材料(意味のある文字列)の量よりも小さいだけでなく、学習後の保持量も小さいからである。つまり理解したことのほうが頭に入りやすく,その後の定着率も高い。
     また、理解していない文字列の書き写しは誤りが生じやすく、また自己修正(セルフ・チェック)も働きにくい。労多くてミス多くて、総じてその努力は報われない。
     


    (2)には単語や語句、構文について調べたことを書く

     辞書や文法書で調べたことはここに書く。
     従来、語学の予習で行なってきた作業はここに配される。
     単語の訳語をつなぎあわせたものが訳文であるかのような錯覚を引き起こす、テキストの単語の脇にフリガナのように意味を書くことは推奨されない。



    (3)には理解に役立つ背景知識/言語外事実などを書く

     (2)が辞典などの受け持ちとすれば、このパートは百科事典から参考文献などで調べたことを書く。
     訳書では、訳者注として取り上げられる内容といえば、理解しやすいかも知れない。
      たとえば、テキストに登場する人物、地名その他の固有名詞は、百科事典などで調べ上げて、ここに書いておく。
     不明語句の訳語が分かるだけでは、まだまだ理解に不足する知識があることを明確にするためにも、この欄は(2)から独立して記す。



    (4)には疑問点と思考過程を書く

     このパートがこの方法の最重要箇所である。
     分からない箇所に「?」マークをつけるだけの予習から、
    ・自分はどこが分からないのか?
    を掘り下げ、
    ・どのように内容を推測できるか?
    ・どの部分の内容解釈が定まらないのか?
    ・どのような解釈上の矛盾に行き当たっているのか?
    ・どこまで訳せている(自分では理解している)と思えるのか?
    ・分からないところはどこで、何が明らかになればブレイクスルーに至ると予想するのか?
    などを整理し自分の言葉でまとめ、書き出した上で、解答・解説にあたり、自分の予想と疑問との間を何往復もすることで、外国語文の読解が思考訓練の域に達する。
     わからない箇所にただ「?」マークを書いておく予習を繰り返す者と、大きな差が開くことは間違いない。



    (5)には訳文を書く

     (4)疑問点と思考過程のパートが充実していくと、このパートの重要度は下がっていくが、後に修正の素材とするためにも、訳文を書くパートは設けてある。
     思考過程の検証の意味でも、訳文の修正は、思考訓練の後半を担う重要なプロセスである。
     


    (6)には最後にテキストを書き写す

     (1)~(5)が終わり、テキストを理解した上で、それを写筆することは有益である。
     




    スポンサーサイト
     問いを作ることは、最も基幹的な知的リテラシーである。

     問う力を養うためには数をこなすしかないが、スポーツでいうところの「素振り」に相当するものがあり、実践に向けて問う力の維持・向上に役立てることができる。
     いうまでもなく自問自答することだ。
     これは、質問の質を高め、思考する力を向上させることのできる数少ないトレーニング方法でもある。
     
     以下に示すのは、自問自答に使える問いの型である。
     自覚的に使うことで、問いの型稽古を行うことができる。
     思考を深めたり、問題解決を助けたりするのにも用いることができる。


    決断する
    「それをするメリットは何か?」
    「それをしないメリットは何か?」
    「それをするデメリットは何か?」
    「それをしないデメリットは何か?」
    「するのか?しないのか?」



    望みをかなえる

    「ほしいものは何か?」
    「今持っているものは何か?」
    「今持っているものをどう使えば、ほしいものは手に入るか?」
    「その結果起きることは何か?」
    「今すぐ、ここで、できることは何か?」



    危機の中で明日を見つける

    「これを乗り越えると自分はどんな能力を得るだろうか?」
    「危機だからこそ見えるものは何か?」
    「この危機を乗り切るためにできることは?」
    「この危機を乗り切るために捨てることができるものは?」
    「この危機に自分の見捨てずにいてくれる人は?」
    「ピンチを乗り切った3年後の自分から、今の自分にかける言葉は?」



    自分を成長させる

    (目標を明確にする)
    「何を実現しようとしているのか?」

    (問うべき問い、解決すべき問題を選ぶ)
    「それを全くやらなかったとして、何が起こるか?」

    (何をすべきか問い直す)
    「あなたは、何によって人の記憶に残りたいか?」



    人を集める

    注意をひきつける
    (興味をひく)「参加者の興味を引くために何ができるか?」
    (刺激する)「どうすれば参加者の探究心を刺激できるか?」
    (集中を維持する)「どうすればインストラクターのやり方に変化をつけられるか?」

    参加者との関連を明確にする
    (目的と関連づける)「どうすれば参加者の目的を最も満足させられるか?」
    (興味と合致させる)「どうすれば参加者の関心に合わせることができるか?」
    (経験と結びつける)「どうすれば参加者の経験と結びつけることができるか?」

    自信をそだてる
    (成功への期待)「どうすれば前向きな成功への期待を支援できるか?」
    (成功の機会)「どうすれば参加者が自分の能力に自信が持てるよう支援できるか?」
    (自己コントロール)「どうすれば参加者が自分の成功を運やインストラクターのおかげでなく、自分の努力や能力によるものと確信するか?」

    満足感をもたらす
    (内発的な満足)「どうすれば学習経験それ自体の楽しみを味わってもらえるか?」
    (価値のある成果)「どうすれば参加者の学習の成果に価値を与えることができるか?」
    (公平な扱い)「どうすれば公平に扱われていると参加者に感じてもらえるか?」



    問題を解決する

    (問題に気付く)
    「不都合は起こっているか?」
    「何が生じているのか? 何が変化したのか?」
    「問題として取り上げないとどうなるか?」

    (問題を定義する)
    「どのような状態になればよいか?」
    「今、それはどのような状態なのか?」
    「現状が目標の状態になるのには、何をどうすればよいか?」

    (目標から逆算する)
    「目標が達成したとき、今と何が違っているか?」
    「中間目標が達成したとき、今と何が違っているか?」

    (視点を変える)
    「自分が関係者の誰かならば……現状は?目標は?問題?解決策は? それらは自分にとってはどうか?」
    「あなたが全知全能ならば、全知ならば、全能ならば、1000年生きるなら、妖怪なら、悪魔なら、海なら……現状は?目標は?問題?解決策は? それらは自分にとってはどうか?」
    「他人にとっての解決策は、どこを改造すれば自分にとって有効な解決策になるか?」

    「現状を良くも悪くもさせないためにはどうすればいいか?」
    「事態をさらに悪化させるにはどうすればいいか?」
    「最悪の結果をもたらすには何が足りないか?」

    (変化をデザインする)
    「何を追加すればよいか?」
    「何を取り除けばよいか?」

    (実行する)
    「何をすればいいか?」
    「やるべきことはいくつに分けられるか?」
    「最初にすべきことは何か?」
    「今すぐできることは何か?」

    (振り返り問題解決に学ぶ)
    「結果は満足できるものか?」
    「うまく解くことができたか?」
    「はやく解くことができたか?」

    「もう一度、問題に取り組むならどう解決するか?
    「よりよい別の解決策は見つかったか?」
    「教訓は何か?」




    学びを深める

     問いをつくることは学習を深くする。
     問いをつくり問いかけることで、文献に働きかけ、能動的に読むことができる。
     文献が保持する情報を一方的に受け取るだけでなく、問いに自ら答えるために文献を活用することを通じて、文献から新たな知見を引き出すことも可能となる。
     
     問いをつくり問いかけることを通じて、不定形の思考(思いつき)を取扱い、曲げたり叩いたりしながら、形のあるものに変換することができる。
     これは思考を明確化し、論理的に関連付け、根拠を持った主張や整合性をもった理論を生み出す基盤となる。

     リストの前半にある問いは、基本的には調査によって、答えを得ることができるものである。言い換えれば、誰かに質問して答えを求めることは避けるべき問いである。
     しかし知的作業を、その最も底の部分で支える事項であるから軽んじるべきではない。ひとつの言葉について理解が不確かであれば、文献全体が理解不能となるか誤解したままになるかもしれない。
     リストの後半にある問いは、答えるには調査で分かった事項に判断や解釈を加えることが必要になるものである。

    調査で答えを得ることができるもの

    I.言葉を問う

    「この言葉の定義は何か?」
     「何の一種か?上位概念は何か?」
      「種差は何か?同種のものとどこが違うのか?」
     「定義に当てはまるものにどんなものがあるか?」
      「一見当てはまりそうだが該当しないものは何か?」
      「一見当てあまりそうでないが該当するものは何か?」

    「初出は?誰がどこで使った言葉か?」
    「どんな文脈で使われたのか?」
    「その語の意味はどのように変化してきたか?」
    「異なる文脈で使ったのは誰か?それはどんな文脈か?」
    「語源は何か?」



    II.事実を問う

    「何が起こったのか?」
    「いつ起こったのか?」
    「どこで起こったのか?」
    「誰がどんな役割で係わったのか?」
    「どのように起こったのか?」

    [それぞれに]
     「それは何によって確認できるのか?」



    調査だけでは答えを得ることができないもの

    III.関係を問う

    [ある出来事Aに注目する]
    ((共起関係))
     「Aと同時にいつも生じるのは何か?」
     「Aの前にいつも生じるのは何か?」
     「Aの後にいつも生じるのは何か?」
    ((共変関係))
     「Aが増加 拡大すると、増加 拡大するもののは何か?」
     「Aが増加 拡大すると、減少 縮小するもののは何か?」
     「Aが減少 縮小すると、増加 拡大するもののは何か?」
     「Aが減少 縮小すると、減少 縮小するもののは何か?」

    →[取り上げられた二つの事象AとBの関係について、以下を問う]
    (比較)
     「AとBの共通点は何か?」
     「AとBの相違点は何か?」
      「A>Bである側面は何か?」
      「A<Bである側面は何か?」


    IV.理由/原因を問う

     人間は,いくつかの出来事を知覚・認知しただけで、それらが因果的に結びついていると考える傾向を持っている。
     つまり「全ての出来事には原因がある」かのように世界を眺めている。
     このために「何故か?」は人間の本性(あるいは限界)に照らして根本的な問いである。アリストテレスは、「何故?」に答えることが学問の使命であり,どんな学問もものごとの原理 原因を知ることによって初めて本当の知識となる,と考えた。
     一方で、「全ての出来事には原因がある」かのように世界を見る見かたを貫徹しようとすれば、逃れがたい困難に突き当たることが早くから知られていた。
     今日では、貫徹することを部分的に断念し、困難に突き当たる前に踏みとどまるための制約が、多くの学問を通じた共通財産となっている。
     標準的には「何故か?」という問いに直接答えるかわりに、問いを「どのようか?」に変換して答える。
     

    [原因cause→結果result]
    「原因Cは結果Rに時間的に先行するか?」
    「原因Cがあればはいつも結果Rが生じるか?」
    「原因Cがなければいつも結果Rは生じないか?」
    「原因C以外の原因は考えられないか?」
     「原因C以外の条件は同じか?」
     「原因C以外の条件はコントロールされているか?」
     「原因C以外からの影響を分離できるか?」




    ブログ記事を書く

    「どこかに新しいところがあるか? NEW?」
    「行動を喚起するか? ACTION?」
    「具体的なやり方を提供しているか? KNOW-HOW?」
    「理解しやすいか?また実行しやすいか? EASILY?」
    「何か得になるか? BENEFIT?」
    「アイデア(思い付き)の提示に留まらず、事実(ファクト)を含んでいるか?FACT(not only idea)?」
    「読み返したくなるか? REPEAT?」




    少女:それ何語?
    少年:チェコ語。
    少女:なんでそんなの知ってるの?
    少年:知ってるってほどじゃないけど。ウィキペディアで10万記事以上ある言葉は、辞書くらいは引けるようにしてる。でないと読めないだろ?
    少女:……そりゃそうだけど。どうやって勉強したの?
    少年:普通の本を読むのと変わらない。まずは百科事典を引く。
    少女:百科事典?なんで?
    少年:予備調査。まるっきり知らないよりさわりだけでも知ってた方がいろいろ効率がいい。
    少女:よく分からないけど。
    少年:たとえば、これからチェコ語を勉強したいとすると、最初は百科事典で「チェコ語」を引く。
    少女:それ、スマホ? 意外。ケータイなんて持たない人だと思ってた。
    少年:ほとんど携帯辞書になってるけど。EPWING版の百科事典と辞典をいくつか入れてある。紙の本棚だと、これだけでも何メートル分になるけど、スマホだと、ほとんどの本より軽いし小さいし、図書館のどこにいてもその場で複数の事典が引けるから便利だ。


    iDict+


    少女:立ち話しながら事典引くのね。
    少年:チェコ語の項目は、ブリタニカにも、世界大百科にも、大日本百科全書にも、ウィキペディアにもある。
    少女:言語の特長とかどの言語と似てるとか、どこで何人ぐらいの人が使っているか分かるね。
    少年:まだある。教材がなかなか見つからないマイナー言語だと、誰がその項目を執筆してるかも貴重な情報。チェコ語だと、世界大百科だと千野栄一、日本大百科は山本富啓が書いてる。
    少女:そうか。図書館の検索で千野栄一さんが書いてる本を探すのね。
    少年:あと『邦語文献に対する参考調査便覧』で調べるとを、チェコ語のところは、

    889 チェコ語
    【1】チェコ語の辞書 千野栄一→私の辞書 丸善1973
    【3】チェコ語のしくみ 金指久美子 白水社2007
    【3・7】チェコ語大辞典 ローマ字付 菊池正雄編 武田書店1999
    【7】チェコ語=日本語辞典 京都産業大学出版会1995 ◆現代チェコ語日本語辞典 小林正成編 大学書林2001

    となってる。チェコ語の辞書紹介を千野栄一がやってるのが分かる。さっき執筆者の名前をチェックしておいたから目にとまるでしょ?
    少女:うん。
    少年:あと『チェコ語のしくみ』(これは入門書)や『チェコ語大辞典』には、巻末に参考文献リストがあるのも分かる。こういうのを見て、どんな本があるかを拾っていく。
    少女:この『私の辞書』って何?
    少年:丸善のPR誌に『学鐙』というのがあるんだけど、そこでの連載で、各国語の専門家が辞典や語学参考書を紹介するシリーズが元になってできた本。マイナー言語だと他に情報がないことも多いから、辞書だけじゃなくて語学書一般を紹介してあって便利。あんまり知られてないからAmazonで200円くらいで売ってる。


    私の辞書 (1973年)私の辞書 (1973年)
    (1973)
    小林 英夫

    商品詳細を見る


    少年:あと、連載すべてが本になったわけじゃないので、『学鐙』のバックナンバーがあればそれも見るといい。たとえばヘブライ語だと、長谷川真が書いた「イスラエル・ヘブライ語の辞書」が書籍『私の辞書』にあるけど、『学鐙』には他に前田護郎が書いた「ヘブライ語への招き」「学鐙」66(7)(1969)って記事がある。
    少女:予備調査して、どんな本があるかを拾って、文献リストをつくるの?
    少年:この場合は学習資源リストかな。
    少女:ものすごい数になるんじゃない? 全部見るの?
    少年:全部は見切れないけど、テキストを決める前に一通りのリストは作る。誰がいつどんな語学書を書いてるか知るだけでも意味があると思う。その分野のキーパーソンが分かるし,古くても良い本は、調べているうちに何度も名前を見ることになるから、自然と馴染みになるし。繰り返し登場して忘れられてく本のパターンも分かる。それに英語ならともかく、マイナーな言語だと、そこまで長いリストにならないよ。
    少女:その次に、どの本で勉強するか決めるのね?どうやって選ぶの?
    少年:手に入るうちで、できるだけ薄い本にする。できれば200ページ以下。でも、手に入りそうなテキストはなるべく手に入れておく。ある本でよくわからなくても、別の本の説明で疑問が氷解するのは、よくあるから。
    少女:テキストはどうやってやるの?
    少年:やり方も普通の本を読むのと、あまり変わらない。目次や序文を読んで本の章立てやページ配分を頭に入れて、それからまずは一通りできるだけ速く最後まで見る。
    少女:そんなので頭に入るの?
    少年:当然入らない。最初はどこに何が書いてあるか、ざっと分かればいい。目次だけ見てても内容が想像できないと頭に残らないから、目次を熟読するのと全体を最後まで流し読みするのは一対なんだ。
    少女:その次は?
    少年:流し読みの範囲を狭めながら繰り返す。最初は本全体を流し読みしたけど、2回目は大きなくくり全体,その次はこれから読む章全体、次は節全体…って感じ。
    少女:繰り返し読むのね。
    少年:その日メインでやる部分は書き写す。ほんとはいつもやったほうがいいけど、実際やれてるのは文字が難しい言葉のときだけかな。前はノートに書いてたけど、今はiphoneのFastFingaって手書きアプリで書いて、Evernoteに放り込んでる。かさばらないし、すきま時間に復習しやすいから。


    FastFinga



    Evernote



    少女:文字が難しくない言葉って? あ、普通のアルファベットを使うもの?
    少年:そう。そっちはi暗記っていうアプリに、その日やった箇所に出てくる例文とか単語を放り込んでる。これもすきま時間の復習用。一度入力しておけば、復習のタイミングはおまかせにできる。正誤率を反映して、スペースド・リハーサルになるようなタイミングで繰り返し復習できるので。


    i暗記


    少年:あとは出てくる例文の音読。やってるのはこれくらいかな。こうして薄い入門書が終わると、基本的な文法と頻出語1000語くらいが頭に入ることになる。
    少女:うーん。
    少年:薄くても一冊やっておくと、厚手の文法書をやっても知らないことは半分くらいになってる。最初の一冊もそうだけど、まず知ってる部分をわずかでも作って、そこを拠点に知らないことを知ってることに結び付けていくと効率的。最初の薄い一冊も、厚手の文法書の中に自分の知ってる拠点をつくるため。うろおぼえだと薄氷の上に踏ん張ってるみたいになる。ぐらぐらして、そっちに認知資源を消費するから、量は少なくても反射的に出るくらいまで、最初の一冊の内容は固めとくと、あとが速い。
    少年:厚手の文法書も、同じように繰り返し読んで、出てくる単語と例文はみんなi暗記に入れて進む。
    2冊くらい終わると、辞書を使えば、その言葉で書かれたウィキペディアが読めるようになってる。自分の語学は調べもの用だから、百科事典を使えるレベルが最初の折り返し点。