革命なんかなくても、資本主義はだらだら社会主義になる、とシュンペー
    ターは考えていた。
     資本主義は常に革新を要求する。競争して一歩でも前へ出ることを要求す
    る。新製品やら新方式を要求する。人物像も個性的で独創的であるのが求めら
    れる。
     ところが、時代はやがて低成長期に入る。十分すぎる生産性と生産力を備え
    た私企業部門では、いままでのような大躍進は望めない。企業が大規模化しそ
    の中で官僚化が進む。企業数も減り寡占が進み、競争も減っていく。独創性の
    ない人たちが会議と談合で会社運営するようになる。ところが今までの流れで
    育ってきたエリートたちは、発明とチャレンジでもって大躍進を望む連中であ
    る。そして創意工夫を必要とし、またそれによって大躍進を望めるのは、今ま
    でなおざりにされてきた公共部門である。今まで経済発展に投入されてきた彼
    等の力はこの分野にそそがれる。
     公共部門の発展は、特に教育機会の拡大を通じて、今まで一部の階層に独占
    されてきた知識人への門戸を、あらゆる階層へと開放する。その結果として、
    公共部門の発展によって生まれてきた知識人たちは、政策評価・体制批判を公
    共部門優先するものに、左翼同情的なものにするだろう。国家運営に携わる官
    僚たちも、知識人と同様の教育を受けているので、多かれ少なかれ知識人たち
    のように考え、立案する。公共部門の発展に正(プラス)のフィードバックが
    働き、この方向にますます拍車がかかる。
     ところでシュンペーターはこの先を考えなかった。彼はケインズをちっとも
    理解しなかったけれども、このような低成長期は、セーの法則(供給が需要を
    作り出す)がもはや妥当しなくなった時期である。作れば作るだけ物が売れる
    時代が終わり、貯蓄がすべて投資に回される時代が終わる。高い生産性と生産
    力が吐きだす供給に、需要が追いつかない。需要を嵩上げするものはもはや公
    共部門しかないのだが、あまり「よいこと」をしてしまうと、生産力向上につ
    ながってしまって(「これからの国」にはそれでいいのだが)、ますます需要
    が追いつけなくなって元も子もない。経済的には公共部門は本来的にムダであ
    るべきなのだ。ケインズが失業を減らすには、お札を瓶に詰めて土に埋めそれ
    をまた掘り返すとよい、といってるのがそれである。
     公共部門は本来的にムダなのだから、あまりに増大すると、社会全体の効率
    を低下させ、国際競争に不利になり、国際収支が悪化する。物の値段はあがる
    が、景気がよくなるわけではない、ぐずぐずしたスタグフレーションも起こ
    る。当然批判・反動化が生じ、左翼化が進んだのとは逆のプロセスで右翼化
    (国家主義ではなく新自由主義への)が進む。
     サッチャーリズム、レーガノミクス、規制緩和、構造改革……。

    資本主義・社会主義・民主主義資本主義・社会主義・民主主義
    (1995/05)
    J.A. シュムペーター

    商品詳細を見る


    シュムペーターのヴィジョン―『資本主義・社会主義・民主主義』の現代的評価シュムペーターのヴィジョン―『資本主義・社会主義・民主主義』の現代的評価
    (1983/01)
    A・ヒァチェ

    商品詳細を見る


    資本主義と自由 (日経BPクラシックス)資本主義と自由 (日経BPクラシックス)
    (2008/04/10)
    ミルトン・フリードマン

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/109-beb6683d