上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

     ルキアノスはあらゆる空想物語の父である。

     『ユートピア』を書いたトマス・モアは、ルキアノスがやりたくてギリシャ語の勉強した。
     天才天文学者ヨハネス・ケプラーは、『夢(ソムニウム)』の中で、娯楽としても宇宙論としても、ルキアノスのこの物語を持ち上げてる。

     ルキアノスがいなければ、その作品が残らなければ、『ガルガンチュワ物語』のラブレーも、そして彼よりセンス・オブ・ワンダーで勝り学識では劣るスウィフト(『ガリヴァ旅行記』『樽物語』)もなく(どうでもいいけど、この本の解説って四方田犬彦だね(笑))、さらには『月世界旅行記』を書いたベルジュラックもなく、だったらメリエス(映画監督・奇術師)だって特撮映画「月世界旅行」を作れなかったかもしれず、いまでも映画といえば工場の入口をただ写してるみたいなのばかりで、円谷英二もなければスピルバーグもなかったかもしれない。


     と書けば、すごく面白いように思えるが(元祖を尊ぶのは我々の悪い癖だ)、いまでは素直にルキアノスを楽しめるのは(あるいは古代ローマにこんなスゴイ書き手がいたのかと楽しめるのは)、かなりナイーブな読者だけだ。
     もちろん本を読むのにナイーブで悪い訳がない。パロディに心躍らせることができるものは幸いだ(風刺に感心できる人もそうだ)。

     もっとも『ソフィの世界』を読むくらいなら、ルキアノスの「命の競売」(「哲学諸派の売り立て」)を読んだ方がいい(それより日本随一のスピノティスト中島敦の「悟浄出世」の方が数段上だけど)。
     ゼウスがヘルメスを場立ちにして、ピタゴラスをはじめディオゲネス、ソクラテスなどの哲学者の魂を次々オークションにかける。
     高値でつくもの、ただ同然の者、売れ残るもの(笑)もいる。
     ソクラテス10円安、とか、そういう話。
     これには、二足三文で売られた「哲学者の魂」が、ルキアノスのところへ復讐に来る続編がある(「漁師」)。


    本当の話―ルキアノス短篇集 (ちくま文庫)本当の話―ルキアノス短篇集 (ちくま文庫)
    ルキアノス,呉 茂一

    筑摩書房
    売り上げランキング : 481765

    Amazonで詳しく見る

    遊女の対話―他三篇 (岩波文庫 赤 111-2)遊女の対話―他三篇 (岩波文庫 赤 111-2)
    ルーキアーノス,高津 春繁

    岩波書店
    売り上げランキング : 509758

    Amazonで詳しく見る by AZlink

    神々の対話―他六篇 (岩波文庫 赤 111-1)神々の対話―他六篇 (岩波文庫 赤 111-1)
    ルキアーノス,呉 茂一,山田 潤二

    岩波書店
    売り上げランキング : 647039

    Amazonで詳しく見る by AZlink

    ルキアノス選集 (叢書アレクサンドリア図書館)ルキアノス選集 (叢書アレクサンドリア図書館)
    岡 道男,中務 哲郎,内田 次信

    国文社
    売り上げランキング : 1012374

    Amazonで詳しく見る







    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/11-c88d0830
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。