露伴の『努力論』によれば、「惜福」と「分福」と「植福」というのがある。

     これが分かれば、あなたも幸福になるかもしれないから、まあ少し話を聞きなさい。

     世の中には運がある人ない人がいるようだが、もう少し詳しく見ると、ちょっと違う。

     たとえば幸運がよく巡ってくる人は、「惜福」がある人だと露伴は言う。
     「福の惜しむ」というのは、幸福に対してケチケチすることではなしに、逆に幸福に対してガツガツしないこと。たまたま巡ってきた幸福を使い尽くさないで、天に預けておく。そうすると福(ラッキー)に巡り会う確率がアップする。

     自分に回ってきた福を独り占めしないで、一部は人に分け与えるようにするのは「分福」である。この工夫で、より大きな福(ラッキー)が来ることになる。
     レヴィ・ストロースもいうように、あるいは『金持ち父さん』もいうように、人間は、本当に欲しいものを、誰かに与える(プレゼントする)ことを通してしか、手に入れることができないのである。

     幸運の女神が好むところを知り、女神が立ち寄る種をつくること、「福を植える」こととして「植福」という。

     こういう幸福三説に『努力論』はかなりのページが割いている。

     『努力論』は「努力しろ」とか「努力して成功しろ」という自己啓発モノでなく、「努力してるのに、さっぱりだ」という人向けに、露伴が頼まれて書いたもの。頼む方も方だが、引き受ける方も方だ。
     そして、露伴はやっぱり露伴だった。

    努力論 (岩波文庫)努力論 (岩波文庫)
    (2001/07)
    幸田 露伴

    商品詳細を見る


    金持ち父さん貧乏父さん金持ち父さん貧乏父さん
    (2000/11/09)
    ロバート キヨサキシャロン・レクター(公認会計士)

    商品詳細を見る


    現代思想のパフォーマンス (光文社新書)現代思想のパフォーマンス (光文社新書)
    (2004/11/13)
    難波江 和英内田 樹

    商品詳細を見る
    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/110-7164b20a