辞典や百科事典はどう頑張ったて、たかだか当世の「高名な学者たち」なんかが執筆するにすぎない。基本的にとってもコンテンポラリーなものだ。しかも最近はそれを売りにしていたりする。浅ましい限りである。

     そんな「新しい辞書」で、たとえば「あしか」の項目を引いてみるとよい。「あしか」についての、「現代」の(つまり辞書編集当時の)知識が手に入るという訳だ。

    アシカ【海馬・葦鹿・海驢】  [広辞苑]
    (アイヌ語)
    * アシカ科の哺乳類の総称。アシカ・オットセイ・トドなどを含み、六属一三種。また、その一種。雄は体長約二・四メートルで焦茶色、雌は約二メートルで、色はやや薄い。乱獲のため日本近海では絶滅、現在カリフォルニア近海とガラパゴス付近のみに分布。ウミオソ。ウミウソ。ミチ。〈和名抄一八〉
    *(アシカはよく眠るのでいう) (いつも眠たがる)新造(シンゾウ)*の異称。川傍柳「四五匹つれて出るいい女郎」


     しまった。意外に面白い。

    アシカ(海驢∥葦鹿)  [平凡社世界大百科事典]
    (あしか)

    食肉目鰭脚(ききやく)亜目アシカ科 Otariidae に属する哺乳類の総称。狭義のアシカはカリフォルニアアシカ Zalophus californianus californianusとニホンアシカ Z. c. japonicus を総称して呼ぶ。このうちニホンアシカがすでに絶滅したため,単にカリフォルニアアシカをアシカと呼ぶことが多い。カリフォルニアアシカは北太平洋のアメリカ沿岸に5万~10万頭が生息している。雄は体長2.3m,体重300kg に達するが,雌は1.9m,90kg くらい。全身黄褐色から焦茶色の体毛で覆われる。前・後肢ともひれ状で裸出し黒色。第2~4指のつめがひれ状の四肢中央背面にあり,毛すき,身づくろいなどをするのに役に立つ。オットセイのように体毛に綿毛がないので毛皮としては適さず,皮も薄く,なめしても使いみちが少ない。雄は5~7歳で成熟し,くびの毛足が長くなり,たてがみ状に毛が厚くなるので,英語で sea lion という。繁殖期は6~8月で,小さいながらハレム(雌5~10頭)をつくる。1産1子で乳頭は4個。生まれた子は体長75cm,体重5~6kg。毛は黒みがかっている。魚類,イカ,タコを好んで食べる。人になれやすく,飼育学習によりいろいろな芸を仕込める。
     アシカ科には狭義のアシカのほか,オットセイ,トド,オタリアなど7属14種が知られている。アザラシ科に比べては小さい。もっとも大型の種はトドである。雄は体長3m,体重1.6t,雌は体長2.5m,体重1t であり,ミナミゾウアザラシの半分でしかない。もっとも小型の種はナンキョクオットセイで雄は体長1.9m,体重130kg となるが,雌は体長1.3m,体重50kg と非常に小さい。前・後肢ともアザラシ科より大きく,後肢は前方に曲げられる。前肢はオール状をし,体長の1/3以上ある。四肢は毛が生えず裸出している。前肢の指は第1指がもっとも長い。耳介を有し,最大5cm に達する。体幹は細長く,紡錘形をしている。四肢により陸上を歩行,走行できる。皮下脂肪はアザラシ科よりはるかに少ない。歯冠部は茶褐色を呈し,犬歯は大きい。アザラシ科のように新生子毛を有さない。
     全世界に分布するが,アザラシ科とは逆に北半球に4種と少なく,南半球に10種と多い。アシカ科はアザラシ科よりずっと低緯度に分布し,海氷が発達する高緯度海域には出現しない。北半球の中・低緯度地方は人類をはじめとする外敵が多く種数が少ない。南半球は外敵などが少なく,南アメリカを中心に南大洋(なんたいよう)(南極海と亜南極洋)の島々で種分化が進み種数が多い。とくにミナミオットセイ類は7種と多い。北大西洋にはアシカ科は分布しない。北太平洋にはキタオットセイ,トド,カリフォルニアアシカ,グアダルーペオットセイの4種が北から南に分布している。北太平洋の東西でキタオットセイ,トド,アシカが同緯度で分布していたが,ニホンアシカが1951年竹島から姿を消して以来,北太平洋の東西の分布は対応していない。
    [生態] アザラシ科に比較して明確な回遊をし,とくにキタオットセイの回遊は壮大である。もっとも長距離の場合ベーリング海のアラスカに近いプリビロフ諸島から日本の三陸沖にまで約7000km に及ぶ。トドも数千 km の回遊をするが,南半球のミナミオットセイはあまり長距離の回遊をしない。アシカ科の生息数は,アザラシ科に比較して非常に少なく400万頭でありアザラシ科の1/7程度である。このうちキタオットセイが180万頭で45%を占め,もっとも多い。次いでミナミアフリカオットセイで87万頭。もっとも少ないのはチリ沖に分布するフアン・フェルナンデスオットセイで700~750頭と推定されている。
    [生態] アザラシ科に比較して明確な回遊をし,とくにキタオットセイの回遊は壮大である。もっとも長距離の場合ベーリング海のアラスカに近いプリビロフ諸島から日本の三陸沖にまで約7000km に及ぶ。トドも数千 km の回遊をするが,南半球のミナミオットセイはあまり長距離の回遊をしない。アシカ科の生息数は,アザラシ科に比較して非常に少なく400万頭でありアザラシ科の1/7程度である。このうちキタオットセイが180万頭で45%を占め,もっとも多い。次いでミナミアフリカオットセイで87万頭。もっとも少ないのはチリ沖に分布するフアン・フェルナンデスオットセイで700~750頭と推定されている。
     アシカ科の特徴はすべての種が陸上で繁殖する点にある。陸上での集団繁殖は,集団でいることによって外敵の発見を早める効果をもつが,一方では雄どうしの闘争を促し,ハレムというきわめて特異な繁殖様式を獲得した。同時に雄の体は大きく,雌は小さい(性的2型)。雄にはたてがみも見られる。ハレムの大きさは種類によって異なるが,もっとも大きいものはキタオットセイに見られ,1頭の雄が60頭の雌をテリトリー内にもつこともある。一般にミナミオットセイのハレムは非常に小さく,数頭の場合もあり,性的2 型も小さい。(以下略)


     ……読みふけってしまった。

     いや、しかし、「あしか」そのものではなく、これまでの「あしか」についての古人の考えやイメージ、彼らは「あしか」の何を知り、また彼らにとって「あしか」とは何だったかを知ろうと思えば、それぞれ古い文献に当たるしかない。いや、辞書というのは、いつもお手軽に事を済まそうという人のためだけに便利なのであって(便利でしかないのであって)、本当のところを調べようとおもえば、結局のところ自分で文献その他に当たるしかないのである。

     けれど人が文字を書き始め、記録を取り始め、考えを記しはじめたのは、昨日今日の話ではないのだから、古来より蓄積の上に蓄積されてきた膨大な「書かれたもの」をいちいち調べて、「あしか」が載っている載ってないをいちいち探すのは、とっても骨折れだ。人は「あしか」以外にも、人生を費やしあるいは愛を注ぐべきものがあるのではないだろうか(たとえば「いるか」とか)。

     便利がいけない訳ではない。便利がいい。便利サイコー!
     要は、このめんどくさい仕事をこなすには、辞書はちっとも便利じゃないってことだ。しかし、ここに、もう「あしか」について古文献を探してくれている人がいた。それどころか「あしかが」や「あじあ」についても、否、ほか何万項目もの事項についても、「どの文献の、どこに載っているか」を彼は調べておいたのである。その名も物集高見(名前だけでもすごい名前だ)、そして本の名前は「群書索引」である。なんという歓喜!なんという便利!

     「群書索引」によれば、「あしか」は和名抄の十八や大和本草の十六の二十やなんかに登場することが分かる。
     しかし、手元に、あるいは足を運んだ図書館に「和名抄」や「大和本草」や「和漢三才図絵」がなかったらどうすればいいのか(そんな図書館には火をつけるべきか)? せっかくの文献名も、載ってる場所も、わかったのに、もはやなす術はないのか。

     しかし本というものは、たとえその存在を知ったにしても、基本的には「ない」か「手に入らない」ものなのである。とりわけ、今より発行部数が少なく、流通機構の発達していない時代はそうだった。本そのものが貴重品で、持っている誰かを捜し当てても、見せてもらえないことなど日常茶飯事だった。

     しかしである。我らが物集高見は、期待を裏切らない。ちゃんと「どこに載っているか」だけでなく、「どんなことが載っているか」を抜き書きした本を、ちゃんと作っておいてくれたのである。

     その名も『廣文庫』。ちっとした図書館なら必ず持っている。

     これさえあれば、他の本はなくとも、とりあえず「あしか」についての古文献の該当個所だけは読むことができる(もちろん他の数多の項目についても、ちゃんと抜き書きしてある)。この成果を逆に述べれば、国書のエッセンスを五十音順項目に整理編集した、百科項目型巨大テキストデータベースができたことになる。百科事典を書くのは高々現代人と現代諸学の成果だが、このデータベースにあっては国初(くにはじめ)から維新までの日本歴代の膨大な文献とそれを書いた歴代の知性たちが、お相手する。

     同種のものに、官製の『古事類苑』があるが、こっちは分野別編集。何人もの学者と資金と時間をふんだんに投入しての編集だけに、文献の博捜も『廣文庫』を上回るが、一つ項目をとれば、雑書からの引用も多い『廣文庫』の方が、奇談伝説の類もたっぷり採り入れて奥行きが深い(時々に帰って来れなくなりそうである)。分野別でなく、50音順というのも『廣文庫』の「すばらしさ」に拍車をかけている。こういうのこそ、普通の人が普通に使った方がおもしろい。

     たとえば「いぬ」の項には、以下のような小項目が立項されている。

     「犬の歳」「犬、雲を悦ぶ」「白狗」「五色の狗」「猟犬」「猟犬の鈴」「むくげ犬」「唐犬」「契丹の犬」「えぞの犬」「大犬」「四牙の犬」「五足の犬」「角ある犬」「角ある犬」「両首の犬」「人面の犬」「犬の名」「犬を闘わす」「犬、虎と闘ふ」「狗を好む」「犬を飼ふ」「狗、子を数多飼ひし人」「犬の疾病」「狂犬」「犬に噛まれたる時のしわざ」「犬毒」「犬を威す方」「犬、子を愛す」「子を多く育てたる犬」「犬、雛雉を育む」「雉、乳犬を養はんとする」「犬、牛を養ふ」「犬、子を御帳の内に生む」「犬子、脇より生まる」「雄狗、子を生む」「犬、主人を護る」「犬、主人に銭塊をとらす」「犬、主人を救ふ」「犬、主人の屍を守る」「犬、主人の忌日に精進す」「犬の殉死」「犬、位を賜ふ」「犬にも友誼あり」「孝犬」「義犬」「日参の犬」「犬、消息の使をす」「犬に荷物を牽かしむ」「犬の自殺」「犬、讐に報ゆ」「犬の怪」「人、犬に生まる」「犬、狐と交る」「人、犬と交る」「人と犬の夫婦」「犬、地中より出づ」「狗人國」「犬のたまひ」「犬の肉」「犬の皮」「犬頭の社」「犬塚」「犬寺」「犬の法事」「酒屋の狗」「犬、石に吠ゆ」「犬、常に変わるを吠ゆ」「犬の遠吠」「犬、天上に吠ゆ」「一犬、形に吠え、千犬、声に吠ゆ」「狗を磔にす」「桀の狗」「南犬、雪に吠え、風に吠ゆ」「狡兎死して走狗烹らる」「煩悩の犬」「犬と猿と」「犬を一疋、二疋といふ」

     さて、ついでだが、物集高見はもちろんすごいが、その長男 物集高量は、輪をかけてものすごい人物。しかも、ものすごく長生きした。ウィキペディア「物集高見」の項目が、かなりいい。

    koubunko.jpg






    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/126-20499977