猫は年4回発情する(交尾期がある)が、寒明けのが一番盛んである。なので、「猫の恋」は春の季語。ついでに言うと、鹿は秋に交尾し、妊娠期間は8カ月。したがって「孕鹿はらみしか」は、春の季語。

     恋過ぎて盗みの猫と叩かるる  石塚友二

     ちょっと面白い。「猫」も恋するが、「人」も恋する、ちょっと面白い。

     恋猫の恋する猫で押し通す   永田耕衣

     「恋猫」は、「浮かれ猫」で、春先に、にゃーにゃーうるさいやつがそれである(これも当たり前)。「恋する猫」は、人(他人)にゃ迷惑なもんだ、でも「押し通す」のは、いっそいい。

     おそろしや石垣壊す猫の恋   子規


     これなどは「押し通す」どころの騒ぎでない。何が「写実」だ、パワー俳句。
     露伴が言ってるけど、「俳句の写実は、フィックスで撮るというのでなきゃいけねえ。写真機のおきどころを、ひとつの句で変えるのは関心しねえ」のだそうだ。
     俳句は、「写真」というより「活動写真」なのである。エイゼンシュタインもモンタージュ論の中でそう言ってた、と思った。あるいは映画に触れた、寺田寅彦だったか。

     なお、この句集には
     
     今年はと 思ふことなきにしもあらず

    というものまである。こんな気の抜けるような句を、元旦早々詠んでどうするんだ(もはやカメラがどこにあるか、なんて話ではない)。
     しかもこの句には、「三十而立と古の人もいはれけん」との但し書がある。何が「いはれけん」だ(笑)。

    しかし、なんといっても一番は、

     日蓮の 骨の辛さよ 唐辛子

    である。まいりました。


    子規句集 (岩波文庫)子規句集 (岩波文庫)
    (1993/04)
    正岡 子規高浜 虚子

    商品詳細を見る


    露伴の俳話 (講談社学術文庫)露伴の俳話 (講談社学術文庫)
    (1990/04)
    高木 卓

    商品詳細を見る


    エイゼンシュテイン 映画演出法講義エイゼンシュテイン 映画演出法講義
    (1981/01)
    ニージニー

    商品詳細を見る


    寺田寅彦随筆集 (第1巻) (岩波文庫)寺田寅彦随筆集 (第1巻) (岩波文庫)
    (1963/01)
    寺田 寅彦小宮 豊隆

    商品詳細を見る


    生死(しょうじ)―永田耕衣句集 (ふらんす堂文庫)生死(しょうじ)―永田耕衣句集 (ふらんす堂文庫)
    (1991/01)
    永田 耕衣

    商品詳細を見る


    石塚友二の世界 (昭和俳句文学アルバム)石塚友二の世界 (昭和俳句文学アルバム)
    (1989/12)
    村沢 夏風

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/128-01985f28