「このあたりの数学を学ぶと、こんなことまでできる」シリーズが第1回目が出たまま、そのままになっている。

     実は、ブログで数式を書くのがどんどん面倒くさくなって、何かよいものはないかと探していた。

     とりあえず、記事の先頭に以下のscript一行を追加するだけで数式表示ができるようになるASCIIMathML日本語での紹介)をつかってみる。

    <script src= "http://mathcs.chapman.edu/~jipsen/math/pub/ASCIIMathML/ASCIIMathML.js" type="text/javascript"></script>


     ほんとにこれだけでいい。数式をつかう記事の先頭に入れればよし、数式を頻繁に使うブログならサイドバーに入れておけばいい。これで、コメント欄でも数式が使える。困ったことに、グラフまで描けてしまう。

    $$(ほんとは半角)で囲んだところにTeXの書式通りに書けばいいが、より数式に近く読みやすく書きやすい(1. close to standard mathematical notation -- 2. easy to read -- 3. easy to type)ASCIIMathMLの表記法もある(この場合は``(バッククォート、ほんとは半角)で囲う)。

     以下の表では「ASCIIMathMLでの表記」と「TeXでの表記」としてまとめてみた。なお、記号欄の数式を表示するのにASCIIMathMLを使っている。
     せっかく表にするので、「数式の読み方」もつけてみた。

    (「数学のいずみ」というサイトに「数式記号の読み方・表し方-LaTeXを用いた数式記号のテキスト化」という、とても充実したページがあるのだが、「高校数学における数学記号の読み方」とのことで、偏微分や行列式はない。「PCユーザの為の 数学記号検討委員会」というページはさらに詳細なものだがサーバーから消えている(リンクはInternet Archive:Wayback Machineで保存されているもの))。

     amath(ほんとは半角で)で始めた行から、endamath(ほんとは半角で)と始めた行の間では、``(バッククォート、ほんとは半角)で囲う必要は無い。

    記号 読み方 ASCIIMathML
    での表記
    TeXでの表記
    `1+2` 1たす2
    1プラス2
    1+2 1+2
    `3-2` 3ひく2
    3マイナス2
    3-2 3-2
    `3xx2`
    `3*2`
    3かける2 3xx2
    3*2
    3 \times 2
    3 \cdot 2
    `4-:2` 4わる2 4-:2 4 \divide 2
    `a=b` aイコールb a=b a=b
    `a!=b` aノットイコールb a!=b a \ne b
    `a<=b`
    `a>=b`
    a小(しょう)なりイコールb
    a大(だい)なりイコールb
    a<=b
    a>=b
    a \leqq b
    a \geqq b
    `a/b` a分のb a/b \frac{b}{a}
    `a^n` aのn乗(じょう) a^n a^n
    `root{}{a}` ルートa
    平方根a
    root{}{a} \sqrt{a}
    `root{n}{a}` n乗根(じょうこん)a root{n}{a} \sqrt{n}{a}
    `vec a` ベクトルa
    aベクトル
    vec a \vec{a}
    `vec(AB)` ベクトルAB
    ABベクトル
    vec(AB) \overrightarrow{AB}
    `( a \quad b )` 行ベクトルa,b ( a \quad b )
    `((a),(b))` 列ベクトルa,b ((a),(b)) \begin{pmatrix} a \\ b \end{pmatrix}
    `((a,b),(c,d))` 行列a,b,c,d ((a,b),(c,d)) \begin{pmatrix} a & b \\ c & d \end{pmatrix}
    `detA=|(a,b),(c,d)|` 行列式Aイコール行列式a,b,c,d detA=|(a,b),(c,d)| \det A= \begin{vmatrix} a & b \\ c & d \end{vmatrix} =ad-bc
    `{a_n}` 数列a(エー)n(エヌ) {a_n} \{ a_n \}
    `sum _{k=1} ^{n} a_n ` シグマ、a(エー)k(ケ―)、k=1(ケーイコール1)からn(エヌ)まで sum _{k=1} ^{n} a_n \sum _{k=1} ^{n} { a_n }
    `prod _{k=1} ^{n} a_n ` パイ、a(エー)k(ケ―)、k=1(ケーイコール1)からn(エヌ)まで prod _{k=1} ^{n} a_n \prod _{k=1} ^{n} { a_n }
    `lim_{n ->oo} a_n=\alpha` nが限りなく大きくなるときの数列a(エー)n(エヌ)の極限値はα(アルファ)
    リミット、n(エヌ)→(矢印)∞(無限大)、a(エー)n(エヌ)イコールα(アルファ)
    lim_{n ->oo} a_n=\alpha \lim {n \to \infty} a_n=\alpha
    `f'(x)=lim_{h -> 0} (f(x+h)-f(x))/h` f’(エフダッシュ)x(エックス)イコール、リミットh→0、h分の、f(x+h)(エフエックスプラスエイチ)-(マイナス)f(x)(エフエックス) f'(x)=lim_{h -> 0} (f(x+h)-f(x))/h f'(x)=\lim{h \to 0} frac{f(x+h)-f(x)}{h}
    `d/dx x^2=2x` d(ディー)、dx(ディエックス)x2(エックスの2乗)イコール 2x(にエックス) d/dx x^2=2x \frac{d}{dx}x^2=2x
    `(d^2y)/(dx^2)` d(ディ)2トゥー、y(ワイ) dx(ディエックス)2トゥー
    yの第2次導関数
    (d^2y)/(dx^2) \frac{d^2y}{dx^2}
    `(delT)/(dely)=0` ∂(デル/ラウンドディ)、T(ティ) ∂y(デルワイ/ラウンドディワイ)、イコール0(ゼロ) (delT)/(dely)=0 \frac{\partial T}{\partial y}=0
    `int_0^(2 pi) sin x dx = 0` インテグラル,0(ゼロ)から2π(パイ)まで,サイン、エックス、ディエックス、イコール、ゼロ int_0^(2 pi) sin x dx = 0 \int _0 ^2\pi \sin x dx = 0
    `A sub B` AはBの真部分集合である A sub B A \subset B
    `A sup B` AはBを真部分集合に持つ A sup B A \supset B
    `A sube B` A含まれるB
    AはBの部分集合である
    AはBに含まれる
    A sube B A \subseteqq B
    `A supe B` A含むB
    AはBを含む
    BはAを部分集合に持つ
    A supe B A \supseteqq B
    `A in B` aはAの要素である
    aはAに属する
    a属するA
    A in B a \in A
    `A !in B` aはAの要素でない
    aはAに属さない
    a属さないA
    A !in B a \notin A
    `{x| x<6}` x(の集合)ただしx<6
    x<6を満たす集合
    {x| x<6} \{ x \mid x<6 \}
    `A nn B` AキャップB
    A 交わり
    AとBの交わり(共通部分)
    AインターセクションB
    A nn B A \cap B
    `A uu B` AカップB
    A 結び
    AとBの結び
    AユニオンB
    A uu B A \cup B

    `bar A `
    AバーB
    Aの補集合
    bar A \bar{A}
    `O/` 空集合
    ファイ
    O/ \phi
    `P^^Q` PかつQ P^^Q P \wedge Q
    `PvvQ` PまたはQ PvvQ P \vee Q
    `not P` Pの否定
    ノットP
    Pでない
    not P \neg P
    `P=>Q` PならばQ P=>Q P \implies Q
    P \Rightarrow Q
    `P iff Q` PとQは同値 P iff Q P \iff Q
    P \Leftrightarrow Q
    `AAx P(x)` すべての(任意の) x について、x は P である AA x P(x) \forall x P(x)
    `EEx P(x)` あるxについてPである
    x は P であるようなxが少なくともひとつ存在する
    EEx P(x) \exists x P(x)



    グラフは描写範囲の大きさ、グラフの範囲(例:width=300; height=200)とマス目の間隔(例:xmin=-10; xmax=10;xscl=1)、描く関数(例:plot(x^2))を次のように指定してやれば、下記のようなグラフになってくれる。

    ¥begin{graph}width=300; height=200; xmin=-10; xmax=10; xscl=1; plot(x^2) ¥end{graph}(¥は本当は半角)

    \begin{graph} width=300; height=200; xmin=-10; xmax=10; xscl=1; plot(x^2) \end{graph}

    ¥begin{graph} width=300; height=200; xmin=-1; xmax=1; xscl=1; plot(x*sin(1/x)); ¥end{graph}(¥は本当は半角)

    \begin{graph} width=300; height=200; xmin=-1; xmax=1; xscl=1; plot(x*sin(1/x)); \end{graph} その他の記号については以下

    Operation symbols
    `+ - * ** // \\ xx -: @ o+ ox sum prod ^^ ^^^ vv vvv nn nnn uu uuu`
    (その表記)
    + - * ** // \\ xx -: @ o+ ox sum prod ^^ ^^^ vv vvv nn nnn uu uuu

    Relation symbols
    `= != < <= > >= -< >- in !in sub sup sube supe -= ~= ~~ prop`
    (その表記)
    = != < <= > >= -< >- in !in sub sup sube supe -= ~= ~~ prop

    Logical symbols
    `\and \or \not => if iff AA EE _|_ TT |-- |==`
    (その表記)
    \and \or \not => if iff AA EE _|_ TT |-- |==

    Miscellaneous symbols
    `int oint del grad +- O/ oo aleph ... cdots \ quad qquad diamond square |__ __| |~ ~|` `CC NN QQ RR ZZ`
    (その表記)
    int oint del grad +- O/ oo aleph ... cdots \ quad qquad diamond square |__ __| |~ ~| CC NN QQ RR ZZ

    Arrows & Accents
    `uarr darr rarr -> larr harr rArr lArr hArr hatx barx ulx vecx dotx ddotx`
    (その表記)
    uarr darr rarr -> larr harr rArr lArr hArr hatx barx ulx vecx dotx ddotx

    Greek letters
    `alpha beta chi delta Delta epsi eta gamma Gamma iota kappa lambda Lambda mu nu omega Omega phi Phi pi Pi psi rho sigma Sigma tau theta Theta upsilon xi Xi zeta`
    (その表記)
    alpha beta chi delta Delta epsi eta gamma Gamma iota kappa lambda Lambda mu nu omega Omega phi Phi pi Pi psi rho sigma Sigma tau theta Theta upsilon xi Xi zeta


    (関連記事)
    読書猿Classic 数学にはネイティブはいない:「語学としての数学」完全攻略=風景+写経アプローチ 読書猿Classic  数学にはネイティブはいない:「語学としての数学」完全攻略=風景+写経アプローチ このエントリーをはてなブックマークに追加

    中学数学で「搾取の存在」を証明してみる 読書猿Classic: between / beyond readers 中学数学で「搾取の存在」を証明してみる 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/136-be58520f