雑談(スモールトーク)は、言葉による毛づくろいである。

     重要なのは、何を話すかではなく、どのように話すか(また話さないか)である。
     
     身体に触れなければならない生業の人たちのことを思いだそう。
     見知らぬ他人の身体に触れることは、通常はタブーである。そうした行為が許される職業の人たちでも、相手の心理的障壁は無くなったわけではない。一時的に機能低下させられているにしてもだ。
     だから、少しでも心理的距離を縮めるために、美容師やマッサージ師は雑談(スモールトーク)する。
     もちろん、職業は雑談の必要性を求めても、その技術を保証するわけではない。話を聞けないカウンセラーがいるように、雑談のできない美容師はいる。しかし、あなたや友人が繰り返し指名する者がいるならば、彼らがどのように話すかは学ぶに足りる。あなたが二度と来るものかと思った相手がいるならば、どのように話すべきではないかを学ぶことができる。

     英会話であれ、雑談であれ、会話は話すことを通じてしかトレーニングできない。
     例文や決まり文句を覚えること、発音をブラッシュアップすることは、タタミの上の水泳に等しい。無意味だというのではない。それだけでは身につかない、というだけだ。順序として、まず話してみてから、例文のインプットや発音練習を行なうならば、逆の順序の場合よりも、多くのものを得られるだろう。
     雑談における「タタミの上の水泳」はないのだろうか? いくつかある。しかし話すことを避けては、いずれも意味も効果もないことは言うまでもない。

     雑談における「タタミの上の水泳」その1は、「相手がイエスと答える質問」を考えることである。もちろん、これは「誰を相手にするか?」で異なってくる。具体的に身近な人をターゲットにして、15秒でいくつ考えつくかを試してみよう。できれば書き出すこと。本当にその質問に相手がイエスと言ってくれるか、見なおすことができるし、細かい言い方を変えてバリエーションをもたせることもできる。できれは「イエスと答える」予想確率をそれぞれの質問ごとに予想し書き込んでおくといい。

     その相手と話す機会ができたら、質問の出来を検証する。相手がダイレクトに「イエス」という必要はない。表情を見れば、その質問が「当たり」であったかどうか、確認できる。むしろ表情から確認する力こそ、雑談においては大きなスキルである。
     意識的にであれ、無意識にであれ、ノン・バーバルなサインを拾える人は、雑談能力が高い。まず第一に、余計な言葉で、関係や会話の流れをぶち切ることを回避できる。加えて、話すことに大した内容が無くても、そうした人と話すのは心地好い。いくら話題が豊富でも、こちらの反応を無視して話す人は、ただのおしゃべりかビックマウスにしかなれない。
     
     雑談の能力のうち7,8割までが、ノン・バーバルなサインを拾うことと、ノン・バーバルなサインで相手に合わせること(たとえばうなずくこと)が占める。
     この視点で、誰かが楽しそうに話しているところを観察してみるといい(たとえば携帯で、そこにいない誰かと話している人を)。彼らは実に表情豊かに、身振り手振りもまじえて、ほとんど「どうでもいいこと」を話しているだろう。 
     言葉で嘘をつくより、表情で嘘をつくほうが難しい。

     雑談ベタは、自分のネタを話す事にいっぱいいっぱいで、少しも相手を、相手の反応を見ていない。あるいは悪く解釈できる反応ばかりを拾っている。
     相手があなたに興味を持っていないことが、相手の表情や身振りから分かっても、過敏に反応する事はない。そんなことは、あらかじめわかっていたことだ。だからこそ、あなたは雑談するのだ。

    「最近~~はどうなの?」
     互いに知っている相手で、相手の喋りたい事に予想がつくならば、その話をしてくれるように話題を振ればいい。 

    「すみません。教えていただけると助かります」

    「~へはどう行けばいいですか?」

    「ありがとうございました」「助かりました」

    「寒くなりましたね」「ひさしぶりに気持ちのいい天気ですね」


     ほとんど初級英会話の例文のようになってきた。実のところ、初歩の英会話は、スモールトークのミニマム・セットだ。挨拶、簡単な自己紹介、天候の話題、依頼、そして感謝を述べること。これだけでは、何か意味のある事を話すには足りないが、人として最低限のレベルをクリアするものがそこにはある。

     無論、文化の違いから、そのまま使えぬものも多いだろう。だからこそ、応用力をつけるのにうってつけだ。場面を設定し、受け答えをシミュレーションしてみる。その素材集として、使える。




    (関連記事)

    あなたの地位と人脈は《スモールトーク》が決めている/ダンバー『ことばの起源』応用篇 読書猿Classic: between / beyond readers あなたの地位と人脈は《スモールトーク》が決めている/ダンバー『ことばの起源』応用篇 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    コトバによる「毛づくろい」で人の世は保たれる/ダンバー『ことばの起源:猿の毛づくろい、人のゴシップ』 読書猿Classic: between / beyond readers コトバによる「毛づくろい」で人の世は保たれる/ダンバー『ことばの起源:猿の毛づくろい、人のゴシップ』 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加




    Small Talk: More Jazz ChantsSmall Talk: More Jazz Chants
    (2003/05/29)
    Carolyn Graham

    商品詳細を見る


    Small Talk: More Jazz Chants (Oxford American English)Small Talk: More Jazz Chants (Oxford American English)
    (1986/07/31)
    Carolyn Graham

    商品詳細を見る


    携帯版 英会話とっさのひとこと辞典携帯版 英会話とっさのひとこと辞典
    (1999/02)
    巽 一朗巽 スカイ・ヘザー

    商品詳細を見る


    即効「魅惑術」―30分で異性をゲット!即効「魅惑術」―30分で異性をゲット!
    (2003/12)
    和中 敏郎

    商品詳細を見る


    出会い―相互行為の社会学 (ゴッフマンの社会学 2)出会い―相互行為の社会学 (ゴッフマンの社会学 2)
    (1985/02)
    E.ゴッフマン折橋 徹彦

    商品詳細を見る
    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/142-e311e698