生物の代謝産物は大きく「一次代謝物(primary metabolite)」と「二次代謝物(secondary metabolite)」に分けることができる。

     一次代謝物とは、生体を維持するのに必須の物質群であり、生物に共通に存在するものである。
     例えば、DNA、RNA、蛋白質、炭水化物、脂質など高分子化合物およびその構成単位である核酸、アミノ酸、単糖類、脂肪酸はほとんどの生物にとって欠くことのできないものである。
     その他、高等植物に含まれる繊維質であるリグニン、セルロースも機械的組織の基本的要素であるので、一次代謝物とされる。

     一次代謝物は多く の生物にとって共通の化学成分であるから、ヒトを含む動物は、植物を食べて、その中に含まれる一次代謝物を栄養素として摂取している。

     これに対して、一次代謝系から派生してできたもので、生物にとって必ずしも必須とは目されないものが二次代謝物と称されるものである。

     長い間、植物がそれだけのエネルギーを割いて(コストを支払って)、二次代謝物を作り出すのは何故かが、よくわからなかった。
     よくわからなかった理由は、ヒトは食べて栄養になる一次代謝物を「有益なもの」と決めつけ、そうではない(「人=生物にとって必要でない)二次代謝物を「ムダなもの」と思い込んでいたからである。
     二次代謝物には「ムダ」どころか、植物を食べようとするものにとっては「有害」なものも多かった。
     有害物を含むおかげで、栄養分のある植物がまるごと、「食えない=有用でない」植物とされることすらあった。
     植物の細胞は固い細胞壁に囲まれているから、代謝の際に出てしまう「有害なゴミ」を「排泄」することができず、しかたなく、細胞内の液胞に水分と一緒に溜め込むしか無いのだ、と傲慢にも思ってきた。
     しかし、それは植物を食う側のリクツだった。

     食われる方のリクツからすれば、細胞内に「毒」を溜め込めば、それを食べる動物は死んだり苦しんだりするだろう。
     そのことを学習した動物たちは、その植物を食べなくなる確率が増すだろう。つまり食べられにくくなるだろう。
     そうすれば、その植物の遺伝子は生き残る可能性が高まり、(進化という)長い時間の間には、細胞内に「毒」を溜め込む植物が増えていくと、考えられる。
     「毒」つくり溜め込むコストを支払っても、割が合うことになる。

     先に言った通り、一次代謝物は多くの生物にとって共通の化学成分であるのだが(だから食べて栄養になる)、これに対して、二次代謝物は基本的にそれぞれの種に独自の成分である(だから、選択的にその種を「食べない」という結果を生む)。

     ヒトという種は、しかし、かなりどん欲だった。
     一次代謝物を栄養素として摂取する一方で、二次代謝物を薬用として利用したのである。
     そのために植物を細かく観察し、それぞれの種を同定し、その植物のどの部分にどんな「毒」があり、それは何にどんな効果を及ぼすかについて、知識を積み重ねた。
     ある「毒」は、動物を狩る際の矢じりの先に塗られ、ある毒はヒトの体内に入った異生物を殺して、ヒトの病いを癒す薬として用いられた。

     多くの植物が、二次代謝物として、それぞれの「毒」を蓄えていった中で、それに乗り遅れた植物たちは、ヒトに栽培されることで、世界中に繁殖する道を辿ることになった。
     栽培植物は、「毒」の量が少ない、あるいは、簡単な処理で無毒化しやすい(すり潰して水にさらすだけで食べられる、熱を加えると無毒化する)などの理由から、ヒトに選ばれ、より食べやすい=毒の少ない/毒の御しやすい品種が繁殖していった。
     もっともヒトに食べられやすいということは、他の虫や動物にも食べられやすいということ、たとえば害虫の被害にあいやすい、ということでもあった。
     栽培植物はヒトに、より多くの手間をかけさせることを強いた。
     ヒトは自然に実った実をとって食べることより、はるかに多くの労働をすることになった。

     生物が遺伝子の「乗り物」に過ぎないのなら、ヒトは、栽培植物の遺伝子複製のための「奴隷」である。


    利己的な遺伝子 <増補新装版>利己的な遺伝子 <増補新装版>
    (2006/05/01)
    リチャード・ドーキンス

    商品詳細を見る


    テイツ/ザイガー植物生理学テイツ/ザイガー植物生理学
    (2004/07)
    L.テイツE.ザイガー

    商品詳細を見る
    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/168-9052eb58