2010.01.10 理系は損か?
     いつ誰にだったのか、もう忘れてしまったが「理系は損だ」「苦労は多いが報われない」みたいな話を聞いたように思う。

     さっき思い出してgoogleで検索してみたら、あちこちに似たような話が書かれてる。

     が、どれも毎日新聞科学環境部編『理系白書』という本を元ネタにしているらしい。

     たとえば『生涯賃金の格差、5000万円』(P. 18)。

     その内訳は、というと(P. 23)
    文系の生涯賃金 4億3600万円
    理系の生涯賃金 3億8400万円

    ……ちょっと待て。バブルの頃ならいざ知らず、3億円でも高すぎる。

     よく見ると、
    「ある国立大の理系学部と文系学部(各々の学部の入学時点の偏差値はほぼ同じ)の卒業生全員に調査用紙を送って年収等を調査した所(回答約3400人)、理系の生涯収入の平均が3億8400万円なのに対して、文系は4億3600万円と5200万円の差が出た。
     理系の就職先がメーカ中心なのに対して、文系は金融機関が多いことも有るが、理系より文系の方が昇進しやすいことも影響している」

     「ある国立大」って、ぶっちゃけ、とある旧帝大ですね。
     いや、どこでもいいんですが、「ある国立大~」ってだけでちょっと気をつけた方がいい。
     加えて「年収等を調査した」のに、出てくるのが、何故「生涯賃金の格差」?


    もう少しマシな学歴別生涯年収の表はこちら。
    http://nensyu-labo.com/heikin_syougai.htm

    そしてもう少しマシな学部毎の年収比較はこちら。
    http://careerconnection.jp/review/weekly20090810.html
    以下、文中から引用。
    「キャリコネ(http://careerconnection.jp/)に登録されている豊富なデータのうち、出身大学や学部などの学歴情報がそろっている約2000件を抽出した。
    出身大学は、全国の国公私立の約180大学にまたがっていた。
    まずは、大きく「文理格差」をみる。
    その結果は、表1の通り。理系の大学の出身者は、平均年収が638.9万円。
    これに対して文系は、551万円だった。」

    そして学部別の平均年収。
    「1位は工学部の661.1万円。
    これに続くのが、ほぼ同額の理学部616.1万円と、615.3万円だ。
    理系では、農学部より薬学部が上回った。
    文系では、社会学部が、経済学部や商学部などよりも低くなっている。
    最低は、文学部。他学部の出身者と大きな差が開いて、平均年収は409.5万円にとどまっている。
    就職先には、流通や小売りなどが多い。」




    (関連記事)
    理系は損か?その2 理系は社長(トップ)になれないか? 読書猿Classic: between / beyond readers 理系は損か?その2 理系は社長(トップ)になれないか? 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    philosophyとscienceが「理学」という名を競っていた頃:scienceはいつから「科学」というのか? 読書猿Classic: between / beyond readers philosophyとscienceが「理学」という名を競っていた頃:scienceはいつから「科学」というのか? 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    人から見て「よい仕事」は、本当に儲かるのか?/職業威信スコアと年収の関係をグラフにしてみた 読書猿Classic: between / beyond readers 人から見て「よい仕事」は、本当に儲かるのか?/職業威信スコアと年収の関係をグラフにしてみた 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    読書猿Classic: between / beyond readers 『日本の社会科学を批判する―OECD調査団報告』(講談社学術文庫) 読書猿Classic: between / beyond readers  『日本の社会科学を批判する―OECD調査団報告』(講談社学術文庫) このエントリーをはてなブックマークに追加



    理系白書理系白書
    (2003/06/21)
    毎日新聞科学環境部

    商品詳細を見る

    「理系」という生き方―理系白書〈2〉 (講談社文庫)「理系」という生き方―理系白書〈2〉 (講談社文庫)
    (2007/12)
    毎日新聞科学環境部

    商品詳細を見る

    迫るアジア どうする日本の研究者―理系白書〈3〉 (講談社文庫)迫るアジア どうする日本の研究者―理系白書〈3〉 (講談社文庫)
    (2009/01/15)
    毎日新聞科学環境部

    商品詳細を見る
    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/186-1ad5a8da