上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    pompeii.jpg


     紀元79年8月24日のその朝以降、ポンペイは時間の止まった町である。

     ヴェスヴィオ火山の噴火が「生き埋め」にしてしまった古代ローマの地方都市。
     考古学者たちによって厚さ6mの溶岩と火山灰を取り除かれたとき現れたのは、都市の建物、町並みは無論のこと、まるで昨日までそこで営まれたかのような人々の生活だった。

     たとえば、円形競技場の剣闘士控え室で、高貴な身分の女性と思われる遺体が剣闘士のそれと共に発見された。
     古代ローマの「道ならぬ恋」のひとつが、二千年の時を経て、無粋な考古学者の目の前に引き出された。

     遺跡や遺体ばかりではない。再び太陽の下に現れた古代都市の街角には、今も一万を超える落書きが残っている。
     古代ローマの文明の偉大さを示す公共施設や都市遺跡に、当時の人々の嘆きやつぶやき、ささやかな野心や怒りといった、ポンペイ市民の「肉声」が書き込まれている。
     それも、ついさっき書かれでもしたように。

     たとえば友人や自分たちの代表を議員にしようという「落書きによる選挙ポスター」。
     新しい興業の広告の落書き。居酒屋の壁に書かれた大酒のみの落書き。女の家の壁に書かれた、
     何人もの違った男の名前。来ぬ人を待つ間、街角に書かれた相手の名前。
     そして恋の鞘当て(まるでBBSでのケンカのようだ)。


    (A)「織工のスッケッススは店主の女奴隷のイリスに惚れていやがる。
        あの娘(こ)は、あいつになんて気がないのに。
        でもあいつはあの娘のお情けを願ってるってわけだ。
        書いたのはあいつの恋敵さ。あばよ」

    (B)「お前こそ嫉妬ではち切れんばかりのくせに、水もしたたる粋な伊達男のあら探しなどするな」

    (筆跡から判断してAと同一人物)
       「もう言うことは言ったし、書くことは書いた。お前はイリスに惚れてるけど、あの娘はお前に無関心さ」



    それから愛にやぶれたものの漏らすため息。

    「私は大理石でできたヴィーナスなんて欲しくない」
    「恋をするものはみな死んでしまえ」

     ポンペイの町中に、壁という壁が落書きで埋めつくされている。

     中にはこんな落書きもある。それも同じ文句が、それぞれ違った人によって4箇所も書かれている。

    「おお壁よ! こんなに多くの落書き人の愚行に力を貸して、お前は崩れてしまわぬのだろうか」


    ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 (中公新書)ポンペイ・グラフィティ―落書きに刻むローマ人の素顔 (中公新書)
    (1996/09)
    本村 凌二

    商品詳細を見る


    優雅でみだらなポンペイ―古代ローマ人とグラフィティの世界優雅でみだらなポンペイ―古代ローマ人とグラフィティの世界
    (2004/09)
    本村 凌二

    商品詳細を見る


    ポンペイ―今も息づく古代都市 (INSIDE HISTORIES)ポンペイ―今も息づく古代都市 (INSIDE HISTORIES)
    (2009/03)
    アレックス バタワースレイ ローレンス

    商品詳細を見る


    ポンペイ最後の日[DVD]ポンペイ最後の日[DVD]
    (2009/08)
    不明

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/187-0ea33600
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。