ギリシャ悲劇の上演は古代ギリシャの国家事業であるばかりでなく、当時の都市国家(ポリス)の人口からすれば、大多数といえるほどの観客が(それもポリスの有権者、外国人を問わず)参加できた国民的行事だった。
     それにはコトバと演技、合唱が総動員され、スペクタクルに満ちた祝祭であるだけでなく、ポリスの愛国心をかき立てそれを支えるための強力なメディアであり、その民主制を支えるための市民の教育機関ですらあった。
     伝説その他の知識、思想や正義といった観念を、これほど強く広く伝える(否、体験させる)手段は、もうこの先、生まれないと思われるほどだった。

     アイスキュロスの悲劇のうち、唯一完備した形で現存する三部作『オレステイア』を締めくくる第三部『エウメニデス(慈みの女神たち)」は、この劇を完結するだけでなく、ギリシャ悲劇そのものを完成させ、また完結させたとすら思える。
     事実、この悲劇は、「悲劇の次にくるもの」によって結ばれている。

     夫殺しと(その復讐としての)母殺しという罪の解決は、『エウメニデス』において、法廷にもちこまれる。
     オレステスは、父を殺した母への復讐を、アポロンの神託に従って遂行することを思い出すならば、オレステスがその後狂気に陥って復讐の女神に追われながら方々をさまようことも奇異なら、この解決もいささか納得がいかないものがある。
     なぜ神意(によるそそのかし)の後始末を、法廷が行わなければならないのか。

     実のところ、アイスキュロスが示す「次にくるもの」こそ、この法廷に他ならない。
     事態を解決するのは、もはや預言者や神託のコトバでなく、さまざまな議論を尽くして行われる法廷論争であり、その判決のコトバなのだ。

     つまりこの『エウメニデス』という「悲劇の解決」は、氏族社会からポリスへの、つまり復讐から判決への、「正義」が寄って立ち、また存在する場所の変化と移行を示している。
     これはまた、人々がさまざまな神話や伝承とともに正義と不正を学んでいた「悲劇」という学校が、やがてまもなく、ポリスの「法廷」にとって代わられるだろうことを告げている。

     事実「法廷」はいわば多様な論客と事件とが演じる一種の劇場であり、そして神話や伝説を手放した劇の舞台で演じられることどもはほとんど「法廷」のそれに似通ってくる。
     そればかりでない、「悲劇」は正義と不正を体験させるだけだったが、「法廷」は強力な力を持った正義を実際に作り出す場所であった(あらかじめ結末が決まっている訳ではないから、よくできた劇のようには、必ずしも結論を得られた訳ではないが)。
     これこそ、アイスキュロスが自らの「悲劇」の結末で教えた(あるいは確認した)事実だった。



    ギリシア悲劇 (1) (ちくま文庫)ギリシア悲劇 (1) (ちくま文庫)
    (1985/12)
    アイスキュロス

    商品詳細を見る


    悲劇の誕生―ニーチェ全集〈2〉 (ちくま学芸文庫)悲劇の誕生―ニーチェ全集〈2〉 (ちくま学芸文庫)
    (1993/11)
    フリードリッヒ ニーチェ

    商品詳細を見る


    悲劇の死 (ちくま学芸文庫)悲劇の死 (ちくま学芸文庫)
    (1995/09)
    ジョージ スタイナー

    商品詳細を見る
    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/197-203eb884