一人で読めて大抵のことが載ってる教科書(洋書編)
    というエントリーを書いた時にもらった、はてなブックマークでのコメントで、「学生の輪読資料が公開されてるだけでも、ものすごく読みやすくなる」(id:iteさん)というのがあった。なるほど、そのとおりだ。
     
     1人でも複数人ででも、輪読したレジュメを載せて共有し合うと、読むのがいくらか楽になるだろう。
     どんな内容の本かも分かるし、選書にも役立つ。

     レジュメをwikiに載せるだけなら、参加者の都合のつく時間の同期がとれなくても、なんとかなりそうである。ほんとは対面でやるに越した事はないのだけれど(あー、全然顔出せてない読書会があるなあ)。

     今の自分が使える時間の中で、どれだけレジュメを書くのに割けるかというと、ものすごく心もとないのだが、企画を立てて「場所」をつくるくらいはできる気がする。

     なんかもっと凝った仕掛けも可能かもしれないけど、自分にはちょっと余裕が無い。

     ノンジャンル(なんでもあり)の方が自分は助かるので、開発名は「SoE(Something on Everything)」とかにしたいと思ってる。

     何かよい考え(good idea)なり、オススメがありましたら、教えて下さい。よろしく。






    (関連記事)

    一人で読めて大抵のことは載っている教科書(洋書編):数学からラテン語まで 読書猿Classic: between / beyond readers 一人で読めて大抵のことは載っている教科書(洋書編):数学からラテン語まで 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    読書猿Classic: between / beyond readers 一人で読めて大抵のことは載っている教科書 読書猿Classic: between / beyond readers  一人で読めて大抵のことは載っている教科書 このエントリーをはてなブックマークに追加


    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/200-a2e8d4ae