http://ja.rindoku.wikia.com/wiki/Rindoku_Wiki


    外部のレジュメへのリンクがほとんどだけれど(レジュメがまだない本も2冊ほどあるけれど)、今のところ登録があるのは、本でいうと以下のような感じ。

      Gilbert Strang (1991), Calculus.
      Gintis (2000), Game Theory Evolving.
      Gombrich(1995),The story of art.
      Guyton(2006), Textbook of medical physiology 11th ed.
      Hal R. Varian(1992),Microeconomic Analysis.
      Kandel & Schwartz(2000), Principles of Neural Science, Fourth Edition.
      Sider,Hawthorne, Zimmerman(2008), Contemporary debates in metaphysics.
      Scott(2000),Social network analysis : a handbook.
      アトキンソン(2002)『ヒルガードの心理学(第13版)』
      クラーク(2009)『10万年の世界経済史』
      デカルト『方法序説』
      ノースロップフライ (1980),『批評の解剖』
      ヘーゲル『精神現象学』長谷川宏訳(1998)
      武隈愼一(1998)『マクロ経済学の基礎理論』
      繁桝、他(2006)『ベイジアンネットワーク概説』
      高橋康(1994),電磁気学再入門 : QEDへの準備
      高橋康(2000)『量子力学を学ぶための解析力学入門』
      黒沼悦郎, 藤田友敬編(2007)『企業法の理論 : 江頭憲治郎先生還暦記念』


     知らない人のために、簡単に紹介する。

     輪読レジュメWikiプロジェクトは、輪読で用いたレジュメを共有しリユース(使い回し)することで、本を楽に読もうというプロジェクト。
     既存のレジュメを共有し利用することで、
      * 本の概要や全体像を手早く知ったり
      * 難解な箇所を理解するのに役立てたり
    といったことができる。もう少し突っ込んで、他の可能性に触れると
      * レジュメを出し合うことで、非同期な《輪読会》みたいなものができる
      * 同一書、同一箇所のレジュメが複数集まってくると、もっと面白くなる

     すでに「ゆるふわモテ形而上学読書会」さんが、レジュメを上げて来てくれている。
     他の読書会や輪読会も、どうぞ続いて下さい。お待ちしてます。

     とりあえず、参加者が増えて扱う本が増えてレジュメが増えていくと、マタイ効果ないしスノーボール効果で雪だるま式に発展していくはずなので、そのクリティカル・マスまでこの調子で続けていく。
     
     この本のレジュメが欲しいというリクエストも(すぐには応じられないだろうけど)、プロジェクトを活性化させるので、募集します。


    RindokuWiki.jpg

    難しい本を最後まで読むのに人間が昔からやってきたこと 読書猿Classic: between / beyond readers 難しい本を最後まで読むのに人間が昔からやってきたこと 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    輪読のレジュメを共有できるWikiがつくれないかと思ってる 読書猿Classic: between / beyond readers 輪読のレジュメを共有できるWikiがつくれないかと思ってる 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    輪読のレジュメを共有できるWikiをもう少し具体的に考えてみる(もとい妄想してみる) 読書猿Classic: between / beyond readers 輪読のレジュメを共有できるWikiをもう少し具体的に考えてみる(もとい妄想してみる) 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/209-84d72044