さて、
    デスクトップに貼れる英語の「心臓部」/3つのイラスト 読書猿Classic: between / beyond readers デスクトップに貼れる英語の「心臓部」/3つのイラスト 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    の続きである。

     コア・イメージをつかんだら、今度は実例に当たろう。それもなるだけ多量かつ濃厚な接触がいい。

     翻訳家の柳瀬尚紀氏は、斎藤秀三郎の『熟語本位英和中辞典』を読んで前置詞をマスターしたとどこかで書いている(『辞書はジョイスフル』だっけ?)。

    熟語本位 英和中辞典熟語本位 英和中辞典
    (1991/10)
    斎藤 秀三郎豊田 実

    商品詳細を見る


     手にした人ならご存知だろうが、このとてつもない英和辞典は大正4年初版当時ままで、著者の英語力ばかりか、それを受け止める日本語力さえも見せつけているが(小ネタでいえば「Oh my god!」をきちんと「南無三!」と訳してある)、前置詞の解説及び例文の詳細かつ徹底振りには目も見張るものがある。たとえばwithだけで11ページを費やしてる。

     基本的な単語は、意味の幅が広くて、用例も多岐に及ぶから、その全体をカバーしようと徹底すれば、こうなるのもやむを得ない。読み切るのは、正直(最初はけっこう)つらい。が、くりかえし読んでいると、自分のアタマに変化のきざしを感じるだろう。

     ところが、かつては容易に手に入ったこの辞書(うちにあるのは古書で、どっかの学生の署名入りだが2000円しなかった)も、最近は手に入りにくくなったらしい。
     
     そこで代替案を考えた。

     英日・日英翻訳 - 翻訳訳語辞典 http://www.dictjuggler.net/yakugo/

    という、すごぶる便利なものがある。

    は、信頼できる翻訳家が邦訳した本と、日本語で書かれた本の英訳を出典にして、実際に使われた訳語を集めたデータベースである。
    ・通常の英和辞典にない幅広い訳語が多数収録されており、
    ・例文はすべて原書、翻訳とともに出典が示され、
    ・類語辞典やネット上の辞書ともリンクしてる。

    何かを訳す時には非常に参考になるが、こいつで基本動詞や前置詞を引くと、かなりの膨大なリストができる。ちょっと思い付けないような表現とも出会える。

    本来は引く辞典なのだろうが、基本単語については、熟読するのがよいと思う。

    以下にリンクを作ってみた。どんな例文が出てくるか、サンプルも(膨大なのでほんの一例を引いて)付けてみたのでご覧あれ。なお、出典にあげられている本も、いずれもお薦めできる。

    be
    : 年の頃、~歳
    be maybe eight: 年の頃、八歳くらいだろうか
    フルガム著池央耿訳『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』 河出書房137ページ (All I Really Need to Know I Learned in Kindergarten )。

    have
    : 籠絡する
    one knew one had sb: (人を)籠絡できたと思った
    クランシー著村上博基訳『容赦なく』 新潮文庫531ページ (Without Remorse )。

    come
    : 聞こえてくる
    come faintly through the voices of the bells: 鐘の声越しにかすかに聞こえてくる
    セイヤーズ著浅羽莢子訳『ナイン・テイラーズ』 創元社推理文庫59ページ (The Nine Tailors )。

    go
    : 話をもっていく
    see where sb be going: (人が)どこへ話をもっていこうとしているのか見ぬく
    トゥロー著上田公子訳『有罪答弁』 文藝春秋83ページ (Pleading Guilty )。

    get
    : 連絡する
    get sb: (人に)連絡する
    カーヴァー著村上春樹訳『大聖堂』 中央公論317ページ (Cathedral )。

    give
    : 話して聞かせる
    give sb a brief synopsis of the life of ...: ~の生涯を手みじかに話してきかせる
    クランシー著村上博基訳『容赦なく』 新潮文庫216ページ (Without Remorse )。

    put
    : 話に乗る
    put it succinctly: 憮然としながらも話に乗る
    ストール著池央耿訳『カッコウはコンピュータに卵を産む』 草思社 2巻53ページ (The Cuckoo's Egg )。

    take
    : 嗅ぐ
    take a culminating pinch of snuff: 最後にもう一つまみ嗅ぎたばこを嗅ぐ
    ディケンズ著中野好夫訳『二都物語』 新潮文庫 1巻222ページ (A Tale of Two Cities )。

    make
    : 用意する
    make an out for oneself: 自分の逃げ道を用意しておく
    ハメット著小鷹信光訳『赤い収穫』 ハヤカワ文庫83ページ (Red Harvest )。

    keep
    : 乱れないように注意する
    keep breathing: 息づかいが乱れないように注意する
    デンティンガー著宮脇孝雄訳『そして殺人の幕が上がる』 創元社推理文庫16ページ (Murder on Cue )。

    let
    : 任せる
    let nature take its course: 自然の成り行きに任せる
    メイル著池央耿訳『南仏プロヴァンスの12か月』 河出書房157ページ (A Year in Provence )。

    say
    : 言葉を出す
    say such things: こんな言葉をひょいひょい出す
    夏目漱石著マクレラン訳『こころ』 岩波文庫134ページ (Kokoro )。

    see
    : 話をする
    ask if one can see sb in one's office: ちょっと別室で話をしたいのだが、と(人に)言う
    ギルモア著村上春樹訳『心臓を貫かれて』 文藝春秋336ページ (Shot in the Heart )。

    seem
    : 物腰は~だ
    seem courtly but distracted: 物腰は丁重ながらも他人行儀だ
    セーガン著池央耿・高見浩訳『コンタクト』 新潮文庫 1巻287ページ (Contact )。

    do
    : 流す
    do sb's back: (人の)背中を流す
    デミル著上田公子訳『将軍の娘』 文藝春秋212ページ (The General's Daughter )。



    about
    : 際立った特徴
    strike sb about the man: 男の際立った特徴にと胸をつかれる
    キング著芝山幹郎訳『ニードフル・シングス』 文藝春秋 1巻94ページ (Needful Things )。

    across
    : 上に
    the curtain falls gently across sb's splayed out arm: (人の)、前に伸ばされた腕の上に、そっと最後の幕が降りる
    デンティンガー著宮脇孝雄訳『別れのシナリオ』 創元社推理文庫80ページ (Death Mask )。

    after
    : 弄して
    after a series of impudent manoevres: 一連の厚かましい手練手管を弄して
    ダール著永井淳訳『来訪者』 ハヤカワ文庫21ページ (Switch Bitch )。

    against
    : 無視
    against all precedent: 先例無視
    ル・カレ著村上博基訳『スマイリーと仲間たち』 ハヤカワ文庫227ページ (Smiley's People )。

    among
    : 連れだって
    go down to the boats among those fiends: 悪魔どもと連れだって、ボートに急ぐ
    スティーブンスン著阿部知二訳『宝島』 岩波文庫123ページ (Treasure Island )。

    as
    : 例にもれず
    as ...: ~の例にもれず
    ストール著池央耿訳『カッコウはコンピュータに卵を産む』 草思社 1巻11ページ (The Cuckoo's Egg )。

    at
    : 入ってから
    at the university: 学校へ入ってから
    夏目漱石著マクレラン訳『こころ』 岩波文庫131ページ (Kokoro )。

    before
    : 抜きで
    be up and out before breakfast: 朝食抜きで出かける
    セイヤーズ著浅羽莢子訳『五匹の赤い鰊』 創元社推理文庫51ページ (The Five Red Herrings )。

    between
    : 結婚して
    between those two: その二人が結婚して
    クリスティー著永井淳訳『フランクフルトへの乗客』 ハヤカワ文庫179ページ (Passenger to Frankfurt )。

    by
    : 口から
    be read out by the gaolers of the various prisons to their prisoners: それぞれの監獄で、獄吏の口から直接囚人たちに読み上げられる
    ディケンズ著中野好夫訳『二都物語』 新潮文庫 2巻177ページ (A Tale of Two Cities )。

    down
    : 力がぬける
    get a body down: 体から力がぬける
    トゥロー著上田公子訳『有罪答弁』 文藝春秋123ページ (Pleading Guilty )。

    for
    : 頭上に
    only for sb on this new world: この新天地にいる(人の)頭上にのみ
    アシモフ著小尾芙佐訳『夜明けのロボット』 ハヤカワ文庫 1巻83ページ (Robots of Dawn )。

    from
    : 範囲で
    can figure out the answers from sb's general education and sb's common sense: 一般教養と常識の範囲で問題が解ける
    セーガン著池央耿・高見浩訳『コンタクト』 新潮文庫 2巻85ページ (Contact )。

    in
    : 泛ぶ
    strange expression one had noticed in the face of the portrait: さっき見た肖像画の顔に泛ぶ得体の知れぬ表情
    ワイルド著福田恆存訳『ドリアン・グレイの肖像』 新潮文庫136ページ (The Picture of Dorian Gray )。

    of
    : 風
    the conditioned reflexes of the cold war: 冷戦時代風の条件反射
    ル・カレ著村上博基訳『スマイリーと仲間たち』 ハヤカワ文庫381ページ (Smiley's People )。

    off
    : 上から
    drip off the table and onto the linoleum: テーブルの上からリノリウムの床にしたたり落ちる
    カーヴァー著村上春樹訳『大聖堂』 中央公論95ページ (Cathedral )。

    on
    : 据えたまま
    advise, one's eyes on sb: (人に)目を据えたまま持ちかける
    ライス著小鷹信光訳『時計は三時に止まる』 創元社推理文庫77ページ (8 Faces at 3 )。

    over
    : 枕元で
    over the dying body of sb: (人の)死のうとしている枕元で
    夏目漱石著マクレラン訳『こころ』 岩波文庫131ページ (Kokoro )。

    through
    : 縫うように
    hand sb through the space between the tables: (人の)手を引いて席のあいだを縫うように進む
    マキューアン著宮脇孝雄訳『異邦人たちの慰め』 早川書房64ページ (The Comfort of Strangers )。

    to
    : 承知で
    to discomfort of sb: (人の)不興を買うのを承知で
    フリーマントル著稲葉明雄訳『亡命者はモスクワをめざす』 新潮文庫14ページ (Charlie Muffin and Russian Rose )。

    under
    : 枠内で
    assist under ...: ~の枠内で手を貸す
    ストール著池央耿訳『カッコウはコンピュータに卵を産む』 草思社 2巻77ページ (The Cuckoo's Egg )。

    up
    : 任務
    whatever you're up to: どんな任務か知りませんが
    クランシー著村上博基訳『容赦なく』 新潮文庫 2巻190ページ (Without Remorse )。

    with
    : 籠めて
    speak just now with a good deal of feeling about sth: (物のことを)、ずいぶん実感を籠めて話す
    セイヤーズ著浅羽莢子訳『ナイン・テイラーズ』 創元社推理文庫32ページ (The Nine Tailors )。

    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/216-cd07d00a