上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Rindoku Wiki Rindoku Wiki このエントリーをはてなブックマークに追加

    輪読レジュメWikiプロジェクトは、輪読(→Help:輪読って何?)で用いたレジュメを共有しリユース(使い回し)することで、本を楽に読もうというプロジェクトである。

    レジュメを共有することで、

    * 本の概要や全体像を手早く知ったり
    * 難解な箇所を理解するのに役立てたり

    できないかと考えている。


    読書会や輪読会をやっている人や、やったことがある人が、その時につくったレジュメを提供してくれたり、レジュメの書き手や、外部のレジュメの在り処を知っている人、すでにレジュメを公開している人たちの参加を随時募集している。

     今日現在で、47冊の書籍について、レジュメが集められている。
     リストにすると,こんな感じ。

     更なる参加、サポート、叱咤激励なんかをお待ちしてます。

    総記
    情報科学

      * Segaran(2008)『集合知プログラミング』


    図書館

      * 谷口祥一, 緑川信之(2007)『知識資源のメタデータ』

    数学
    微分積分

      * Gilbert Strang (1991), Calculus.

      * Keisler (2000). Elementary Calculus: An Infinitesimal Approach.

    確率統計

      * 繁桝、他(2006)『ベイジアンネットワーク概説』

    物理学
    力学

      * 高橋康(2000)『量子力学を学ぶための解析力学入門』

      * 伊藤克司(2009)『解析力学』(講談社基礎物理学シリーズ 5)

    電磁気学

      * 高橋康(1994),電磁気学再入門 : QEDへの準備

    生物学
    生態学

      * Fortin, Dale(2005),Spatial analysis : a guide for ecologists.

    医学
    生理学

      * Guyton Textbook of medical physiology 11th ed.(2006).

    神経科学

      * Eric Kandel&James Schwartz(2000), Principles of Neural Science, Fourth Edition.


    人類学
    文化人類学

      * G.ベイトソン(2000)『精神の生態学(改訂第2版)』

    心理学

      * アトキンソン(2002)『ヒルガードの心理学(第13版)』

      * 河野哲也(2006)『心はからだの外にある』


    経済学
    ミクロ経済学

      * Hal R. Varian(1992),Microeconomic Analysis.

    マクロ経済学

      * 武隈愼一(1998)『マクロ経済学の基礎理論』

    計量経済学

      * 田中勝人(1998)『計量経済学』

    ゲーム理論

      * Herbert Gintis (2000), Game Theory Evolving.

    情報の経済学

      * アカロフ(1995)『ある理論経済学者のお話の本』

    経済史

      * クラーク(2009)『10万年の世界経済史』

    経済学史

      * ハンス・ブレムス(1996)『経済学の歴史 : 1630-1980 : 人物・理論・時代背景』

    経営学
    マーケティング

      * 池尾恭一&井上哲浩(2008),戦略的データマイニング : アスクルの事例で学ぶ
      * 古川一郎他(2003),マーケティング・サイエンス入門 : 市場対応の科学的マネジメント

    会計学

      * Palepu Krishna G,Healy Paul M,Bernard&Victor L(2001),企業分析入門

    サービス

      * 近藤隆雄(2007),サービスマネジメント入門 :ものづくりから価値づくりの視点へ

    法学

      * 黒沼悦郎, 藤田友敬編(2007)『企業法の理論 : 江頭憲治郎先生還暦記念』

    政治学

      * Allison(1971),Essence of decision.
      * Viotti & Kauppi(1993)International Relations Theory (Realism, Pluralism, Globalism)
      * ネグリ・ハート(2008)『ディオニュソスの労働 : 国家形態批判』

    社会学

      * デュルケム『自殺論』

      * スピヴァク(1998)『サバルタンは語ることができるか』

      * ウィリス(1996)『ハマータウンの野郎ども』

      * ファノン(1998)『黒い皮膚・白い仮面』

    社会ネットワーク理論

      * Scott(2000),Social network analysis : a handbook.

    社会学史

      * (1997)『ランドル・コリンズが語る社会学の歴史』

    教育学

      * Charles M. Reigeluth (1999). INSTRUCTIONAL-DESIGN THEORIES AND MODELS Volume 2 A New Paradigm of Instructional Theory.

      * 橋本健午(2002)『有害図書と青少年問題 大人のオモチャだった“青少年”』

    地理学

      * ノックス&ピンチ(2005)『新版 都市社会地理学』

    哲学

      * デカルト『方法序説』
      * ヘーゲル『精神現象学』長谷川宏訳(1998)
      * ラッセル(1970)『幸福論』

    形而上学

      * Theodore Sider, John Hawthorne, Dean W. Zimmerman(2008), Contemporary debates in metaphysics

    倫理学

      * Seanor & Fotion eds.(1988),Hare and critics.

    絵画

      * Gombrich(1995)The story of art.

    映画

      * リンダ・シガー(2000)『ハリウッド・リライティング・バイブル』

    文学

      * ノースロップフライ (1980), 批評の解剖

      * 福田和也(1993→2009)『日本の家郷』
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/224-f83e71e8
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。