1916(大正5)年8月21日、数えで50歳の夏目漱石は、次のような激励の手紙を送った。

    勉強をしますか。
    何か書きますか。
    君方は新時代の作家になる積(つもり)でせう。
    僕も其積(そのつもり)であなた方の将来を見てゐます。
    どうぞ偉くなつて下さい。
    然し無暗にあせつては不可(いけ)ません。
    たゞ牛のやうに図々しく進んで行くのが大事です。


    そして8月24日に、もう一通。


    この手紙をもう一本君らに上げます。
    君らの手紙があまりに溌溂としているので、無精の僕ももう一度君らに向かって何かいいたくなったのです。
    いわば君らの若々しい青春の気が、老人の僕を若返らせたのです。

    (中略)

    牛になる事はどうしても必要です。
    吾々はとかく馬になりたがるが、牛には中々なりきれないです。

    僕のような老猾(ろうかつ)なものでも、
    只今(ただいま)牛と馬とつがって孕める事ある相の子位な程度のものです。
     
    あせっては不可(いけ)ません。
    頭を悪くしては不可(いけ)ません。
    根気づくでお出でなさい。
    世の中は根気の前に頭を下げる事を知っていますが、
    火花の前には一瞬の記憶しか与えて呉れません。

    うんうん死ぬ迄押すのです。
    それ丈(だけ)です。
    決して相手を拵(こし)らへてそれを押しちゃ不可ません。
    相手はいくらでも後から後からと出てきます。
    そうして我々を悩ませます。
    牛は超然として押して行くのです。
    何を押すかと聞くなら申します。
    人間を押すのです。
    文士を押すのではありません。



     宛先は、当時20代の芥川龍之介と久米正雄。

     今ではインターネットのあちこちで見掛けるコトバだけれど、この時期に。


    漱石書簡集 (岩波文庫)漱石書簡集 (岩波文庫)
    (1990/04)
    夏目 漱石

    商品詳細を見る


    羅生門・鼻 (新潮文庫)羅生門・鼻 (新潮文庫)
    (2005/10)
    芥川 龍之介

    商品詳細を見る




    (関連記事)


    犀の角のようにただ独り歩め/『ブッダのことば』(スッタニパータ) 読書猿Classic: between / beyond readers 犀の角のようにただ独り歩め/『ブッダのことば』(スッタニパータ) 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加


    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/244-ffa41de8