上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     
     「心」の古訓に「ウラ」があり、「面」の訓に「オモ(テ)」がある。

     古人は、「心」を「ウラ」と読むことができた。そして「面」という漢字に「オモ(テ)」という訓(読み)を与えた。

    「うらなふ」「うらむ」「うらやむ」というのは、みんなウラ(心)の動詞化であり、「おもふ」「おもねる」「おもむく」は、オモ(面)の動詞化である。

     「おもふ」「おもねる」「おもむく」は、オモ(面)の動詞化で、みな「現れたるオモ(面)」と関わりがある。

    「おもふ」はもともと、むしろ思考よりも感情についてのコトバで、表情に(感情などが)現れることをいった。「面(オモ)」が「顔つき」や「面影」を意味するように、感情なんかがオモテに、つまり表情(面)に現れることを意味した。

     我々は、表情をコントロール可能なものだと思っている。
     すぐ顔に出すのは、あまり賞賛されない社会に生きている。
     けれども、表情はもともと意識的にはコントロールしにくいものだ。人間はそういう風にできている(そういう風に進化してきた)らしい。


     ところで、ある時「おもふ」の意味に一大革命が生じた。

     『万葉集』ってのは、やんごとなき連中の恋の歌がたくさん入ってるが、大体は不倫か何かで、結ばれるどころか、表沙汰になった時点でヤバい相手に恋慕してる。

     そのせいかどうか分からないが、『万葉集』に出て来る「おもふ」の半分が「念(おも)」を使って表記してある。

     「念」という漢字は、「今」、これは元の形からして「器の蓋」が元の意味だが、こいつで心(ウラ)を上から抑え込んでる文字だ。
     
     つまり『万葉集』の「おもふ」の半分は、心が表(面)に現れて来ないように抑えられた「おもふ」なのだ。

     『万葉集』で「おもふこころ」と言えば恋愛感情のことだし、「おもひびと」は今と同じ「恋しい相手」を指すけれど、それはそれまでの「おもふ」からすると、かなり違った意味だったのだろう。

     我々がもっともよく使う「思う」の「思」は、心の上に乗っかってるのは、アタマを描いた象形の成れの果てだ。「思」は知情意の全部を含む。だからいま「おもう」と書くとすれば、「思う」としか書きようがない。

     平安末期の漢和辞書『類聚名義抄』には、50の漢字に「おもふ」という訓があててある。
     逆に言えば、50種類の「おもふ」が登載されている。
     そこには「思う」も「念ふ」も「想ふ」も「懐ふ」も「憶ふ」もある。

     そのすべてが厳密に「棲み分け」している訳ではないだろう。
     しかし、常用漢字には「おもう」はただ「思う」一種類しかない。
     なんということだろう。
     常用漢字に従うなら、我々は「念願」し、「想像」し、「懐古」し、「追憶」することはできても、「念ふ」ことも「想ふ」ことも「懐ふ」ことも「憶ふ」こともできないことになる。


     「想ふ」は、「相」(姿、イメージ)を「心」に持つこと。IMAGINEは心象を創出する意味であるが、それに近い。その創出は自由であり(少なくともかなり融通がきく)、あり得ないもの(形象)を「おもう」=目の前におもいうかべるのも「想ふ」である。未だないもの(形象)を「おもう」=目の前におもいうかべるのも「想ふ」である。

     「懐ふ」は、逆に、死者、今はもうないものを「おもう」こと。かつて懐(ちか)しかった人を、懐(なつか)しく、懐(おも)ふこと。

     「憶ふ」は、過去を通じて未来を「憶測」すること。「懐ふ」はひたすら過去に向かうが、「憶ふ」には現在を挟んでの未来への折り返しがある。たとえばノスタルジーは、「かつてあったもの・ことに、再び相まみえることがないだろうこと」を巡って構成される。「失われたもの」への「おもい」ではなく、「失われたものが、今後永久に失われている」についての「おもい」なのだ。我々はもはやそこに帰ることはできない《だろう》、我々はもはやその人の会うことはない《だろう》と、人は「憶ふ」のである。



    図書寮本類聚名義抄―本文影印・解説索引図書寮本類聚名義抄―本文影印・解説索引
    (2005/05)
    築島 裕

    商品詳細を見る


    新訂 字訓新訂 字訓
    (2007/11)
    白川 静

    商品詳細を見る


    万葉集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)万葉集 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
    (2001/11)
    角川書店

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/254-103fc823
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。