上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     「風が吹けば、桶屋がもうかる」ではないが、

     ひとつの出来事(以下の図では「犬が歩く」)について「それからどうなった?」(青色の→)「その前はどうだった?」(赤色の→)を複数考える。
     そして、考えた出来事について、同じことを繰り返す。

     「それからどうなった?」(青色の→)で出て来た出来事からも、「その前はどうだった?」(赤色の→)を複数考える。

     「その前はどうだった?」(赤色の→)で出て来た出来事からも、「それからどうなった?」(青色の→)を複数考える。


    teduka.png


     「もう考えつかない」ところまで、クズ・アイデアを放出しておいて、苦し紛れに出て来たものに、ピンと来るものが(稀に)ある。そこまでは、ひたすら「筋トレ」状態である。

     最初は、既存のプロットを出来事にばらして矢印でつないでおいて、それぞれの出来事から「それからどうなった?」(青色の→)と「その前はどうだった?」(赤色の→)を複数考えていくといい。

     同一のプロットから、別の展開の仕方や別の背景を考えることになる。

     こうしてできた出来事のつながりの一部を取り出して、新しいプロット作成の種にすることもできる。





    (関連記事)
    (拡張テヅカチャートについて)
    いきなり結果を出す→今日書き終えるためのショートショートの書き方マニュアル 読書猿Classic: between / beyond readers いきなり結果を出す→今日書き終えるためのショートショートの書き方マニュアル 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    (プロットのリソース)
    レファレンスこの一冊/プロットにつまったら吉川英治・手塚治虫も使った『大語園』 読書猿Classic: between / beyond readers レファレンスこの一冊/プロットにつまったら吉川英治・手塚治虫も使った『大語園』 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    (物語の作り方)
    これはストーリーをつくるのが苦手な人のために書いた文章です 読書猿Classic: between / beyond readers これはストーリーをつくるのが苦手な人のために書いた文章です 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    物語作者がチラシの裏に書くべき7つの表/もうキャラクター設定表はいらない 読書猿Classic: between / beyond readers 物語作者がチラシの裏に書くべき7つの表/もうキャラクター設定表はいらない 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    物書きがネットを使い倒すための7つの検索 読書猿Classic: between / beyond readers 物書きがネットを使い倒すための7つの検索 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    物書きが悪魔と契約する前に試すべき7つの魔道具 読書猿Classic: between / beyond readers 物書きが悪魔と契約する前に試すべき7つの魔道具 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    マンガの描き方―似顔絵から長編まで (知恵の森文庫)マンガの描き方―似顔絵から長編まで (知恵の森文庫)
    (1996/07)
    手塚 治虫

    商品詳細を見る


    別巻17 手塚治虫のマンガの描き方 (手塚治虫漫画全集)別巻17 手塚治虫のマンガの描き方 (手塚治虫漫画全集)
    (1997/11/14)
    手塚 治虫

    商品詳細を見る

    「第2章 案(アイデア)をつくる」の「1 「案案(アイデア)」をつくるふたつの方法」に、このやり方が出て来ます。


    まんが研究会 (少年ビッグコミックス)まんが研究会 (少年ビッグコミックス)
    (1985)
    石森 章太郎

    商品詳細を見る

    ブログ記事ではチャートでやっているところを、石森 章太郎は、見開きの1枚絵の中でやってみせてくれます。手に入りにくいが、一見の価値有り。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/275-50d1935c
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。