(1)まず快適な場所をさがす。そこで毎日、同じ時刻、静かに1時間を過ごす。しかし1時間半以上にはならないように。その1時間で次の作業を行う。つまり、

    (2)奇数日には、問題に関連するどんなことでもいいので、1時間中ずっと、ノートに書き続ける。同じ文章を何回書いてもかまわない。ただい1時間半以上にならないように。

    (3)偶数日には、前日に書いたノートを読み、それからノートを焼く。

    (4)もし、問題に関する好ましくない考えが、他の時間にわいてきたら、「いまはべつのことをしなくては。このことは正規の時間に考えよう」とひとりごとをいうか、とりあえずメモしておいて、正規の1時間に思い出して、それに集中する。



     この方法は、数日を待たずに悪夢を終わらせ、しつこく意識に浮かんでくる思考を終わらせる効果がある。
     この方法が有効だった理由について、実施したクライエントたちは、次のような感想を述べた。

    (a)これによって問題が客観化された、あるいはより具体化された。

    (b)やっかいな思考を考えなくて済んだ。なぜなら、その種のことを考える時間が別に予定されていたから。

    (c)「わるい」考えが、もはや禁止されないから、ほかのことを考えるのが、かえって容易になった(考えてはいけないとなると、むしろその考えに縛り付けられる。その反対)。

    (d)問題が文字どおり、煙のように消え失せた。

    (e)(あまりに馬鹿馬鹿しい課題なので)なにかほかの「もっとましなこと」をすべきだと悟った。


    短期療法解決の鍵短期療法解決の鍵
    (1994/08)
    スティーヴ ド・シェーザー

    商品詳細を見る


    解決志向の言語学―言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)解決志向の言語学―言葉はもともと魔法だった (りぶらりあ選書)
    (2000/12)
    スティーヴ ド・シェイザー

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/317-c721f0fe