元和の一国一城令(1615年)で廃城となった原城は、寛永14年(1637年)勃発した世に言う「島原の乱」で、一揆側が籠城した場所である。
     平成13年度に行われた原城跡発掘調査で、本丸跡西側の、破壊され埋め込まれていた石垣の前面広場部分から、一揆軍が籠城時に使った推定される建物跡が発掘・発見された。一辺が約2m~3mを測る方形に地面を掘り込んだ半地下式の小屋、すなわち竪穴建物であった。
     この竪穴建物群の検出は、文献や絵画資料で断片的に知られていた一揆勢の籠城の実態の一端を明確にする画期的な成果であった。

     この竪穴建物跡群には規格性があり、家族単位でしかも同一集落を基本に使用したと思われる。発見した竪穴建物は密集しているが、通路を設定するなど計画性の高さを示している。
     また冬場の籠城にもかかわらず竪穴建物では、個別に炉やカマドといった暖房や煮炊きにかかわる遺物や遺構の痕跡が見つかっていない。これらのことから、籠城中に失火で火災を起こさないようにした大名軍勢並みの軍規の存在を物語るものといえる。この点からも一揆勢は寒さに耐えて、高い規律を守ったことが明らかになった。
     また、個別の炉やカマドをもたなかったことは、籠城中の食事が竪穴建物ごとの個別での調理だったのではなく、食料を集中管理して調理し、配給していたことが推測される。
     発掘成果は、一揆勢の原城への籠城はたいへん組織的であり、従来の一揆勢のイメージに対して根本的な再検討を迫るものであった。
    (ソースのURL)http://www.city.minamishimabara.lg.jp/kiji/pub/detail.aspx?c_id=50&id=99&pg=1


     竪穴(式)住居とは、地面を円形や方形に掘りくぼめて、垂直に近い壁や平らな土間(どま)の床をつくり、その上に屋根を架した半地下式の住居である。

     世界的には、後期旧石器時代(例:ドルニ・ベストニツェ遺跡;チェコスロバキア)から新石器時代(例:ケルン・リンデンタール遺跡;ドイツ、廟底溝遺跡、半坡遺跡;中国)にかけてみられるものだが、「日本においては少なくとも縄文時代に現れ、少数ながら江戸時代初期まで存在した住居形式の一」(彰国社編『建築大辞典』第2版, 普及版.東京 : 彰国社,1993年)である。

     縄文時代早期の竪穴住居は、不整形平面から方形・長方形平面をもったものへと整っていき、構造的にはより大きな空間を造るために1~2本の支柱や,合掌あるいは三脚を組んで棟木を支持するようになった。北海道では、後に竪穴住居の定番となる主柱4本を用いた形式が早期の段階で成立したが、他では早期末以降に主柱を採用し,竪穴を深くして屋内空間を広げて、屋内に炉を取り込むことで、雨季・寒季に十分耐え得る住居となっていった。

     縄文時代前期には,長方形平面から円形,楕円形に近い多角形平面に,壁柱方式から壁柱なしに変化し,構造的には大壁構造から,屋根の地上葺き下ろしへ変化する。中期末から後期にかけて竪穴住居の平面形は円形に変化し,再び壁柱が復活して円筒形の大壁を側壁とし,円錐形の屋根をもつ住居が出現する。後期末から晩期にかけて,平面形は円形から方形に再び変化し,規模の大小にかかわりなく主柱4本,大壁構造の建物が成立する。

     このころには、100平方メートルの床面を持つ大型の建物も現れるなど、機能分化も進んだ。竪穴の長辺が10m を超す超大型竪穴住居、いわゆるロングハウスが出現し、これは集落の中心にあって集会等の公共的な用途に使用されたらしい。中期末から後期にかけての張出しをもつ柄鏡形敷石住居や,北陸地方晩期の巨大建築(半割円柱を平面円形に配置し,出入口に張出しを設ける)は祭祀用と考えられる。

     縄文時代には東国に偏在していた竪穴住居は,弥生時代に入って全国的な広がりで隆盛に向かうが,それは米作の普及にともなう食糧の安定供給と人口増加,村落共同体の成立,鉄製農工具の普及による土木・建築技術の向上,耕作地・居住地の拡大など,社会全体の発展によるところが大きい。

     西日本に普及した竪穴住居は、東国で基本タイプとなった4本主柱型とは異なって,平面形は主柱本数に応じた円形に近い多角形平面を示し,土地有効利用のために同位置でひんぱんに建替えを行うなど、むしろ縄文時代中期的な様相を示したものだった。しかし弥生時代後期に入ると全国的に方形平面が多くなり,古墳時代には方形平面主柱4本にほぼ統一される。

     竪穴住居の全国的な普及は古墳時代末までに完了し、その後6世紀ころからまず畿内先進地域の集落で、竪穴住居から床を掘り下げない掘立柱住居への移行が起こって来る。この変化は西日本では急速に広まるが、東日本では、中部・東海地方は8世紀,関東地方は10世紀ころ、東北・北海道の寒冷地帯や中部山岳地帯は13世紀ころまで竪穴住居の集落が残っていた。方形竪穴住居は鎌倉時代の農民が暮らす一般的な住居だった。

     古い資料を見てると、竪穴式住居の歴史はこの辺りで記述を終えることになっている。

     室町時代以降になると、その頃の集落の場所が現在の集落と重なっていることが多く、従来、考古学的発見が難しいとされてきたが、廃城となった城跡遺構や城館跡の発掘などによって、より新しい時代の考古学的発見がなされるようになった。

     その中で、16世紀の城館遺跡である長野県の飯田城跡遺跡で、小型で土葺きの竪穴式住居群が発見されている。
     また東北地方の12~17世紀の城跡・城館跡で掘立柱住居と併用された竪穴住居が見つかっている。
     たとえば16世紀から19世紀幕末にかけて城館や屋敷が繰り返し建てられた岩手県盛岡市浅岸の上村屋敷・柿木平遺跡で、前期に開発されたと考えられる北半分に掘立柱建物33と竪穴建物17による集落跡が見つかっている。
     また神奈川県大和市の見城遺跡で近世の竪穴建物5基が、相模原市津久井城跡で近世以降の竪穴状遺構6基が見つかっている。




     文化5年(1808年)、北蝦夷(サハリン)を探検した間宮林蔵は、スメンクレル、すなわちギリヤークの人々の「穴居(けっきょ)」を目撃している。『北夷分界余話』『北蝦夷圖説』に詳しい絵入りで報告されている。誰がどう見ても竪穴住居だ。

     窟(いわや)は、岩屋と混同されることもあったが、『倭名類聚鈔』には「土屋也、一云掘地為之」とはっきり書いている。『和漢三才図絵』には「穴居を窟と曰ひ、石窟を巌と曰ふ。その深く通るものを洞と曰ひ、山穴が袖に似たるところを[山由]と曰ふ」とある。

     特命全権大使岩倉具視右大臣以下の米欧使節団一行は明治4年(1871年)、アメリカ大陸横断鉄道でネバダ州を通り、車中からネイティブ・アメリカンのテントを見て「窟屋」を目撃したと思った歴史学者久米邦武は、「古昔(いにしえ)の我日本ノ民も、また穴居と俗なる状なりしこと、古史に土蜘蛛の事を記したるにて知られたり」と言及した。近代において、日本の穴居を「横穴」でなく地面を掘り下げた住まいと考えた嚆矢である。




    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/318-40923d67