上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     ためになる読書はどのようなものかと問われれば、平凡で誰もが当たり前に思っている答を言うしかない。

     Cover to cover(カバーからカバーまで)、つまり表紙からはじめて最期の一文字までくまなく読み通すこと。

     言うまでもなく通読である。


     通読を自分に課すと、嫌でも気付かざるを得ないことがある。
     読むに値するような本の多くが、今の自分では読み飛ばすしかない部分を持っているという事実だ。
     すべてを読もうとすることで、「読めない」という事実にはじめて向かい合うことができる。
     
     通読は、したがって、多くの場合、再読を伴う。
     
     読み通したと言えるまでに、何度読まなければならないか、定かではない。
     言えるのは、2度目に読むときにはもう、1度目と同じには読むことはできない、ということだ。これは何度目の読みについてもあてはまる。

     そして再読の、源に遡れば本を読むことの、意義や意味はここに存する。

     読んだ後のあなたは、読む前とはいくらか違っている。

     そうした自己の変化や組換えを(否応なく)伴う体験を、我々は読書と呼んでいるのだ。


     読書は、自分が既に知っている知識を、わざわざ本のなかに探して見つけることではない。
     実を言えば、拾い読みは、これ(既に知っている知識を見つけること)にかなり近い本の読み方である。
     我々は理解の届かない箇所を、わざわざ/なかなか、すくい上げたりしないのだ。

     そして、もしその本が読むに値するとすれば、読み飛ばした部分/拾い損なった部分にこそ、読むに足る何かが書いてある。

    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/325-5e9f09ef
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。