上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     困ったことに、丸山真男はいま読んでもぜんぜん「古くない」。
     これは丸山真男のもちろん「エライ」あるいは「正しい」ところだが、「不幸」あるいは「無益」なところでもある。

     丸山真男は「日本(の知識)人はバカだ。そのバカのパターンはこれとこれとこれだ」というのを、実にわかりやすく書いたのだが(もちろん彼はそういうバカはもうやめにしようとして書いたのだ)、いろんな人が、つまり日本の知識人たちは、「バカとはなんだ、バカとは」と、この丸山真男をいろいろと批判した。
     もちろん、「当たってる」ことを「わかりやすく」書いたので、随分と賛同者やファンやエピゴーネンも現れた。

     「不幸」あるいは「無益」というのは、丸山真男がそう言ったのはずっと昔のことなのに(この新書は1961年に出てる。
     しかも丸山真男が直接扱ってるのは日本の戦前の思想家たちである)、あいかわらず日本(の知識)人はバカだからである。
     しかも、その「バカのパターン」は、あいかわらず丸山真男が『日本の思想』に書いたもので出尽くしてる。だからこの本は、「日本の思想」と名乗る権利が(今でも)あるのである。

     丸山真男が書いたのは未だに「当たっている」。けれど逆に言えばそれは、せっかく(人に恨まれるくらい本当のことを)書いたのに、何の役にも立たなかったということでもある。

     丸山真男に向けられたたくさんの反論も、のこらずその「バカのパターン」を繰り返していた。それどころか、丸山真男に向けられたたくさんの賛同も、のこらずその「バカのパターン」を繰り返していたのである。


    日本の思想 (岩波新書)日本の思想 (岩波新書)
    (1961/11)
    丸山 真男丸山 眞男

    商品詳細を見る


    丸山真男『日本の思想』精読 (岩波現代文庫)丸山真男『日本の思想』精読 (岩波現代文庫)
    (2001/01)
    宮村 治雄丸山 眞男

    商品詳細を見る


    丸山真男の思想がわかる本―「日本の思想」から「古層」までわかる! (ポケット解説)丸山真男の思想がわかる本―「日本の思想」から「古層」までわかる! (ポケット解説)
    (2007/01)
    田中 宏和

    商品詳細を見る



    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/33-22a62339
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。