悟っても超人になれる訳ではない。

    悟った人も、死ぬし病気にもなる。

    そんなら、悟ったって何にもならないじゃないか、とつっこまれて、
    ブッダ(悟った人)は、こう答えた。

    「二の矢を受けず」

    一の矢は、誰にも(悟ろうが悟るまいが)降り掛かる死や病やその他の災難である。
    ニの矢は、これに対して、「一の矢」について悩み苦しむことである。

    死や病は避けられない。
    しかし死や病(という苦しみ)について悩み苦しむという二次の災難(二の矢)は避けられる。


    ブッダ(悟った人)は、こんな風に答えた。




    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/365-83ce9c87