好事家(スケベ)で知られるその客人は、かの『チャタレイ夫人の恋人』なる本を「もういらないから」とテーブルの上に置いていってしまった。

     カタブツで知られる父親はこう考えた。
    「こんな本は誰にも読ませたくないから焼いて捨てるべきだ。しかし、アイツ(客人)にどうだった?と聞かれると困るから、読んでおいてもいいかもしれない。だが、息子が読むことだけはまかりならぬ」

     ところでサバケタ息子の方は『チャタレイ夫人』程度では、なんとも思わない(いや、ほんとのところそんなにエッチではない)。むしろ、こう考えた。
    「あのカタブツ親父こそこの程度のものは読んでおくべきだと殊勝なことを考えた。親父が読まないなら、ひまつぶしに読んでみるのもいい。だがしかし、焼き捨てるなんていうのは論外だ」

     まとめると、次の3つについて
      《捨》:この本は焼き捨てる
      《親》:この本は親父が読む
      《息》:この本は息子が読む

    2人はそれぞれこう考えているのである。(>不等号は、右の選択よりも左の選択の方がよい、という意味)

     カタブツ親父の考え: 《捨》>《親》>《息》
       息子が読むよりは、親父が読むのがまし(よい)。
       親父が読むよりは、焼き捨てるのがよい(まし)。
      
     サバケタ息子の考え: 《親》>《息》>《捨》
       捨てるよりは、息子が読むのがまし(よい)。
       息子が読むよりは、親父が読むのがよい(まし)。

     さて、カタブツ親父とサバケタ息子が暮らす社会は、いわゆる自由主義が尊重されている。
     難しい話は抜きにしても、他人に関与しないかぎり(たとえば誰かに迷惑をかけない限り)、個人が何をしようと、どんな行動を選ぼうと自由である。
     
     ないこともない、この事態は、しかし丁寧に見ていくと、ちょっとヘンテコな結論にたどりつく。

    1:この社会では、「《息》:この本は息子が読む」か「《捨》:この本は焼き捨てる」か、そのどちらを選ぶかについては、まったくサバケタ息子の自由である。

     なんとなれば、この選択は、他人に関与していないからである。
     まったく個人の責任の範囲で、個人の行動を選択するだけで足りるのである。
     したがって今、サバケタ息子の頭の中は「《親》>《息》>《捨》」となっているのであるから、彼は《捨》よりか《息》の方を選ぶだろう。
     
    2:同じように、この社会では、「《親》:この本は親父が読む」か「《捨》:この本は焼き捨てる」か、そのどちらを選ぶかについては、まったくカタブツ親父の自由である。

     なんとなれば、この選択は、他人に関与していないからである。
     まったく個人の責任の範囲で、個人の行動を選択するだけで足りるのである。
     したがって今、カタブツ親父の頭の中は「《捨》>《親》>《息》」となっているのであるから、彼は《親》よりか《捨》の方を選ぶだろう。
     
    3:二人の自由な選択の結果(《息》>《捨》と《捨》>《親》)からすると、最終的に「《息》:この本は息子が読む」が勝ち抜いてしまう。

     しかし、ちょっとまってほしい。カタブツ親父はおろか、サバケタ息子ですら、《親》>《息》(息子が読むよりも、親父が読んだ方がいい)と思っていたのではなかったか。

     ふたりの選択を合わせると、どうしたわけか、ふたりの選択からすると「もっとましな選択があったはずなのに」というイマイチな選択に到達してしまうのだ。

    《どのように権利体系を定めても、それが最小限の自由を保障するものであれば、その権利の枠内でのひとびとの選択の結果がだれも望まないものになる(その結果よりも,他のある実現可能な状態をみんなが一致して望む)場合が、かならずある》

     この定理は,Amartya Senが示した〈自由主義のパラドックス〉として知られており,個人の自由と全員一致の条件を両立させることはできないことを主張している。

     なお『チャタレイ夫人の恋人』の比喩の原案もセンによる。


    合理的な愚か者―経済学=倫理学的探究合理的な愚か者―経済学=倫理学的探究
    (1989/04)
    アマルティア・セン

    商品詳細を見る

    「きめ方」の論理 ―社会的決定理論への招待―「きめ方」の論理 ―社会的決定理論への招待―
    (1980/04)
    佐伯 胖

    商品詳細を見る


    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/373-ee724323