上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     宗論とは、宗教論争、ここでは宗派間の論争である。

     つまり教義上の優劣・真偽について侃々諤々喧々囂々やる。
     これだけでも、この狂言のストーリーは、おおよそ予想される。

     旅のふたりの坊さんが出会って道連れになる。
     話を交わすうち、片方が身延詣から帰りの僧侶(要するに法華僧)、もう片方が善光寺詣から帰りの僧侶(要するに浄土僧)であることが、互いにバレる。

     当然両者は犬猿の仲(宗派)。
     互いに相手に「改宗せよ!」と、宿屋に入るなり、宗論の幕が切って落とされる。

     まずは法華僧が「五十展転随喜(ずいき)の功徳(くどく)」を説くが、それがやがて「ずいき芋汁」の話になる。
     つづいて浄土僧が「一念弥陀(みだ)仏即滅無量罪(ざい)」を説法するが、やがて献立の菜(さい)の話に変っている。

     夜通しやってるバカ宗論。
     互いの法話にアホらしさに、両者あきれはてて寝てしまう。

     さて次の朝、はやく目覚めて二人は朝のお勤めを始め出す。
     ここでも張り合い競い合うバカ坊主二人。

     ナンミョウレンゲキョーにナムアムダブツ、互いに競い合い大声出して経を読むうちに、二人は次第に興にのり、とうとう浄土僧は踊り念仏、法華僧は踊り題目と浮きに浮く。

     踊り合いながら、螺旋を描いて高まるボルテージ。

     ふたりはまもなく忘我の境地に至り、浄土僧がナンミョウレンゲキョー、法華僧がナムアムダブツと互いの宗派を取り違えてしまう(お約束)。

     二人はハッっと翻然として悟り合う。
     そうだ! シャカの教えに分け隔てがあろうはずがない、宗派の争いなどささいなこと、と仲直りして、二人して踊ってハッピーエンド(お約束)。
     

     両派が新興宗教だった時代の、期待と予想を裏切らない出家狂言。



    狂言集 (新編 日本古典文学全集)狂言集 (新編 日本古典文学全集)
    (2000/12)
    北川 忠彦安田 章

    商品詳細を見る




    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/382-bc6cdbb2
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。