土の人、風の人、という言い方で言うなら、Sさんは風の農夫である。

     「風の農夫」なので、自分の土地を持たない。
     それどころか、地主から土地を借りて耕作することもない。
     「風の農夫」は定住しない。
     労働力の不足してる本百姓のところへいって、労働力を提供する。
     「風の農夫」は、雇いの百姓である。

     農村社会では、当然その地位(身分)は低い。
     おまけに、地主=「持てるもの」に雇われるのだから、小作人とも敵対関係になる。
     よその村から流れてくるのだから、ますます風当たりはきびしい。

     普通、貧農の次男、三男以下が、他の家の手伝いになることはよくあるが、よその村まで行って、さらには国から国へと渡り歩く者はそうはいない。
     実のところ、「風の農夫」は単なる労働力の提供だけを受け持つのではない。
     それだけなら、そう安々とよその村に入り込むことはできないだろう。
     なぜなら、その村にだって、貧農の次男、三男以下がいるだろうから。

     「風の農夫」は、新しい農業技法の開発と伝播を担う。
     「風の農夫」は、農業改良家なのだ。
     新しい農業技術の導入と定着のために、地主は「余所者」を雇い入れる。
     だから「風の農夫」は、腕がよくないと、深い農業知識と経験がないとやっていけない。
     その意味で、「風の農夫」は腕一本で生きるプロの農民である。
     何百年も前から先祖代々の土地を守り、何百年来同じように耕してきた人々から見れば、ますます「いかがわしい」ということになる。

     イギリスでは早くから、地主と農場経営者(農業企業家)と農業労働者が分離していたが、日本はそうではない。
     しかし「風の農夫」の歴史はよくわからないくらい古い。
     「風の農夫」は、土地を持たない百姓だから、「家」を持たないし、「家」の再生産過程であった「結婚」もしない。だから子孫も持たない。
     「風の農夫」は、継がれるものではなかった。
     彼らが独自の集団や結社を持っていたのかどうか、それもよくわからない。
     だが、日本の農業構造から半ば必然的に生まれ、各地を放浪し、そして最後にはある土地へ帰順し、あるいはさらに流浪し、そしてどこかへ「消えて」いったのだろう。
     そしてそのサイクルは、日本の農業が彼らの職能を必要とするうちは、いたるところで繰り返された。
     彼らが開拓地や大陸へ渡ったころには、日本の農村から彼らは駆逐され始めていた。

    Sさんの話。

    「1993年のような冷害だと、肥料も農薬もやらない水田の方がむしろ出来がいい。
     本来、何の肥料をやらなくても、1反の水田からは5俵の米が取れる。
     肥料をやると、収穫量はいくらか増すが、しかし米ができるのはその分遅れてしまう。
     寒い地方では、その分冷害に合う確率が高くなる。
     霜に当たれば一発だ。

     「一寸、一日」という言葉があった。
     稲藁が、一寸刈り残してあれば、来年の米の実りが一日遅れるというんだ。
     残った稲藁が、腐って余計な肥料になってしまうからだ。
     昔はそれを嫌って、土すれすれに稲藁を残さないように刈り取った。
     それくらい、肥料分を入れることを拒んだ。
     そんな知恵も忘れるくらい、肥料も入れて増収を望んだ結果がこうだ。

     例えば機械化農業のためには広い水田を作る。
     だが広い水田は、表面積が大きく、その分風の影響を受けやすい。
     風が吹けば、水が風下に寄ってしまい、水位の高い低いができる。
     水位の低い所は断熱材が少ないのと同じなので、その分成長に遅い早いができる。
     ところが機械化農業なので、収穫は一斉にやらなくてはならないから、出来の遅い方に合わせることになる。
     こうしてまた冷害の確率が高まる。

     だがまるで手がない訳じゃない。
     広い水田なら、地中にパイプを埋めて、水位を均等にする方法で、寒い年にも、いつも通りの収穫を上げているところがある。
     冷夏には高く水を張って、水という断熱材を利用するのが、古くからの方法だ。
     だが土がぬかって機械が入りにくいと嫌った。
     嫌ううちに、そういうやり方があることも忘れてしまった。
     冷害というのは、半分は人の仕業だよ」



    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/384-c2de04c4