上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     今までどこから本を一番買ったかと振り返ってみると、アマゾンでもbk1でも「日本の古本屋」でも近所の本屋でもなく、ヤマト運輸からだということが分かった。

     出版社や取次ぎの間を毎日、運送会社のトラックが行ったり来たりしている。
     だったら、運送会社が本の注文を受ければ、一切在庫を抱えず、しかも最短時間で、お客様に本をお届けできるのではないか、といったビジネス・モデルだったと思う。
     配達料は何冊買っても300円。
     在庫もないが、商品リストもないので、その本が買えるかどうかは、出たとこ勝負。
     実際、あちこち回っても手に入らなかった本が、小出版社の倉庫から出てきたと、配達されたこともあった。

     「読書猿」もインターネットもまだ始めておらず、独身で一人暮らしだった。
     ろくに調べもせず、メールオーダーしまくった。

     アマゾンなんかと違うのは、注文を受ける側が本のデータを持っていないこと(持っていても、買い手に一切提供してないこと)。
     書誌データは、注文する方がきっちり調べないといけない(図書館の書誌データが思ったほど確かでないことは、この時身をもって知った)。
     もちろん、内容の紹介は一切無し。
     元々、新聞に書評が載るような本を買うタイプでない。
     頼りになるのは、タイトルと著者名と本の版形などといった書誌データ、自分の勘とサイフ(正確にはクレジット・カード)だけ。

     それでも買った。見たこともない本を大量に。

     勝ち負けでいうと7~8割は負けた。
     「その頃の乱読が今の私をうんぬん」などとは口が裂けても言えない。
     どんな本を買ったかも内緒だ。

     本の量が臨界に達し、カーテンを開けようにも掃き出し窓に近づくこともできなくなった時が来て、ようやく考えるに至った。

     何か1冊買うには、このうちのどれかを捨てるか売るかしなくてはならない、と。


     選書について、まとまった考えが持てるようになるのは、それからずっと先のことである。



     


     
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/385-63a2d6d2
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。