エスペラント語の文法は規則的である。
     規則的なので覚えることが少ない。

     規則的であることの利点はもうひとつ。
     造語のシステムが「行き渡って」いる。
     このため一つの単語を知れば、ルール通りに単語を作り出せるので、覚える単語も少なくて済む。

     例を示そう。
     先日書いたラテン語についての記事の中に、Dum spiro, spero.(息する間、私は希望する)というのがあった。
     ラテン語の「希望する」は、一人称単数現在形で「spero」。
     これがルーマニア語だと「speranta」
     イタリア語だと「speranza」
     スペイン語だと「esperanza」
     フランス語だと「espoir」
     エスペラント語では「esperas」
    である。

     エスペラント語は、品詞ごとに語尾が決まっている。
     名詞の語尾は-o、形容詞の語尾は-a、副詞の語尾は-eである。
     動詞の場合は、現在形(-as)、過去形(-is)、未来形(-os)、仮定形(-us)、命令形(-u)、不定形(-i)と語尾が決まっている。
     したがって動詞の活用をただ一種類覚えれば事が足りる。
    esperas(希望する)
    esperis(希望した)
    esperos(希望するだろう)
    esperus(希望するならば)
    esperu(希望せよ)

     さらに動詞を名詞にしたり、形容詞にしたり、副詞にするのも、この語尾のルールに従えば良い。
    espero(希望;名詞)
    espera(希望の;形容詞)
    espere(希望に;副詞)
     同様に名詞/形容詞/副詞から動詞を作ることもできる。

     動詞の続き。分詞は能動と受動に分かれ、
    それぞれに継続相(ずっと~している)、完了相(~した)、将然相(今まさに~しようとしている)がある。

    それぞれの語尾をまとめるとこんな感じになる。

              能動   受動
    現在形 -as 継続相 -ant-   -an-
    過去形 -is 完了相 -int-   -in-
    未来形 -os 将然相 -ont-   -on-


    「希望する」で例を続けよう。

    esperant(希望している)
    esperint(希望した)
    esperont(希望しようとする)
    esperan(希望されている)
    esperin(希望された)
    esperon(希望されようと)

    分詞にも、名詞、形容詞、副詞の語尾をつけると、名詞/形容詞/副詞になる。
    esperant(希望している)  esperanto(希望しているもの;名詞)

     ずっと希望を継続しているもの(者)、つまり「希望を抱き続ける人」、
    これがesperanto(エスペラント)である。

     創始者ザメンホフは、この言葉をペンネームとした。
     このことからesperanto(希望を抱き続ける人)という言葉が、言語自体の名前となった。


    エスペラント―異端の言語 (岩波新書)エスペラント―異端の言語 (岩波新書)
    (2007/06)
    田中 克彦

    商品詳細を見る

    ザメンホフ―エスペラントの創始者ザメンホフ―エスペラントの創始者
    (1993/11)
    マージョリー ボウルトン

    商品詳細を見る

    エスペラント原典 (Fundamento de Esperanto)エスペラント原典 (Fundamento de Esperanto)
    (1986/11)
    ラザロ・L・ザメンホフ

    商品詳細を見る



    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/390-41bf6b30