史上最遅のマラソン・ランナーがゴールしたのは、スタートしてから54年8ヶ月6日5時間32分20秒後だった。

     ランナーの名は金栗四三。

     1912年(明治45年)に開催されたストックホルム・オリンピックの日本代表であり、日本人初のオリンピック選手のうちのひとりである。


     金栗は、その前年、オリンピック代表を決めるマラソンの予選会に出場し、当時の世界記録を27分も縮める大記録を出して出場を決めた、日本期待の星だった。
     つまり、日本初出場のオリンピックで、いきなり金メダルをも狙える逸材だった。

     しかし、その当時、極東の島国からオリンピックへ出場することは、現在では想像もできないほど、大変な事だった。

     まず日本からスウェーデンへ向かうには、20日かけての船と列車の旅をしなければならなかった。
     さらに、夏のスウェーデンの夜は明るいため、睡眠にも支障があった。
     食事面でも、当時はスウェーデンで日本食が食べられるはずもなく、日本人シェフを連れて行くことなど想像もできなかった。

     こうした一般的な困難さに加えて、更なる不運と不手際が金栗選手を襲った。

     マラソンの当日、迎えに来るはずの車が来ず、金栗選手はやむを得ず、競技場まで走っていかねばならなかった。
     しかもその日は、スウェーデンでも稀な40℃という記録的な暑さまで気温が上がり、マラソン競技の参加者68名中、およそ半分が途中棄権し、1名は倒れた上翌日亡くなったというほど、過酷な状況だった。

     金栗もまた、その暑さに襲われた。加えてコンディションは良いとはまったく言えなかった(ほとんど最悪といってもいいくらいだった)。

     金栗は32キロ地点で、レース途中に意識を失って倒れた。

     倒れた異国のランナーを助けたのは、マラソンコースの近くに住む人だった。
     介抱された金栗が、その農家で目を覚ましたのは、既に競技も終わった翌日の朝であったという。

     しかし、金栗の棄権の意思は、オリンピック委員会に伝わっていなかった。

     金栗は記録上「競技中に失踪し行方不明」となった。


     そのまま時は流れた。


     そして1967年、ストックホルム市は、オリンピック開催55周年を記念する式典を開催することになった。

     オリンピック開催当時の記録を調べていたオリンピック委員会は、ひとりのマラソン・ランナーが「行方不明」即ち、完走も棄権もしていない状態であることを発見した。

     そのランナーは、日本でまだ存命であることを彼らは突き止めた。

     委員会はあらためて、金栗に、棄権するか完走するか、そのいずれかを選択するよう要請した。

     要請を受けた金栗は、ストックホルムへ赴いた。もちろん完走するために。


     金栗は、式典の中で当時のコース(実際には競技場内の100メートルだった、残りの距離は消化したという粋な計らいだった)を走って完走し、ゴールまで半世紀以上という公式記録が残された。


     金栗のタイムは世界一遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られる事は無いだろうと言われている。

     金栗はゴール後のスピーチで「長い道のりでした。この間に孫が5人できました」というコメントを残している*1


    *1 “近代オリンピックとその時代【5】日本が初参加”. 時事ドットコム. 時事通信社http://www.jiji.com/jc/v2?id=20091002olympic_games_history_05 )。
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/395-a75015e5