先だってネットで(無料で)読める、子供向けの短いおはなしサイトを紹介した。
     夏休みだし絵本で英語でも(子供の本は大人の味方-オンライン篇) 読書猿Classic: between / beyond readers 夏休みだし絵本で英語でも(子供の本は大人の味方-オンライン篇) 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

     今日は、せっかくだし、紙の絵本をいくつか紹介する。

     いずれも30ページ前後。文も少ないからすぐ読める。
     けれど、きっと長く手元に置くことになると思う。

     「はじめての洋書」の人もいるだろうから、邦訳があるものを選んだ。
     邦訳の方は図書館に多分ある。


    Is A Blue Whale the Biggest Thing There Is? (Wonderwise)Is A Blue Whale the Biggest Thing There Is? (Wonderwise)
    (2005/05/12)
    R.E. Wells

    商品詳細を見る

    シロナガスクジラより大きいものっているの? (児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)シロナガスクジラより大きいものっているの? (児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)
    (1999/03)
    R.E. ウェルズ

    商品詳細を見る



    Tick-tock (Wonderwise)Tick-tock (Wonderwise)
    (2004/03/25)
    James Dunbar

    商品詳細を見る

    じかんがどんどん (評論社の児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)じかんがどんどん (評論社の児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)
    (1999/04)
    ジェームズ ダンバー

    商品詳細を見る

     短いが、そこはワンダーワイズ・シリーズ。
     科学ごころと、センス・オブ・ワンダーに満ちている。
     むりやり分類すると「おはなし絵本」ではなく「かがく絵本」になるのだろうけど、「知らないことを知る」ことは、人にとって最上の快楽、
     とびきりのエンターテイメントとだけ紹介するだけで足りる気がする。



    Olivia (Classic Board Books)Olivia (Classic Board Books)
    (2004/09/28)
    Ian Falconer

    商品詳細を見る

    オリビアオリビア
    (2001/11)
    イアン ファルコナー

    商品詳細を見る


    Constance et Miniature, Tome 1Constance et Miniature, Tome 1
    (2009/04/21)
    Pierre Le Gall (Auteur), Eric Héliot (Auteur)

    amazon.frで見る

    Constance and TinyConstance and Tiny
    (2009/09)
    Pierre Le Gall

    商品詳細を見る

    コンスタンスとミニ (講談社の翻訳絵本)コンスタンスとミニ (講談社の翻訳絵本)
    (2009/04/21)
    ピエール・ル=ガル

    商品詳細を見る

     絵本的「よい子」がどうも鼻持ちならない人に。
     この2冊は痛快系。うえのアメリカのはおしゃれ。下のフランスのはブラック。
     ツンデレではなく、アマノジャク。しかも、もちろんキュートだ。



    I'll Always Love YouI'll Always Love You
    (1988/12/12)
    Hans Wilhelm

    商品詳細を見る

    ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)
    (1988/12)
    ハンス ウィルヘルム

    商品詳細を見る


    The Giving TreeThe Giving Tree
    (2003/04/15)
    Shel Silverstein

    商品詳細を見る

    おおきな木おおきな木
    (2010/09/02)
    シェル・シルヴァスタインShel Silverstein

    商品詳細を見る

     ある意味、王道。だが、苦い味が混じる。時に吐き出したくなるほど強く。
     めったに感動しなくなった、すれっからしにこそ捧ぐ。
     すれっからしだったことを懐かしむ、涙もろくなった大人にも。
     もう泣いてる場合じゃないと思い知った、若い人たちにも。



    ルリユールおじさんルリユールおじさん
    (2006/09)
    いせ ひでこ

    商品詳細を見る

    Sophie et le relieurSophie et le relieur
    (2006/09)
    Hideko Ise

    Amazon.frを見る

     これは元々、日本の絵本。舞台となったフランスでは仏訳が出ている。「絵本で英語」にならないが特別に。
     ずっと「読書猿」に書きたい(というより書くべきだろう)と思っているが、いまだ果たせないでいる。
     本を読む、読んでいる、読んできた、読んでいくだろう、すべての人に。




    (おまけ)子供の本探しに
    Fantasy Literature for Children and Young Adults: An Annotated BibliographyFantasy Literature for Children and Young Adults: An Annotated Bibliography
    (1995/03)
    Ruth Nadelman Lynn

    商品詳細を見る

    Books Kids Will Sit Still For: The Complete Read-Aloud GuideBooks Kids Will Sit Still For: The Complete Read-Aloud Guide
    (1990/01/30)
    Judy Freeman

    商品詳細を見る


    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/397-23aa400c