日本の弓術 (岩波文庫)日本の弓術 (岩波文庫)
    (1982/10)
    オイゲン ヘリゲル

    商品詳細を見る



    「哲学者という人種の悩み事を,健全に生きられる人が一緒に悩んでやる必要など,どこにもない」(池田晶子『考える人』)←バカ

    オイゲン・ヘリゲル『日本の弓術』、日本の神秘にあこがれ仙台の帝国大学に赴任した新カント派の哲学者が、禅に基づいた愛国心やら武士道を無批判に至高のものと称揚するこの書にも、感動的な部分が二箇所ある。

     ひとつは、的に当てることへの執着を、何度師に諭されてもぬぐい去ることのできないヘリゲルに、師がこう言って、「あなたの悩みは不信のせいだ。的を狙わず射当てることができるということを、あなたは承服しようとしない。それならばあなたを助けて先へ進ませるには、最後の手段があるだけである。それはあまり使いたくない手であるが」、夜もう一度、来るようにと告げる。

     弟子は夜になって師を訪問する。師は無言で立ち上がり、弓と二本の矢をもって着いてくるようにと歩き出す。針のように細い線香に火を灯させた師は、先ほどから一言も発せずに、やがて矢をつがう。もとより、線香の火以外の光はない。闇に向かって第一の矢が射られる。発止(はっし)という音で火が消え、弟子は矢が命中したことを知る。そして漆黒の中、第二の矢が射られる。師は促して、二本の矢を弟子に改めさせる。第一の矢はみごと的となった線香の真ん中をたち、そして第二の矢は、第一の矢に当たりそれを二つに割いていた。

    「私はこの道場で30年も稽古をしていて暗い中でも的がどの辺りにあるかわかっているはずだから、一本目の矢が当たったのはさほど見事な出来映えでもない、とあなたは考えられるであろう。それだけならばいかにももっともかも知れない。しかし二本目の矢はどう見られるか。これは私から出たものでもなければ、私があてたものでもない、この暗さで一体狙うことができるものか、よく考えてごらんなさい。それでもまだあなたは、狙わずにはあてられぬと言い張られるか。まあ、私たちは、的の前ではブッダの前にあたまを下げるときと同じ気持ちになろうではありませんか」

     この逸話は、のちにドイツに帰った弟子がこのことを『日本の弓術』という講演で語るまで、(師とこの弟子にしか)知られなかった。かつてドイツ人の弟子と、弓道の師との間を通訳した日本人は、講演の速記録を読み、さっそく師にこのことを尋ねた。
    「不思議なことがあるものです。「偶然」にも、ああいうことが起こったのです」
    師は笑って答えた。

     もうひとつはそのずっと以前、異国の弟子が、まだそんな域にも達していなかったときの話だ。何事も理屈で納得しようとする頑迷な弟子を持った師は、このうるさい質問者を満足させるものが見つかるかもしれないとの希望を持って、日本語で書かれた哲学の教科書を何冊か手に入れた(!)。その後、しばらく経って、師は首を振りながらそれらの本を投げ出し、こんなものを職業として読まなければならない弟子から、精神的にはろくなことは期待できないわけがだいぶん分かってきた、と親しいものに漏らした。

     「偶然」が起こるのは、その数年後である。







    無我と無私 禅の考え方に学ぶ無我と無私 禅の考え方に学ぶ
    (2006/11/23)
    オイゲン・ヘリゲル

    商品詳細を見る


    禅の道禅の道
    (1991/09)
    オイゲン ヘリゲル

    商品詳細を見る


    禅という名の日本丸禅という名の日本丸
    (2005/04)
    山田 奨治

    商品詳細を見る
    ヘリゲルの評伝


    Natural (8) (花とゆめCOMICS)Natural (8) (花とゆめCOMICS)
    (1999/11)
    成田 美名子

    商品詳細を見る
    真夜中の二本の矢のエピソードが作中使われている。


    Zen in the Art of Flower ArrangementZen in the Art of Flower Arrangement
    (1999/08)
    Gustie L. Herrigel

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/4-aeaff1e2