Google v.s. 図書館、といってもノエル・ジャンヌネーに出番があるような、大きな(?)話ではない。

    Googleとの闘い―文化の多様性を守るためにGoogleとの闘い―文化の多様性を守るために
    (2007/11)
    ジャン‐ノエル ジャンヌネー

    商品詳細を見る


     Googleと、図書館に普通にある紙のレファレンス(参考図書)の両方で、同じ探しものをして、競わせようという目論みである。


     勝負はホーム&アウェイ方式で行う。

     今回は図書館側のホームということで、紙のレファレンス(参考図書)だけで解決できたレファレンス事例から出題する。
     つまり図書館側は解けて当然の問題だが、解決事例を通じて図書館での調べもの入門(イントロダクション)と、Googleを使っての調べものの実例になることを期待している。

     Googleに日常から親しんでいる人たちが、「紙のレファレンス(参考図書)も、なかなかやるじゃないか」と思うなら望外の喜びである。



     では戦いの前に「模範演技」を見ておこう。紙のレファレンス(参考図書)の力を示す例として、ちょっと有名なやつを。



    Q0-1.「廻転鳥」は何と読むか?


     読みがなについては、漢和辞典の部首索引や画数索引をわざわざ使わなくても、コピペさえすれば、検索エンジンで簡単に調べられるようになった。
     だが、今回のケースでは、こうなる。

    「廻転鳥」でググる


    Yahoo知恵袋
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?queId=8451014
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q138995243

    レファレンス協同データーベース

    下記資料を見たが発見できず。
    ・難読語辞典 音訓引き 日外アソシエーツ辞書編集部/編 日外アソシエーツ 1993.7
    ・あて字用例辞典 名作にみる日本語表記のたのしみ 杉本つとむ/編 雄山閣出版 1994.1
    ・当て字の辞典 日常漢字の訓よみ辞典東京堂出版編集部/編 東京堂出版 1991.6
    ・宛字外来語辞典 宛字外来語辞典編集委員会/編 柏書房 1991.2
    ・大漢和辞典  諸橋轍次/著大修館書店 1989
    ・日本国語大辞典  日本国語大辞典第二版編集委員会/編 小学館 2000.12
    ・ 図説日本鳥名由来辞典 菅原浩/編著柏書房 1993.3
     (香川県立図書館)
    http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000004473


     Yahoo知恵袋の怪しげな解答を除けば、あとは「わからない」というサイトばかりだ。
     特に、香川県立図書館のレファレンス事例は、かなりの数の紙のレファレンスを確認しても分からなかったことを伝えている。
     プロがここまで調べて分からないものを、だいたいGoogleなんかで何とかしようというのが間違いなのだろうか?
     

     あきらめるのは早い。

     あなたがもし今、図書館の参考図書のコーナーにいるとしたら、どうするだろうか?
     大部な『日本国語大辞典』や『大漢和辞典』を見てもみつからなかった。これ以上どうすればいいのか?

     何を調べていいか分からないのだから、まずは何で調べればいいかを探すのだ。つまりレファレンスのレファレンスを使うのだ。

     すると、難読辞典や難訓辞典と呼ばれるものがあることが分かるだろう。
     こんな場合、たとえば中山泰昌『難訓辞典』(東京堂書店 1956)という古い辞書が役に立つ。

    難訓辞典難訓辞典
    (1956/12)
    中山 泰昌

    商品詳細を見る

    この辞典は、『日本国語大辞典』や『大漢和辞典』ほどメジャーではないが、そういうメジャーどころで答えが出ない読みで力を発揮する、わりと知られた存在だ。古書市場にも結構出まわっていて割と安く手に入る。

    平成17年度国立大学法人等 職員採用(図書系)二次試験問題

    【No.24】 利用者から以下の質問があった場合に使用する参考図書として最も適切なものを下から選んで記号で゙答えなさい。
    (1) Linuxの開発者であるLinus Torvaldsの経歴を知りたい。 (2) ヘルシンキの10月の平均気温を知りたい。 (3) 芬蘭とはどの国のことか。 (4) 鴻上尚史のエッセイ「ドンキホーテのピアス 349回」が雑誌Spa!のどの号に掲載されたか知りたい。

    a. Biography index b. Current biography c. 大漢和辞典 d. 難訓辞典 e. 大宅壮一文庫雑誌記事索引 f. 理科年表 g. 世界の統計 h. 雑誌記事索引


    http://www.lib.kyushu-u.ac.jp/saiyoshiken/kakomon/17kakomon.pdf



     そうした辞書が手元になくても、図書館に行く時間がとれなくても、こうした「紙のレファレンス」についてのちょっとした知識があれば、あるいはこうした「紙のレファレンス」を探し出すツールが手元にあって使うことができれば、先の記事

    googleで賢く探すために最低知っておくべき5つのこと 読書猿Classic: between / beyond readers googleで賢く探すために最低知っておくべき5つのこと 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    で書いた「5.(推測する)探しているものがどんなページにあるかを推測して検索」というアプローチが使える。
     今の場合なら、検索語に「難訓辞典」という語を追加することに思い至る訳だ。すると、こうなる。


    「"廻転鳥" "難訓辞典"」でググる


     廻転鳥は「うぐいす」と読むことがわかる。


     この例から得られる教訓のひとつは、こうだ。

     ある書物の全文がネットを通じてアクセスできる場合を除くと、検索エンジンが見つけることができるのは、結局のところ、誰かが探した結果だけである。
     だからこそ正解に至るアプローチが推測できるならば、(信頼し得る)誰かが探した結果を見つけ出す可能性は高まる。
     つまり、どのような場合にどんな紙のレファレンス(参考図書)を使うのか知っていれば、自分が探している検索結果に何が含まれている(べき)か、予想がつく。
     辞典や百科事典、それに図書館のレファレンス事例集までもネットで検索できる時代に、どのような紙のレファレンスを手元に置くべきか、そのヒントがこんなところにあるかもしれない。


     いきなりGoogleに塩をおくる格好になったが、「Googleが強くなれば、図書館も強くなる」と考えることだってできる。

     レファレンス事例集を見ると、調べものの「とっかかり」を得るのに、ネットの検索を使うケースは多いことがわかる。


    Q0-2.旅人を捕らえてベッドに寝かせ、足がはみ出れば切断し、足りなければ引き伸したのは誰で、何に出てくる話だっけ?



     レファレンスワークの教科書に出てくる例だが、ギリシア神話の英雄のひとりテセウスが登場する話だと思い出せないとつらい。うろ覚えでもいいから何かないと、紙のレファレンスを引く検索語が決められない。
     教科書でも結局、CDROM版の百科事典の全文検索をつかっている。
     
     こうした場合でも、適当に検索すれば、ほとんど答えに近いものが手に入る。
     ネットの情報が信頼性が低いというなら、それから紙のレファレンスを使えばいい。


    「旅人 ベッド 引き伸ばす」でググる


    ・「器具の歴史/引き伸ばし  人間の身体を強引に引き伸ばすことで苦痛を与えるタイプの拷問具は案外ポピュラーなものであった。」というページ
    ・「旅人を捕らえては長すぎる足をベッドに合わせて切り、短い足は引き伸ばしたギリシア神話の ...」というページ
    ・「英雄テセウスの伝説」というページ

    などが見つかる。
     「英雄テセウスの伝説」というページで、

    “「引き伸ばす男(プロクルステス)」というあだ名を持つダマステス。別名「財産持ち」ポリュペモンとも言われる。彼は旅人を自分の家に泊めてやり……”

    なる記述を見つけることができた。


    ……まくらを書き過ぎてしまった。


    お題だけを出して、実際の勝負は日を改めることにしよう。


    Q1.山田詠美の作品に関する書評をできるだけたくさん見たい。

    Q2.「不撓不屈」という言葉の出典は?

    Q3.漱石の『三四郎』に「十六武蔵ぐらいの大きさの薄い円盤」という表現があるが、いったいどれくらいの大きさか?

    Q4.第二次グラッドストン内閣の時代に、ニューヨークからロンドンへ行くには、どんな経路で、運賃はいくらだったか?

    Q5.東大総長のいった「太った豚になるよりは、痩せたソクラテスになれ」の出典が知りたい。








    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/446-70782ef3