予備調査

    1. 主題についての概観を得る。
    (1)百科事典
    Yahoo!百科事典(『日本大百科全書』小学館がベース) http://100.yahoo.co.jp/
    ネットで百科@Home(『世界大百科事典』平凡社がベース) http://www.mypaedia.jp/netencyhome/
    辞典横断検索 Metapedia(ウィキペディア日本語版、エンカルタ百科事典ダイジェスト(MSN)、kotobankを含む551サイトの辞書・辞典・用語集を一括検索) http://metapedia.jp/

    (有料)
    ジャパンナレッジ(日本大百科全書、日本国語大辞典、国史大辞典、日本歴史地名大系、日本人名大辞典、集英社世界文学大事典、東洋文庫、新編 日本古典文学全集など) http://www.japanknowledge.com
    ブリタニカ・オンライン・ジャパン(ブリタニカ国際大百科事典、同小項目事典、ブリタニカ国際年鑑) http://japan.eb.com

    (2)専門事典
    リサーチ・ナビ(国会図書館)参考図書紹介 http://rnavi.ndl.go.jp/sanko/
    国会図書館目次データベース(参考図書を中心とした目次等のコンテンツが検索できる) http://rnavi.ndl.go.jp/mokuji/
    国会図書館人文総合情報室「主な参考図書」 http://rnavi.ndl.go.jp/humanities/entry/data.php

    *事典その他を調べた時、そこに出てくる引用・参考文献リストの文献をメモしておくこと。


    2. キーワードや関連語を調べる。
    リサーチ・ナビ(国会図書館) http://rnavi.ndl.go.jp/rnavi/aboutsearch.php
     一番上の検索窓に探したいことを入力して検索すると、「調べ方」「本」「キーワード」「百科事典」に加えて、関連語のマップが出る。
     マップ上の言葉をクリックすると、今度はその言葉で検索できる。
    (例)「ヘミングウェイ」 

    *参考 検索用シソーラス-SummerIR 



    関連文献の調査

     以下の調査は、まずは最寄りの/行きつけの図書館の検索システムで行う(その方が見つけたものがすぐに入手できるのでストレスが少なくて済む)。
     網羅的に検索を行うためには、次のサイトを使う。

    国立国会図書館蔵書検索・申込システム http://opac.ndl.go.jp 
    WorldCat.org: The World's Largest Library Catalog http://www.worldcat.org/

    1. 主題となる言葉、事前調査で調べた"関連語"、"キーワード"を使って関連のある文献を探す。

    (1)「タイトル」欄に、主題となる言葉、"関連語"、"キーワード"を入れて検索
    (2)「件名」欄に、主題となる言葉、"関連語"、"キーワード"を入れて検索
    (3)「すべての項目」欄に、主題となる言葉、"関連語"、"キーワード"を入れて検索

    2. 見つかった文献の分類記号(日本十進分類法)を使って文献を検索、または図書館の書架で関連のある資料を探す。

    3. 書誌、索引、抄録類を用いて求めているテーマについて書かれている資料を探す。
    (以下は、目的の文献を載せている書誌などの見つけ方)
    ・図書館で『邦語文献を対象とする参考調査便覧』『日本の参考図書 第4版』を開いて探す。
     『邦語文献を対象とする参考調査便覧』は検索が詳しくて探しやすい。
     『日本の参考図書 第4版』は、紹介されている資料ひとつひとつに解説があって便利。

    リサーチ・ナビ>調べ方案内>学術一般>主題書誌(関連文献リスト)を探すには http://rnavi.ndl.go.jp/research_guide/entry/post-284.php
     分野に存在する関連文献リスト「主題書誌」の探し方、使えるツールを紹介している。

    国立国会図書館蔵書検索・申込システム http://opac.ndl.go.jp をつかって書誌を探す方法
    書誌検索(拡張) http://opac.ndl.go.jp/Process?MODE_10020001=1&SEARCH_WINDOW_INFO=02&LS=5565623431 を使う。

    (a) 件名や分類、タイトルなどで主題を絞り込んだ後、さらに件名に「書目」を加える
    (例)件名欄に「美術 書目」と入力して検索。→検索条件: 所蔵館=全館 and (件名=(美術 and 書目))で結果件数: 和図書 90件を得る。……美術関係の、一冊がまるごと書誌である90件が見つかる。

    (b) 《マイナーなテーマのとき》件名や分類、タイトルなどで主題を絞り込んだ後、一番下の「各種コード」欄のプルダウンメニューから「資料形式」を選び、検索窓に「A」(書誌の意味)を入力して検索。
    (例)件名欄に「美術」、「各種コード」欄のプルダウンメニューから「資料形式」を選び、検索窓に「A」(書誌の意味)を入力して検索。→ 検索条件: 所蔵館=全館 and (件名=美術 and 資料形式=/a/)で結果件数: 和図書 1336件を得る。……書籍の一部に巻末などに文献リストがついている関連図書が一覧表示される。


    この手は、ちゃんと文献に依拠して書かれた図書を選び出すのに使える

    (応用例)
    ・件名欄に「陰陽五行」を入力して検索。→ 検索条件: 所蔵館=全館 and (件名=陰陽五行)で結果件数: 和図書 207件が得られる。
    ・件名欄に「陰陽五行」、「各種コード」欄のプルダウンメニューから「資料形式」を選び、検索窓に「A」(書誌の意味)を入力して検索。→ 検索条件: 所蔵館=全館 and (件名=陰陽五行 and 資料形式=/a/)で、結果件数: 文献に依拠して書かれた和図書 6件が得られる。





    文献の所在を調べる


    1. 文献を入手するために、まずは最寄りの/行きつけの図書館の検索システムして、所蔵があるか確認する。

    2. 最寄りの/行きつけの図書館に所蔵がない場合、どこの図書館にあるか調べるには次のサイトを使う。


    ・(大学図書館)NACSIS Webcat 総合目録データベースWWW検索サービス http://webcat.nii.ac.jp/

    ・(公立図書館)カーリル | 日本最大の図書館蔵書検索サイト http://calil.jp



    文献の入手

    (最寄りの/行きつけの図書館に所蔵がない場合)
    1. 他の図書館から最寄りの図書館へ文献を貸出ししてもらう……レファレンス・カウンターで依頼する
    2. 他の図書館からから文献を複写して送付してもらう……レファレンス・カウンターで依頼(有料)、会員登録しておくと国立国会図書館蔵書検索・申込システム http://opac.ndl.go.jp を使ってオンラインで検索→申込ができ、自宅に郵送してもらえる。
    3. 他の図書館他へこちらから出向く……レファレンス・カウンターで紹介状を貰っておく




    (関連記事)
    自宅でできるやり方で論文をさがす・あつめる・手に入れる 読書猿Classic: between / beyond readers 自宅でできるやり方で論文をさがす・あつめる・手に入れる 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    レファレンスブック・チートシート 読書猿Classic: between / beyond readers レファレンスブック・チートシート 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    web上のレファレンスツールを1枚にまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers web上のレファレンスツールを1枚にまとめてみた 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    Googleで片付かない捜しものチートシート 読書猿Classic: between / beyond readers Googleで片付かない捜しものチートシート 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加



    FC2ノウハウ
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/448-41666b99