1.アカデミア・デラ・クルスカ辞典

    Vocabolario degli Accademici della Crusca: Con tre indici. (1612). In Venezia: appresso Giovanni Alberti.



    イタリアのアカデミーがイタリア語の純化確立政策から編集したもの。これは1920年代までイタリア語の規範であり続けた。



    2.アカデミー・フランセーズ辞典


    Dictionnaire de l'Académie: Le dictionnaire des Arts et des Sciences. Par M.D.C. de L'Académie Françoise. 2 tomes. (1694). Paris: Jean-Baptiste Coignard.



    フランスのアカデミーがフランス語の純化確立政策から編集。1935年には8版を重ねた。



    3.万有英語語源辞典

    Bailey, N., France., & Faculté de théologie protestante (Montauban). (1721). An universal etymological English dictionary comprehending the derivations of the generality of words in the English tongue ... And also a brief and clear explication of all difficult words ... Together with a large collection and explication of words and phrases us'd in our antient statutes, charters, writs ... and the etymology and interpretation of the proper names of men, women, and remarkable places in Great-Britain ... To which is added, a collection of our most common proverbs ... By N. Bailey. London: Printed for E Bell, J. Darby, A Bettesworth... [et 7 al..



     本格的な英語辞典は、この辞書Nathaniel Baileyの“An universal etymological English dictionary”(万有英語語源辞典)に始まる。収録語数約4万,語源を重視した一般英語辞典として注目を浴びた。チョーサー、シェークスピアなど文学者の引用句を含み、1727年改修版2巻はジョンソンの辞典出現までの権威であった。
     ベーリーは1730年新たに“Dictionarium Britannicum”(英国辞典)を刊行する。収録語数6万,図解を含み,当時最大・最良の英語辞典として,やがてサミュエル・ジョンソン博士が辞書を編集するに当たり,その底本として用いられることになる。


    4.ブリタニカ百科事典

    Smellie, W. (1771). Encyclopædia Britannica: Or, a dictionary of arts and sciences, compiled upon a new plan. ... Illustrated with one hundred and sixty copperplates. By a Society of gentlemen in Scotland. In three volumes. Edinburgh: printed for A. Bell and C. Macfarquhar; and sold by Colin Macfarquhar.



    エジンバラの版画家ベル Andrew Bell(1726‐1809)と印刷業者マックファーカー Colin MacFarquhar(1745ころ‐93ころ)が,印刷業者で学者のスメリー WilliamSmellie(1740‐95)に編纂を依頼,2段組み四つ折本100分冊を毎週各冊6ペンスで発行。完成後は2200ページを三巻に製本して初版とした。
     従来の百科事典の方針は〈科学を個々の術語に分解し,アルファベット順に並べて説明しようとする愚行〉だとして,科学の原理を体系的に叙述することを試みた。重要な項目,たとえば〈解剖学〉には166ページを費やしているが,一方,定義を記しただけの短い項目もある。


    5.ジョンソン『英語辞典』

    Johnson, S. (1766). A Dictionary of the English language... abstracted from the folio edition by the author Samuel Johnson,... To which is prefixed a grammar of the English language. London: A. Millar.



    ジョンソンは正しい英語の確立を目ざして、1755年に『英語辞典』A Dictionary of the English Languageを出版し、英語学と辞典の権威と認められた。これは、語数4万で、語釈の明確さと引用句の豊富適確さで知られていた。



    6.ウェブスター『英語辞典』


    Webster, N. (1831). A dictionary of the English language: Abridged from the American dictionary for the use of primary schools and the counting house. New York: White, Gallaher, & White.



     残念ながらノア・ウェブスターの最初の英語辞典A Compendious Dictionary of the English Language(1806)は全文表示できないので、ウェブスターの名を不朽のものにしたこちらを(このとき、ウェブスターはジョンソンの辞書を越えることを目指し、この辞書で越えることができたと考えた)。



    7.ディケンズ『ロンドン辞典』


    Dickens, C. (1879). Dickens's dictionary of London, 1879: An unconventional handbook. London: Charles Dickens, "All the Year Round" office, 26, Wellington Street.



    再びイギリスにもどって、ディケンズのロンドン辞典。



    8.イギリス伝記事典

    Stephen, L., & Lee, S. (1885). Dictionary of national biography: A-Z. London: Smith Elder & Co.



     『ブリタニカ百科事典』Encyclopaedia Britannica 『オックスフォード英語辞典』Oxford English Dictionary と並び称される『イギリス伝記事典』。2004年にはようやく、この新版として『オックスフォード・イギリス伝記事典(Oxford Dictionary of National Biography)』が出たが、長らく伝記事典のスタンダードであった。


    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/453-8facbc91