人は有能でありたいという欲望を持っている。

     もう少し正確に言えば、無能な自分と直面したくないと思っている。
     たとえば自尊感情が揺るがされる苦手分野から撤退を図る。

     だから、テストや練習問題で間違えたとき、人がとる典型的な行動は、できるだけ早くそれを忘れてしまおうとすることである。
     そうやって人は、なけなしの自尊心を守ろうとする。
     

     しかし、少年サッカーの指導者なら、ここはこう言うところだ。
    「敗戦から学ばない者は、次も勝てない」

     あと試合について具体的な気付きやプレイの反省を、サッカーノートに書くように言うだろう(このサッカーノートの習慣は、独学者には非常に参考になるので、いずれ取り上げたい)。


     負け試合を振り返ることや、負けにつながった致命的ミスを見直すことは、確かに苦痛を伴う。
     テストで間違えた問題を見直すことも同様だ。

     テストに対する不安や恐怖は、いろんな治療法が開発されるほどポピュラーだが(「テスト不安」や”test anxiety”で検索してみるといい)、この不安もまた、他の不安や恐怖と同様に、直面を避けることで増強する。

     最初はわずかなものでも、逃げ続けることで生き死ににかかわるほど増悪する。
     テスト不安・恐怖を減じるには、その不安・恐怖に直面して逃げずにいるしかない。



    テストのメタ認知

     メタ認知のスキルを高める目的で言えば、仮設-検証を繰り返すサイクルに、学力テストを取り込むのがよい。

    つまり
    (1) テスト前に「仮説」を立て
    (2) テストを受け
    (3) 採点後のテストを見直す→次のテスト前の「仮説」へ
    というサイクルだ。


    (1) テスト前に「仮説」を立てる

     実力が乏しいうちは、「自分がそのテストで何点とれるか」を予想してそれを書き留めておく。
     この段階から、次第に「どんな問題が出るか」を予測することへ進んでいく。
     テストを丸ごと予想できるようになるのは先のことになるが、部分的にでも「どんな問題が出るか」を考えることは、テストの点数を改善していく。
     これは、成績の良い人間は自然にやっていることだ。
     逆に、成績の悪い人間は自分に予想ができるなんて考えもしない(予想だろうと何だろうとテストのことを考えるなんて苦痛でたまらない)。
     ここは、その苦痛にしばらく浸る。ほどなく苦痛の度合いは下がってくる。慣れてくる。飽和してくる。

     ここまで来れば、次の(本来の)ステップへと進むことができる。
     つまりテスト内容についての予想を立てることだ。

     多くの場合、相手の立場に立って考えることができればできるだけ、物事をうまく進めることができる。

     テスト内容についての予想する、すなわちテスト問題を自作するスキルは、テストをリバース・エンジニアリングすることで養われる。

     個々の問題をどのように作るかという戦術レベルの課題のほかにも、テスト全体にどのような問題をどれくらいの配分で組み入れるか、それらをどう配置するか、という戦略レベルの決定も考えることができるようになる。
     例えば、中間テストと期末テストの点数で成績をつけなければならない立場に立って考えれば、誰もが100点を取れるテストや誰もが全然解けないテストを作ろうとしないことは明白である。
     ほとんど誰もが解ける問題から多くのものが解けない問題までが並べられるのも自明だろう。
     テスト範囲内で「ほとんど誰もが解ける問題」をつくるにはどうすればいいか?(範囲の最初の方で出てきた例題に似た問題だろうか?)
     どうやって多くのものが解けない問題をつくるか?(たとえば、それぞれのステップの解き方は分かっても、どうやって解けるステップに問題を分割するかに工夫がいる問題なら、テスト範囲からはみ出さず、難易をあげられないだろうか?)等々……。


    (2)仮説検証(そのもの)としてのテスト

     科学研究では検証の手続きを考え出し実施することは大いに手間がかかるが、学力テストでは、この部分はプロである出題者に丸投げできる。
     テスト問題の予想ができるようになると、テスト問題を作る労力がどれくらいかが分かる。
     テストは、かなりの労力がかかる作業を、出題者に下請けに出していることなのだ(下請けという言い方が悪いなら、出題者と分業しているといいなおそう)。


    (3)採点後のテストを吟味する

     採点されたテストが返ってきた。結構な間違いがあり、どこか見えないところにしまいこみたくなる気持ちをぐっと堪えて目を凝らそう。

     テストであなたが間違えた部分は、プロである出題者の知識と工夫、それとがっぷり四つに組んだあなたの知恵と努力、それらすべてによって生み出された合作である。(テストは、受験者と出題=採点者との間の分業である)
     一方的に提供される問題集よりも、あなたが書いたまとめノートよりも、より多くの労力が投下されており、加えてあなただけにチューニングできている逸品だ。
     学習者にとって、これを財産(学習資源)と呼ばなくて、何を呼ぶのか?

     テストを見直すといっても、次のような(実は最も多い)パターン=2つの「やり過ごし」に陥ってはならない。

    「これはケアレスミスだ(から次は気をつければいい)」

     ケアレスミスはランダムに生じるのではない。注意という資源は有限である。
     ケアレスミスは、注意の容量を超えた処理をしようとしたところに生じる
     自分のケアレスミスを分析することで、自分の注意の容量を知ることができるし、注意の容量を超える処理の場合、紙に書き出すなど外部記録をつかう方法を使うのはどんな場合かが判明する。

     「これはケアレスミスだ(から次は気をつければいい)」
    では、今後も繰り返し同様のケアレスミスを繰り返すことになるだろう。

    「これは勉強してないからできなくて当たり前」
     では、何をどれだけ勉強すればできたのか(その量を予想していたのか/また予想できたのか)を、具体的にしておかなくてはならない。

     すぐわかるように、テスト結果の吟味は、テストをリバース・エンジニアリングすることに、つまるところテスト問題を自作するスキルに直結している。


     こうしてテストをめぐる仮説ー検証のサイクルが完結する。

     このサイクルを一巡二巡していくうちに、テスト問題とテスト結果を予想する精度は上がり、必然的にテストの結果自体が改善されることになる。




    関連記事
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/514-395515dd