腰痛の予防やメタボ対策にも効果があるといわている腹筋のトレーニング。
     しかし腹筋トレをした方がよいのだけれど、「ムリ。一回だって起き上がれない」という人は結構います。

     体を折り曲げ、上半身を起こす〈ふつうの腹筋〉がムリな人のために、体をほとんど動かさない腹筋を紹介します。


    Level 1 Very Easy 
    (ふつうの腹筋がきつくてできない人に)


    Level1.jpg

    (1)床に座り込んで、膝をまげて両方の腕を回して抱えます。
    (2)背中を丸めて、膝を抱えたまま後ろにごろん転がって、背中を床につけます。
    (3)そのまま体をタテに揺らしましょう。おしり側が上がったり、あたま側があがったりする訳です(これだけです!)。
    ……まずは10回揺らすのが目標です。
    最初はあまりにへっちゃらなので、これで本当に鍛えているのかと思いますが、次第に腹筋がきつくなってきます。
    20回揺らせたら、次のレベルへ進みましょう。



    Level 2 Easy(まだまだ楽チン)


    Level2.jpg


    (1)Level 1と同じように、膝を抱えて後ろに倒れ、背中を床につけます。
    (2)今度は膝を抱えた腕をはなして、そのまま体を揺らしましょう(これだけです!)。
    ……膝を抱えていた腕をはなすだけで、運動の強度は上がってます。
    これも最初は、さっき(Level 1)とどこが違うのかと思ってしまいますが、きつくなるのが早くなるので分かります。
    まずは10回揺らすのが目標です。20回揺らせたら、次のレベルへ進みましょう。



    Level 3 Look Like Easy(見た目は楽だけど)


    Level3.jpg


    (1)今度は普通に仰向けになって、手足を伸ばします。
    (2)足はかかと同士をくっつけて、足の先をできるだけ開きます。
    (3)腕は足に揃えます(さらに負荷を上げたい場合は、バンザイの格好で伸ばします)。
    (4)足と頭を少しだけ上げて床から離します。
    (5)その体勢をキープしながら、体をタテに揺らします。足側があがったり、あたま側があがったりする訳です。






    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/541-c5f6c433