半年ごとに書いている、読書猿ブログで半年間(今回は2013年1月〜6月)に売れた書籍を紹介しながら、その時書かなかった(書き控えた)ことなどまじえて過去記事を回顧/紹介する、このシリーズを読んだ人が、
    「何年も前に書いた記事に出てきた本が、未だに売上の上位を占めているのは何故?」と聞いてきて、二人で考えてみた結論は

    「本を紹介してもあまり購買につながっていない」
    というものだった。

    「書評サイトにあるまじき事態ですね」
    「いや、書評サイトと思われていないのでは? あんまり書評とかしてないし、そもそも書評になっていないし」
    「いや、内容よりも、もっと致命的なことがあるんです。気づいてないんですか?」
    「何を?」
    「売れない本しか紹介してないんです。古本でしか手に入らない本とか、マイナー出版社でアマゾンの在庫が1〜2冊みたいな本ばっかりなんですよ」
    「おお、猛烈な盲点」

     という話をしたあとの6ヶ月間、リストに異変が起こった。
     



    1位 ナボコフの文学講義


    ナボコフの文学講義 上 (河出文庫)ナボコフの文学講義 上 (河出文庫)
    (2013/01/09)
    ウラジーミル ナボコフ

    商品詳細を見る


    ナボコフの文学講義 下 (河出文庫)ナボコフの文学講義 下 (河出文庫)
    (2013/01/09)
    ウラジーミル ナボコフ

    商品詳細を見る


    なぜ文学に縁がなくてもナボコフの文学講義を読むべきか?大事なことだから3回言う 読書猿Classic: between / beyond readers なぜ文学に縁がなくてもナボコフの文学講義を読むべきか?大事なことだから3回言う 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。

     今年に入って出たバリバリの新刊である。しかも、お求めやすい文庫本。
     そして中の人にとっては、20年間ぐらい読み続けている愛読書である。
     長らく絶版だった『ヨーロッパ文学講義』(ティビーエス・ブリタニカ, 1982.7→新装版1993.4)が、河出文庫から復刻したのだ。

     いや愛読していなくても、これから本を読む生活を始める人には、何にもまして入手することを勧めるだろう。これは読書家としての力量を1段も2段も高める書物である。年間何万冊と読んでも自分の知っていることしか汲み出せないふやけた速読家になることを避ける書物である。

     メルマガ時代にオススメした頃にはすでに絶版で、知る人ぞ知る名著だから、相当な高値でないと入手できなかった(手に入らない本ばかり勧めやがって、とよく言われた)。
     そこに文庫による復刻である。新刊ではあるが、すでによく知った書物である。
     新刊文庫本故のたっぷりな在庫のおかげか、リストの1位になった。

     そして数日後には、ナボコフの『ロシア文学講義』の復刊が待ち構えている。

    ナボコフのロシア文学講義 上 (河出文庫)ナボコフのロシア文学講義 上 (河出文庫)
    (2013/07/05)
    ウラジーミル・ナボコフ

    商品詳細を見る


    ナボコフのロシア文学講義 下 (河出文庫)ナボコフのロシア文学講義 下 (河出文庫)
    (2013/07/05)
    ウラジーミル・ナボコフ

    商品詳細を見る


     『ナボコフのロシア文学講義 上/下』(河出文庫)は、『ロシア文学講義』(ティビーエス・ブリタニカ, 1982.7→新装版1993.4)の文庫化である。





    2位 日本の思想 (岩波新書)

    日本の思想 (岩波新書)日本の思想 (岩波新書)
    (1961/11/20)
    丸山 真男、丸山 眞男 他

    商品詳細を見る

    4位 インドで考えたこと (岩波新書)

    インドで考えたこと (岩波新書)インドで考えたこと (岩波新書)
    (1957/12/19)
    堀田 善衞

    商品詳細を見る

    9位 歴史とは何か (岩波新書)

    歴史とは何か (岩波新書)歴史とは何か (岩波新書)
    (1962/03/20)
    E.H. カー

    商品詳細を見る

    10位 知的生産の技術 (岩波新書)

    知的生産の技術 (岩波新書)知的生産の技術 (岩波新書)
    (1969/07/21)
    梅棹 忠夫

    商品詳細を見る

    11位 科学の方法 (岩波新書 青版 313)

    科学の方法 (岩波新書 青版 313)科学の方法 (岩波新書 青版 313)
    (1958/06/17)
    中谷 宇吉郎

    商品詳細を見る



     岩波新書(青版)をおすすめ順にした
    言われなくても読んでおくべき岩波新書青版をオススメ順に力の限り紹介する 読書猿Classic: between / beyond readers 言われなくても読んでおくべき岩波新書青版をオススメ順に力の限り紹介する 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場したもの。

     記事での紹介順は、『日本の思想』→『知的生産の技術』→『科学の方法』→『歴史とは何か』→『インドで考えたこと』だったが、『インドで考えたこと』が意外な健闘している。記事を読み返してみると、意外でもないか、と思う。堀田善衛推しがにじみ出てる。
     
     選び方が読書猿ブログらしい、とも言われた。
     知識内容(コンテンツ)を授けるものより、知識のための方法(メソッド)を提供する書を優先している、と。

     元記事で『日本の思想』へのコメントの結びで書いた「一言で言えば、あなたが賢くなるために書かれているのである。」は、普段なら書かないことだけれど、あのときはすべて直球にいくことにしたので、敢えて書いた。言い換えれば、書物を薦めている時には、大抵の場合、末尾に見えないインクで同じことを書いている。逆に「これは、あなたの足を引っ張るために書かれている」場合は、紹介しない。
     





    3位 ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100

    ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技
    (2000/04/10)
    スティーブ ソレイシィ、ロビン ソレイシィ 他

    商品詳細を見る

    5位 Small Talk: More Jazz Chants

    Small Talk: More Jazz ChantsSmall Talk: More Jazz Chants
    (1986/07/31)
    Carolyn Graham

    商品詳細を見る


    Small Talk: More Jazz ChantsSmall Talk: More Jazz Chants
    (2003/05/29)
    Carolyn Graham

    商品詳細を見る


    借りれる英語力ー英会話をアクティベートするフレーズストックの定番書8+1冊 読書猿Classic: between / beyond readers 借りれる英語力ー英会話をアクティベートするフレーズストックの定番書8+1冊 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    に登場した最初の2冊。

     英語関連の記事は世に数多とあるのに、フレーズを小出しに紹介する記事も多いのに、フレーズ本を紹介する記事が意外にないので書いてみた。

     本命だった(中身の画像まで出した)


    Function in EnglishFunction in English
    (1982/07/01)
    J.A. Blundell、etc. 他

    商品詳細を見る


     Function in Englishは、絶版だが、古書ならまだ何とか手に入る。心ある方は押さえておくべき。
     この書についてはいずれ、もっとつっこんだ記事を書きたい。






    7位 見える学力、見えない学力

    見える学力、見えない学力 (国民文庫―現代の教養)見える学力、見えない学力 (国民文庫―現代の教養)
    (1996/03)
    岸本 裕史

    商品詳細を見る


    読めないとはこういうこと→勉強できない子をあぶりだす5つの質問 読書猿Classic: between / beyond readers 読めないとはこういうこと→勉強できない子をあぶりだす5つの質問 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    では、子どもの〈見えない学力〉地頭、読む力に親は何ができるのか? 読書猿Classic: between / beyond readers では、子どもの〈見えない学力〉地頭、読む力に親は何ができるのか? 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    に登場したもの。

     このブログは、基本的には〈自分でやる〉人向けに書いているつもりなので、この記事のように〈親向け〉なのは珍しいけれど(昨日の分数の記事みたいに、本当に読んで欲しい人達には難しすぎるものもないではないが)、むしろそのせいか、いまだリストで上位を確保している。






    6位 ぎりぎり合格への論文マニュアル

    ぎりぎり合格への論文マニュアル (平凡社新書)ぎりぎり合格への論文マニュアル (平凡社新書)
    (2001/09)
    山内 志朗

    商品詳細を見る

    こう言い換えろ→論文に死んでも書いてはいけない言葉30 読書猿Classic: between / beyond readers こう言い換えろ→論文に死んでも書いてはいけない言葉30 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。

    8位 図書館に訊け!

    図書館に訊け! (ちくま新書)図書館に訊け! (ちくま新書)
    (2004/08/06)
    井上 真琴

    商品詳細を見る


    12位 本を読む本

    本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
    (1997/10/09)
    J・モーティマー・アドラー、V・チャールズ・ドーレン 他

    商品詳細を見る


    19位 人はいかに学ぶか―日常的認知の世界

    人はいかに学ぶか―日常的認知の世界 (中公新書)人はいかに学ぶか―日常的認知の世界 (中公新書)
    (1989/01)
    稲垣 佳世子、波多野 誼余夫 他

    商品詳細を見る


    よく学ぶための7冊/学習技術のシルバーリングス 読書猿Classic: between / beyond readers よく学ぶための7冊/学習技術のシルバーリングス 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。



    17位 私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ

    私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ (大阪市立大学人文選書)私もできる西洋史研究―仮想(バーチャル)大学に学ぶ (大阪市立大学人文選書)
    (2012/05)
    井上 浩一

    商品詳細を見る

    今卒論を書いている人には残酷すぎて推奨できない素晴らしい本と自分のために書かれた訳ではないテキストを攻略する読解の3ステップ 読書猿Classic: between / beyond readers 今卒論を書いている人には残酷すぎて推奨できない素晴らしい本と自分のために書かれた訳ではないテキストを攻略する読解の3ステップ 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。

    20位 日本語練習帳

    日本語練習帳 (岩波新書)日本語練習帳 (岩波新書)
    (1999/01/20)
    大野 晋

    商品詳細を見る

    30日で達人級の実力がつく日本語トレーニング〈縮約〉はこうやる 読書猿Classic: between / beyond readers 30日で達人級の実力がつく日本語トレーニング〈縮約〉はこうやる 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。

    20位 いかにして問題をとくか

    いかにして問題をとくかいかにして問題をとくか
    (1975/04/01)
    G. ポリア

    商品詳細を見る

    ポリアの名著『いかにして問題をとくか』のチートシートをつくってみた 読書猿Classic: between / beyond readers ポリアの名著『いかにして問題をとくか』のチートシートをつくってみた 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    ポリアだけじゃない問題解決の考え方/勘どころを教える数学の11冊 読書猿Classic: between / beyond readers ポリアだけじゃない問題解決の考え方/勘どころを教える数学の11冊 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。

    20位 看護研究のための文献レビュー: マトリックス方式

    看護研究のための文献レビュー: マトリックス方式看護研究のための文献レビュー: マトリックス方式
    (2012/05/25)
    ジュディス ガラード

    商品詳細を見る

    集めた文献をどう整理すべきか?→知のフロント(前線)を浮かび上がらせるレビュー・マトリクスという方法 読書猿Classic: between / beyond readers 集めた文献をどう整理すべきか?→知のフロント(前線)を浮かび上がらせるレビュー・マトリクスという方法 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。

    20位 論文作法―調査・研究・執筆の技術と手順

    論文作法―調査・研究・執筆の技術と手順 (教養諸学シリーズ)論文作法―調査・研究・執筆の技術と手順 (教養諸学シリーズ)
    (1991/02)
    ウンベルト エーコ

    商品詳細を見る

    読者初心者の私は何から読み始めたか/読書猿の中の人、はじまりの7冊 読書猿Classic: between / beyond readers 読者初心者の私は何から読み始めたか/読書猿の中の人、はじまりの7冊 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。


     この辺りは、記事とともに、大学新入生が読むべき10冊なんかに、そのまま使えそうなラインナップ。
     
     




    13位 問題解決の心理学―人間の時代への発想

    問題解決の心理学―人間の時代への発想 (中公新書 (757))問題解決の心理学―人間の時代への発想 (中公新書 (757))
    (1985/03)
    安西 祐一郎

    商品詳細を見る

    16位 世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく

    世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく
    (2007/06/29)
    渡辺 健介

    商品詳細を見る


    問題解決を学ぶことは意志の力を学ぶこと-これは問題解決を知らない人のために書いた文章です 読書猿Classic: between / beyond readers 問題解決を学ぶことは意志の力を学ぶこと-これは問題解決を知らない人のために書いた文章です 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。

     どちらも問題解決の入門書。
     記事は、問題解決なんてことを思い付きもしない人に向けて、問題解決の書物よりも手前のことについて書いた。
     





    15位 魂の文章術―書くことから始めよう

    魂の文章術―書くことから始めよう魂の文章術―書くことから始めよう
    (2006/03/20)
    ナタリー ゴールドバーグ

    商品詳細を見る


    「自分の書く文章は価値がない」を抜け出すライティング・マラソンという方法←自己検閲を振り切って書きなぐるために 読書猿Classic: between / beyond readers 「自分の書く文章は価値がない」を抜け出すライティング・マラソンという方法←自己検閲を振り切って書きなぐるために 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    書くことが嫌いにならないための10箇条 読書猿Classic: between / beyond readers 書くことが嫌いにならないための10箇条 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    に登場。

     記事の方は、おそらくお気づきだろうが、このところブログを書く気が起こらなくて(書いてもブログにのっける気持ちにならなくて)いる自分のために書いた。
     ちょうど書き始めようとしていた友人から励ましになったとの便りをもらった。






    18位 草子ブックガイド

    草子ブックガイド(1) (モーニングKC)草子ブックガイド(1) (モーニングKC)
    (2011/09/23)
    玉川 重機

    商品詳細を見る


    草子ブックガイド(2) (モーニングKC)草子ブックガイド(2) (モーニングKC)
    (2013/02/22)
    玉川 重機

    商品詳細を見る



     まだまともな書評がかけないでいる書。
     誰も本を読まない図書館ものや、うんちく垂れるばかりで本棚が想像できない古書店ものなんかが跋扈するなか、ちゃんと本を読んでいる主人公が出てくるマンガ。
     主人公の読み方に異論がないわけじゃない。
     しかし異論を抱くに足りる読み手が登場する作品は少ない。






    19位 科学を志す人のための基礎数学

    科学を志す人のための基礎数学科学を志す人のための基礎数学
    (2010/01)
    クルグラーク、ムーア 他

    商品詳細を見る

    無料で自宅でやりなおす→小学校の算数から大学数学までweb上教材をリストにした 読書猿Classic: between / beyond readers 無料で自宅でやりなおす→小学校の算数から大学数学までweb上教材をリストにした 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加に登場。

    〈解ける系〉としてのこの『科学を志す人のための基礎数学』と、ペアにして使えそうな〈分かる〉系の本としては、元々は各分野ごとバラバラなだったのを一冊にまとめた次の本が小学校〜高校ぐらいまでカバーできると紹介したが、あまり反応がない。『語りかける〜』とかいう駄本より、はるかによい本なのだが。


    意味がわかれば数学の風景が見えてくる意味がわかれば数学の風景が見えてくる
    (2011/09/15)
    野崎 昭弘、伊藤 潤一 他

    商品詳細を見る






    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/690-6bd77a63