この書の対談で、エンデは、フランス革命の三つの理想、自由・平等・友愛に触れ、理想社会を構築したいと思う全ての人間のモットーとなったこのスローガンに触れて、
     
     「これまでみんなは、いつも、この3つをひとつの鍋にぶちこもうとしてきた。
    統一国家をつくって、そこで3つの理想を可能なかぎり実現しようと考えていたわけだ。そのさい、まったく気づかれなかったこと、あるいは、気づこうとしなかったことがある。それはね、国の使命は、理想を3つとも実現することじゃなくて、ひとつだけ実現すればいいってことなんだ」

    と述べ、その「ひとつ」を「法のまえでの平等」であるとする。残りの自由と友愛については、他の生の領域に属するものであり、それには国はタッチすべきではないというのである。
     「自由な精神」とは各個人の才能や自分独自の生き方を探ることを指し、それに関しては「どんな一般化もまちがっている」、つまり「「精神」は各人各様の能力におうじて、それぞれ独自のかたちに形成されなければならない」としており、残った「友愛」については、本人自身「現代においては、なんとも素朴、いやそれどころか滑稽にすらきこえるかもしれないのは承知で」と前置きしてから、「友愛は近代「経済」に内在している掟である」という。

     エンデは、シュタイナーのいう「社会有機体の三分節化(1919)」を下敷きにしている。「世界史は《経済》《法律・政治》《精神・文化》の三分節化を目指して発展してきた」というシュタイナーは、この3分節のそれぞれに、やはりフランス革命の三つの理想、自由・平等・友愛を対応させている。エンデが示したとおり、この対応は現代人が普通に予想するものとは異なっている。
     
       自由=精神・文化
       平等=法律・政治
       友愛=経済
       
     「自由」が対応するのは経済ではなく、精神である。そして経済が要求する理想は「自由」ではなく「友愛」である、というのである。


    エンデ全集〈15〉オリーブの森で語りあう―ファンタジー・文化・政治エンデ全集〈15〉オリーブの森で語りあう―ファンタジー・文化・政治
    (2002/08/18)
    ミヒャエル エンデ

    商品詳細を見る



    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/79-85b98408