親子でできる計量文学史

    [研究の特徴]
     ・容易である
       文献学的トレーニングも、テクストの精読も、関連文献の猟書も、
      批評理論の学習も何もいらない。今日からすぐにも始められる。
       低学年の児童にも十分可能なので、夏休みの自由研究に最適。
      (昆虫標本とちがって、嫌な臭いも発しない)。

     ・客観性が高い
       数的処理が主なので、論者の主観や情念やルサンチマン、文学と
      いうものに対するナルチシズム等が、研究の中に混入しにくい。

    [研究の方法]

     1 研究材料を集める
        研究対象は、「作品」や「作家」といった個的事象でなく、
       マッス(集合)である。
        今回は、「作家名簿」を、できるだけ長い年数分集める。

     2 データを抽出する
        「作家」の数を、年齢別に数え上げる。
        「文学者」の年齢別人口構成を、各年ごとに抽出する。
        (長い年数に対象が渡る場合は、5年きざみ等に行う)。

        今回は、40歳以下の「文学者」(以下、若手文学者と表す)
       の数を用いる。
        各年ごとに、「文学者」全体に対する「若手文学者」の割合
       を求める(パーセント表示)。

     3 データを図表化する
        ヨコ軸に年号、縦軸に「若手文学者」の比率(%)をプロット
       して、折れ線グラフを作る。
        ヨコ軸に、その年号当時に起こった「事件」等を書き加えても
       よい。

    [研究の実際]

     ロベール・エスカルピ著『文学の社会学』(邦訳 文庫クセジュ)に紹介さ
    れている研究を例に取ろう。
     同書 邦訳48~49ページに、1550年から1900年までの「フランス
    文学」について、同じようにして作ったグラフがある。

     グラフのおおまかな見方はこうだ。

    //グラフが右上がりである期間//
       この期間、文学者全体に対する「若手」の割合が増大している。
       つまりこれは、文学人口の「若返り」を示す。

    //グラフが右下がりである期間//
       この期間、文学者全体に対する「若手」の割合が減少している。
       文学者といえども人間であるから歳を取る。放っておけば、
      「若手」の割合は減り、グラフは、自然に右下がりとなる。
       つまりこれは、文学人口の補充が止まったことを意味している。
       生物学的老化以上の勢いでグラフが右下がりする場合は、若手
       作家を直接減少させる、戦争などの外圧が考えられる。
      (人はいきなり老人になることはできないので、老作家の急増は
       有り得ない)。

    //グラフの山(凸の頂点)の部分//
       グラフが「右上がり」から「右下がり」へ切り替わるポイント。
       すなわち文学人口の「若返り」が停止し、文学人口の補充が止
       まったことを意味する。「新人」に対するあらゆる障壁が生ま
       れる。

       グラフの山頂には、すべて政治的硬化が対応している。

       エスカルピのグラフでは、1630年 リシュリュの勝利、ルイ14
       世、15世の親政のはじまり、フランス革命期の恐怖時代、そし
       て7月革命が対応している。

    //グラフの谷(凹の頂点)の部分//
       グラフが「右下がり」から「右上がり」へ切り替わるポイント。
       すなわち文学人口の増加、文学者になることを押し止めていた
       あらゆる障壁が解体し、文学人口の「若返り」がはじまる。
       これは文学自体の「若返り」、新しい時代の始まりである。

       グラフの谷間には、すべて政治的弛緩・開放が、あるいはひとつ
       の治世の終わりが対応している。

       エスカルピのグラフでは、1598年 宗教戦争の終息、1652年
       フロンドの乱の終息。そしてルイ14世、15世、ナポレオン
       一世および三世の治世の終焉が、グラフの谷に対応している。

    [研究の展望]
     「作家名簿」さえ手に入れば、どの国についても、同様のグラフを作成する
    ことができる。ただし、長い期間に渡る「作家名簿」の入手はやや困難であ
    る。多くの読者を持つ作家でも「作家協会」なるものに入っていない(入れて
    もらえない)者も多い。「作家」の基準も、歴史・時代に応じてまちまちであ
    る。
     「若手作家」の割合だけでなく、全文学者に対する、たとえば小説家あるい
    は詩人の割合、女流作家の割合、……、いくつものグラフが作成可能である。
     複数のグラフを重ねることも、興味深い(計量比較文学史の可能性)。政治
    的・社会的ファンダメンタルズと、グラフの対応は、多分、株価の罫線よりも相
    関が強い。

    文学の社会学 (文庫クセジュ 261)文学の社会学 (文庫クセジュ 261)
    (1989/03)
    ロベール・エスカルピ

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/93-bc23e17b