上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     デカルトは「物覚え」が悪かった。しかもそれを気に病んでいた。

     そのことが彼をして、シェンケリウスの『記憶術』をひもとかせ、ルルスの術(異教徒を改宗させるための一種の論理的技術)に関心を寄せさせた。

     しかし彼が記憶術に下した「評価」は酷評を極め、結局のところそれらをペテンだと決めつけた(つまり、そこまでやってもデカルトの「物覚え」は改善されなかったらしい)。彼は、伝統的な記憶術にも、新方法であるルルスの術にも背を向けた。

     それからデカルトがもとめたのは「すべての知識に関してそれを覚えておこうとするとき、なんら記憶の必要がない」やり方だった。まったくのゼロに立ち戻りそこから始めること。つまりは過去と伝統から手を切ること。

     西洋の中世あたりには「哲学」は「問題」の形になっていた。あらかじめ「問題」が用意されていて、これらの「問題」を「決まった手続き」で考えることだけが、本当に考えること(哲学すること)だとされていた。
     デカルトはそんなことはやらなかった。そうすることが「哲学すること」だとしたら、そんな哲学を「つづける」ことなどデカルトはしなかった。デカルトがやったのは、「つづける」こととは反対に「はじめからはじめる」ことだった。
     彼は「問題についての思考」なんかでなく、自分がどうやって「本当に考えること」をはじめたか、どうやって「はじめる」に至ったかを述べ書いた。「どうやったか」が彼の哲学であり、それ故にデカルトの「はじまりの書」には「方法」の名が与えられるだろう。

     「方法」は、一般に「伝統」と対立する。デカルトの場合、それは不回避だった。
     
     ウィトゲンシュタインは、哲学のむずかしさを「何かを断念する困難さ」だと言っている。彼のことばでいえば、「哲学は、涙をこらえたり、怒りをこらえたりするのと同じくらい」むずかしい。

     デカルトは「難解」ではない。予備知識も必要でない。けれどそれは涙をこらえるとの同じくらいに「むずかしい」。なんとなれば、デカルトの懐疑は、「はじまり」にまで一旦立ち戻るために、うざったい伝統的哲学はおろか、我々が日頃親しみ慣れた物事についてまで、不断の断念を(それは同時に決断でもある)を要求するからだ。

    方法叙説 (白水Uブックス)方法叙説 (白水Uブックス)
    (2005/06/07)
    ルネ・デカルト

    商品詳細を見る


    記憶術記憶術
    (1993/06)
    フランセス・A. イエイツ

    商品詳細を見る
    関連記事
    スポンサーサイト
    Secret

    TrackBackURL
    →http://readingmonkey.blog45.fc2.com/tb.php/97-e699090b
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。