上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
     いつもはブログの更新をtwitterでつぶやくのだが、逆をやってみる。



    経緯と背景

     おまえのブログの書き方は間違っていると言われたことがある。

     前にどうやってブログを書いているかについて書いた時だ。




     どこがどう間違っているといわれたか、簡単にまとめると、

    ・一つのブログに人が割く時間はせいぜい数分なのだから、その時間で読めない長い記事はダメだ。

    ・長い記事を書くために長い時間がかかるなんて論外だ。

    ・ネタは小出しにして、長いものは切り分けて、まず記事の数を稼げ。

    ・そして更新頻度を上げろ、週1回しか更新しないのはブログじゃない。

    というような話だった。


     あれから随分になるが、申し訳ないことに、ますます逆の方向に行っている。
     記事の長さは長く、更新間隔はさらに長くなっている。

     今のところ改める予定はない。
     「やりたいようにやる」という積極的な理由よりも、
     「ああはなりたくない」というものを避ける算段や工夫を重ねていったら、こうなってしまったので中々修正がきかないのだ。

    (ついでに言うと、いま延々とあること(クーンの記事の後始末のアレ)を調べものを続けていて、そっちに時間を取られてしまってますますブログの更新が減っている)。


     しかし気にはなっていた。

     とくにこれから何か読もうと思っている人向きに書いている記事もあって、そういう人が初めて目にするこのブログの記事が長すぎるせいで回れ右してしまうのは避けたいと思っていた。

     それで、ほとんどブログ更新のお知らせにしか使っていないTwitterを使うことにした。

     140文字以内という縛りなら、さすがにもう少し自制するのではないかと思ったのだ。


     さきほどいくつかサンプルを作って流してみたので紹介する。


    ◯一行要約

    tweet1.png

    長い長いといわれるブログの記事を1行ないし1枚にまとめたもの。
    図表の画像を使うという、やや反則技を使えば、大抵の記事は要約可能かもしれない。



    ◯一行書評

    tweet2.png


    書評というより惹句だが、本当に好きな書物ほど、うまく言葉が出てこない。
    こういうのを、ちゃんと書けるようになりたいというワナビーな期待を込めて。



    ◯一行名言

    tweet3.png

    抜き書きは習慣になっているので、これなら楽そうだと思って。
    モンテーニュの『エッセー』だって、元々は自分用の抜き書き集につけたコメントが肥大化したものだ。
    いわば初心というか、原初状態に戻った心持ちで。
    普通は偉い人や有名な人の言葉を引いてくるのだが、ブログ記事から直に引いてしまった。
    まったく名言ではないが、リサイクルだし、迷惑はかけていない。



    ◯一行知識

    tweet4.png

     昔から漫画雑誌の隅っこに書いてある、ああいう役に立たない雑知識が子供の頃から大好きなので。

     上のは、本当はもう少し続きがあって、東部中世ドイツ語のSchmettenは、どうやらチェコ語のsmetanaから来ていて、こいつがボヘミアからザクセン方言に入って18世紀頃には文語にも取り入れられるようになったらしい。
     smetanaはスメタナ、あの「モルダウ川」(交響詩『わが祖国』より)やオペラ『売られた花嫁』で知られるベドルジハ・スメタナのスメタナである。


     あとは「一行ヘルプ」や「一行ポエム」みたいなのができるかもしれない。

    ◯一行ヘルプ

    tweet5.png



    ◯一行ポエム

    tweet6.png


     他にも1行でできることをいろいろ考えてみる。


     あ、ブログの方も頑張ります。それでは、また。




     






     少し面倒な調べ物を始めたので、振り返り記事やら書くことなく年を越しそうである。
     
     今年、どんなものを書いたかをながめていたら、もう随分前に書いたような気がしている記事がまだ今年の前半だったりする。
     
     たった1年ですら時間についての遠近感はかくも歪む。
     時間感覚の背筋を伸ばすために一覧とする。

     読んでいただいた方々、今年もありがとうございました。
     

    1月

    Kindleで全部読める→一人で読めて大抵のことは載っている教科書:数学からラテン語まで Kindleで全部読める→一人で読めて大抵のことは載っている教科書:数学からラテン語まで
    The Ideal Librarian - 自分のいる図書館のすべての書物を読むことができた最後の司書 The Ideal Librarian - 自分のいる図書館のすべての書物を読むことができた最後の司書
    (英語版)こう言い換えろ→論文に死んでも書いてはいけない言葉30 (英語版)こう言い換えろ→論文に死んでも書いてはいけない言葉30
    言葉と思考の解像度を上げる→つぶやきをフォーマルな英文に仕上げる4つの技術 言葉と思考の解像度を上げる→つぶやきをフォーマルな英文に仕上げる4つの技術
    今でも定義付けが苦手なあなたのためにテンプレートを提供しよう 今でも定義付けが苦手なあなたのためにテンプレートを提供しよう
    論理的に考えることの強力さを一生忘れなくさせる世界一くだらない問題 論理的に考えることの強力さを一生忘れなくさせる世界一くだらない問題
    昨日の頭髪的双子の記事は間違ってました 昨日の頭髪的双子の記事は間違ってました
    国家といえども贈物を与えることで人間の精神を破壊する権利はないーオクタビア・ヒル、スラム改善の武装せる女神(アテネ) 国家といえども贈物を与えることで人間の精神を破壊する権利はないーオクタビア・ヒル、スラム改善の武装せる女神(アテネ)
    宰相閣下のラクダ図書館 ー 史上最大にして最良のライブラリー 宰相閣下のラクダ図書館 ー 史上最大にして最良のライブラリー
    「大人の手紙」の仕様書-何を目的にしてどのように構造化されているか 「大人の手紙」の仕様書-何を目的にしてどのように構造化されているか
    アイデアが降りてこないあなたを神様に助けさせる7つの道具 アイデアが降りてこないあなたを神様に助けさせる7つの道具
    自分に注意しすぎる人のための瞑想 自分に注意しすぎる人のための瞑想
    言われなくても読んでおくべき岩波新書青版をオススメ順に力の限り紹介する 言われなくても読んでおくべき岩波新書青版をオススメ順に力の限り紹介する
    問題解決を学ぶことは意志の力を学ぶこと-これは問題解決を知らない人のために書いた文章です 問題解決を学ぶことは意志の力を学ぶこと-これは問題解決を知らない人のために書いた文章です



    2月

    ぼくは読むことも学ぶことも苦手だった/弱点は継続するための資源となるということ ぼくは読むことも学ぶことも苦手だった/弱点は継続するための資源となるということ
    ここまで読める、連れて歩ける→岩波文庫青帯で読める西洋思想の基本書70冊 ここまで読める、連れて歩ける→岩波文庫青帯で読める西洋思想の基本書70冊
    根気も時間もないあなたが外国語習得の臨界点を越える一番ゆるいスタートアップの方法 根気も時間もないあなたが外国語習得の臨界点を越える一番ゆるいスタートアップの方法
    この国を知る、見る、振り返るための岩波文庫青帯(日本前近代篇)40冊 この国を知る、見る、振り返るための岩波文庫青帯(日本前近代篇)40冊
    なぜ文学に縁がなくてもナボコフの文学講義を読むべきか?大事なことだから3回言う なぜ文学に縁がなくてもナボコフの文学講義を読むべきか?大事なことだから3回言う
    読者初心者の私は何から読み始めたか/読書猿の中の人、はじまりの7冊 読者初心者の私は何から読み始めたか/読書猿の中の人、はじまりの7冊
    複数のソースからひとつの要約をつくる技術ーことばのサーキット・トレーニング 複数のソースからひとつの要約をつくる技術ーことばのサーキット・トレーニング
    文章は接続詞で決まる→(保存版)接続詞の常識チートシートにまとめてみた 文章は接続詞で決まる→(保存版)接続詞の常識チートシートにまとめてみた
    どんなによい本を読んでも現実は変わらないという人へ。2年越しの『草子ブックガイド』の感想 どんなによい本を読んでも現実は変わらないという人へ。2年越しの『草子ブックガイド』の感想
    アメリカの小学生が文の構造を見える化し英語文法を血肉化するのに使っている図の描き方 アメリカの小学生が文の構造を見える化し英語文法を血肉化するのに使っている図の描き方



    3月

    (実況中継)英文精読はここまでやるー精読とはコンテキストを補完しながら読むこと (実況中継)英文精読はここまでやるー精読とはコンテキストを補完しながら読むこと
    決して後退しない学習ーAnkiを使うとどうして一生忘れないのか? 決して後退しない学習ーAnkiを使うとどうして一生忘れないのか?
    ネットでは逢えない書物に会いに行くー新入生におくるリアルワールドでの本の探し方 ネットでは逢えない書物に会いに行くー新入生におくるリアルワールドでの本の探し方
    すべての学問分野をネットで無料で探すための210個のリソースまとめー新入生におくる探し方その2 すべての学問分野をネットで無料で探すための210個のリソースまとめー新入生におくる探し方その2
    最速から最遅まで読書技術のABCを速度順に並べてみたー新入生におくるその3 最速から最遅まで読書技術のABCを速度順に並べてみたー新入生におくるその3



    4月

    これは書くことがとことん苦手な人のために書いた文章です→小学生から大人まで使える素敵な方法 これは書くことがとことん苦手な人のために書いた文章です→小学生から大人まで使える素敵な方法



    5月

    集めた文献をどう整理すべきか?→知のフロント(前線)を浮かび上がらせるレビュー・マトリクスという方法 集めた文献をどう整理すべきか?→知のフロント(前線)を浮かび上がらせるレビュー・マトリクスという方法
    「自分の書く文章は価値がない」を抜け出すライティング・マラソンという方法←自己検閲を振り切って書きなぐるために 「自分の書く文章は価値がない」を抜け出すライティング・マラソンという方法←自己検閲を振り切って書きなぐるために
    講義や周囲についていけなくなったら→先生は表立っては勧めない新書に挫折した人のための裏(サブ)テキスト 講義や周囲についていけなくなったら→先生は表立っては勧めない新書に挫折した人のための裏(サブ)テキスト



    6月

    借りれる英語力ー英会話をアクティベートするフレーズストックの定番書8+1冊 借りれる英語力ー英会話をアクティベートするフレーズストックの定番書8+1冊
    書くことが嫌いにならないための10箇条 書くことが嫌いにならないための10箇条
    分数の根っこについて私が語れる2,3の事項/数学となら、できること 分数の根っこについて私が語れる2,3の事項/数学となら、できること



    7月

    2013年上半期読書猿ブログ内ベストセラーと記事についての回顧 2013年上半期読書猿ブログ内ベストセラーと記事についての回顧
    無料で学べる多言語学習のための教材と素材をまとめてみた 無料で学べる多言語学習のための教材と素材をまとめてみた
    時代はその悲観主義を追いかけた→レオ・シラードー原子の火をもたらしたプロメテウス 時代はその悲観主義を追いかけた→レオ・シラードー原子の火をもたらしたプロメテウス
    この地上に存在する憲法に書かれたすべての人権を1枚にまとめた表 この地上に存在する憲法に書かれたすべての人権を1枚にまとめた表



    8月

    何から手をつけていいか分からない人のためのレポート作成の穴埋め表:深く再利用できる読みのために 何から手をつけていいか分からない人のためのレポート作成の穴埋め表:深く再利用できる読みのために
    3日坊主から離脱する→やめたいことをやめ、やらなくてはならないことを続ける仕組みをつくる行動デザインシート 3日坊主から離脱する→やめたいことをやめ、やらなくてはならないことを続ける仕組みをつくる行動デザインシート
    論文は何からできているのか?それは何故か?から論文の書き方を説明する 論文は何からできているのか?それは何故か?から論文の書き方を説明する
    数学は何の役に立つのか? ユークリッドから数学を取り返したエンジニアの答え 数学は何の役に立つのか? ユークリッドから数学を取り返したエンジニアの答え
    複数の文献を一望化し横断的読みを実装するコンテンツ・マトリクスという方法 複数の文献を一望化し横断的読みを実装するコンテンツ・マトリクスという方法



    9月

    文庫でここまで読める、社会科学の古典150冊 文庫でここまで読める、社会科学の古典150冊
    心理学者が教える少しの努力で大作を書く/多作になるためのウサギに勝つカメの方法 心理学者が教える少しの努力で大作を書く/多作になるためのウサギに勝つカメの方法
    傷つきやすいあなたや私がブログを続ける10の方法や考え方 傷つきやすいあなたや私がブログを続ける10の方法や考え方
    文庫でここまで読める、フランス現代思想の90冊 文庫でここまで読める、フランス現代思想の90冊
    聞けば身も蓋もない1冊を30分で読む方法と習慣 聞けば身も蓋もない1冊を30分で読む方法と習慣
    本を読んで分からないのは何故か?読書の4つのつまずきと克服したとき見えるもの 本を読んで分からないのは何故か?読書の4つのつまずきと克服したとき見えるもの
    伝えるべきことを伝えるために最低限必要なこと/仕事の文章のテンプレートの素 伝えるべきことを伝えるために最低限必要なこと/仕事の文章のテンプレートの素



    10月


    問題解決のデッドロックを叩き壊す、とにかく考えを前に進めるための方法 問題解決のデッドロックを叩き壊す、とにかく考えを前に進めるための方法
    生まれてはじめて書く人のための、小学生向け小説執筆マニュアル(手順書) 生まれてはじめて書く人のための、小学生向け小説執筆マニュアル(手順書)
    物語は作れたがどんな文章で小説にしていいか分からない人のための覚書 物語は作れたがどんな文章で小説にしていいか分からない人のための覚書
    ブログのネタはどこからやってくるのか?-読書猿ブログの7つの源泉 ブログのネタはどこからやってくるのか?-読書猿ブログの7つの源泉
    論文はどんな日本語で書かれているか?アタマとシッポでおさえる論文らしい文の書き方 論文はどんな日本語で書かれているか?アタマとシッポでおさえる論文らしい文の書き方
    無料でここまでできる→日本語を書くのに役立つサイト20選まとめ 無料でここまでできる→日本語を書くのに役立つサイト20選まとめ



    11月

    書く力を本当に倍増する、容易くはない5つのトレーニング 書く力を本当に倍増する、容易くはない5つのトレーニング
    コメントとコメントアウトは人間が読む文章を書くのにも便利だぞ コメントとコメントアウトは人間が読む文章を書くのにも便利だぞ
    これはストーリーをつくるのが苦手な人のために書いた文章です これはストーリーをつくるのが苦手な人のために書いた文章です
    いきなり結果を出す→今日書き終えるためのショートショートの書き方マニュアル いきなり結果を出す→今日書き終えるためのショートショートの書き方マニュアル
    文学新人賞の偏差値=この賞をとったらどれだけ本を出せるかをランキングしてみた 文学新人賞の偏差値=この賞をとったらどれだけ本を出せるかをランキングしてみた
    あの不朽の名作たちが不採用になった理由を知れば物書きのあなたを励ますことができるかもしれない あの不朽の名作たちが不採用になった理由を知れば物書きのあなたを励ますことができるかもしれない



    12月

    書くのに必要なすべてのものー野田のフロー(流れ)図と創作系記事まとめ 書くのに必要なすべてのものー野田のフロー(流れ)図と創作系記事まとめ






    使いまわす/前に書いた記事の残り

     10調べても、使うのはそのうち1~2。残りの8~9の中にまだ使いたいネタがあって、それを使う場合。
     これが一番速い。連投できるが、面白いものから書いていくから、尻すぼみになる。
     長期的に見ると、残り物を書かずに残しておいた方が、他と結びついたり育ったりして、ましなものになりやすい。
     


    先に進む/前に書いた記事の続き

     前項とは似て非なる。
     ある記事を書いたことがきっかけになって、その前には至っていなかったところに進めた場合。
     しかし、こちらは時間はかかる。

     たとえば、「書評を読むな、書誌を読め/存在すら知らぬ本を探すための本 書評を読むな、書誌を読め/存在すら知らぬ本を探すための本 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加」(2010.11.16)という記事をきっかけにして、「点の読書、線の読書、面の読書 点の読書、線の読書、面の読書 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加」(2011.02.27)という記事を書いたけれど、この時点では単なる抽象論だった。
     図書館の使い方についてのいくつかの記事や、「集めた文献をどう整理すべきか?→知のフロント(前線)を浮かび上がらせるレビュー・マトリクスという方法 集めた文献をどう整理すべきか?→知のフロント(前線)を浮かび上がらせるレビュー・マトリクスという方法 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加」(2013.05.09)を経て、「複数の文献を一望化し横断的読みを実装するコンテンツ・マトリクスという方法 複数の文献を一望化し横断的読みを実装するコンテンツ・マトリクスという方法 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加」(2013.08.27)でようやく具体的な手続として展開できた。
     
     
     
    言わずにとっておく/悪口

     前項は書いたものの続きを書くことだったけれど、これは書かずにおいたものの続き、である。

     たとえば、文章を書くことはどうのこうの(0を1だとか100を1だとか)いう抽象論にはうんざりだ、と書くかわりに、「だったらお前なら何をどう書くんだ?」という自問に変換して、その答えを、今の場合ならどんなステップでなら文章を書くことができるかを、具体的に書くのである。

    文章の型稽古→穴埋めすれば誰でも書ける魔法の文章テンプレート 読書猿Classic: between / beyond readers 文章の型稽古→穴埋めすれば誰でも書ける魔法の文章テンプレート 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    これは書くことがとことん苦手な人のために書いた文章です→小学生から大人まで使える素敵な方法 読書猿Classic: between / beyond readers これは書くことがとことん苦手な人のために書いた文章です→小学生から大人まで使える素敵な方法 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    伝えるべきことを伝えるために最低限必要なこと/仕事の文章のテンプレートの素 読書猿Classic: between / beyond readers 伝えるべきことを伝えるために最低限必要なこと/仕事の文章のテンプレートの素 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
    生まれてはじめて書く人のための、小学生向け小説執筆マニュアル(手順書) 読書猿Classic: between / beyond readers 生まれてはじめて書く人のための、小学生向け小説執筆マニュアル(手順書) 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

     具体的に書くデメリットは、具体的であるだけに、一般的に論ずるよりもカバーする範囲が狭くなることである。これは仕方がないが、しかし絶望的でもない。文章を書くこと全般に当てはまることが無理でも、当てはまらない文章や書き手について、また別の書き方を具体的に書くことはできる。
     ここから振り返っていると、悪口というのは、対象は変わっても、多くの場合、定型的なのである(なのでレスポンスよく、すばやく書ける)。
     せこい話だが、悪口にしてしまえば一回切りのネタも、そうでないものにすればいくつかのネタになる。
     次々にターゲットをかえてすばやい悪口を連射するやり方も、一つの書かれざる悪口を軸にいくつもの記事を書き連ねるのも、どちらもペイし得る戦略である。
     もちろん悪口を書いた上で、悪口でない記事も書いてしまえばさらにネタは増えるのだが(今気付いた)、その場合はきっと、悪口記事の段階で満足してしまって、そこから先へは進まない気がする。
     今度、試してみる。



    昔の自分に宛てて書く/過去
     
     確かに悪口のタネは尽きず、悪口を原資にすればネタは尽きないけれど、そればかりでは心がすさみそうだ。
     そこで悪口の矛先を自分に振り向けてみる。今度は自己嫌悪に凹みそうだが、過去にずらすと何とかやっていける。
     
     昔の自分はなんと愚かでモノを知らなかったのだろう、と。
     前に「当たり前のことばかり書きやがって」と悪口を言われたことがある(このブログでよく読まれる記事というのは、ある人には〈当たり前〉で、別の人には初耳で、さらに別の人には〈冒涜されたように感じられる〉ものだったりする)。
     〈当たり前〉ならわざわざ書くまでもないはずだが、それがちっとも当たり前でなかった昔の自分に向けて書いているつもりなのである。
     半分ぐらいは多分、誰でもない誰かに「こんなことぐらい、もっと先に教えといてよ」と恨み言をいう代わりに書いている。


    応える/内外の声

     「わざわざ書くまでもない」という気持ちは、このブログを続けながらずっと持っているもので、低い更新頻度を言い訳するようになるが、ブログ記事を書く動機づけは実はあんまり高くない。
     
     というより、書くことはそれだけでもう過剰か余計な行為だと思ってしまう。
     書かずに済ませることは、いつだって可能なのだ。
     
     といったことを考えて、多くの時間、書くや書かざるやの境でうだうだしているので、ほんの少しのキッカケで記事ができることが少なくない。
     たとえば内外の声が、飽和水溶液に投じられた結晶の核となることによって。



    調べる/書物

     言い訳の言い訳になるが、キッカケがあって間をおかずにひとつの記事になるくらいの分量の文章ができあがることもあるけれど、ちょっと調べてみないといけないとなると、どうしても時間がかかる。
     ネットで調べられる範囲は昔に比べれば増えたけれど、「ネットにろくなのがない」って(また悪口だ)ことが書き出す始まりの記事だと、紙の本だって読まないといけない。それまで関心がなくて不案内なトピックだと、一つの記事で30冊ぐらい見るとして一週間はかかる。
     
     

    続ける、仕上げる/書きかけ

     こういう手の遅さだから、実際にブログに上がるものは、ゼロから書いたというより、以前書いて中断したものを堀り出してきて、続きを書き継いで、なんとか最後まで行き着いた、というものが多い。
     もちろん書き継いでも、再び中断する。
     書き継いで中断して、を繰り返すと、当然時間は進む。
     前に書いたレオ・シラードの伝記記事は、書き出してから3年くらい経っていた。

    時代はその悲観主義を追いかけた→レオ・シラードー原子の火をもたらしたプロメテウス 読書猿Classic: between / beyond readers 時代はその悲観主義を追いかけた→レオ・シラードー原子の火をもたらしたプロメテウス 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加

    768402.jpg
    (最初のメモ 2011.03.25)


     
     ブログというのは、もうちょっと軽快に書くもののような気がする。
     
     
     
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。