史上最も大きな図書館はどの図書館だろうか?


     所蔵数なら現代の、数千万冊の書籍や各種資料など一億点を超えるアメリカ議会図書館を筆頭に、各国が誇るナショナル・ライブラリを越えるものはない。
     
     単に建物としても見ても、É. L. ブレーの王立図書館計画案 (1784) は巨大すぎるが故に空想のままで終わったが、19世紀にはこの空想を受け継いで、ロンドンに大英博物館の円形閲覧室 (S. スマーク設計,1856) やパリのビブリオテーク・ナシヨナル (H. ラブルースト設計,1868) のような巨大図書館が、次々実現している。
     
     しかし真の意味で〈巨大〉だといえる図書館は、現在のイラン・イラク地域を支配したイスラム王朝であるブワイフ朝(932年 - 1062年)で宰相(ワズィール)を務めた、アブドゥル・カセム・イスマイル・イブン・ハッサン・アバッド(c.938-995)(むしろサヒブ・イブン・アバッドとして知られる)の個人図書館だと思われる。
     
     ブワイフ朝は10世紀後半、アドゥッド・アル=ダウラが君主(大アミール)の時代に最盛期を迎えた。
     この図書館の主は、アドゥッドのあとを継いだムアイヤド・アル=ダウラに仕え、ムアイヤドの死後には、かつてアドゥッド・アッダウラと争って負け、ニーシャープールに逃れていたファフル・アル=ダウラを後継者として迎えて、その宰相として国政を担った。
     
     文化の保護者として、そして自身も文人として知られるこの宰相は稀代の愛書家であり、その蔵書は117,000を数えたと言われる(同時代のパリにあった書物はすべて合わせても5000ほどであったことと比較されたい)
    Fischer, S. R. (2003). A history of reading. London: Reaktion., p.156.
     
     しかし宰相の図書館には壁もなければ柱もなく、蒼穹がその天蓋であり、床はどこまでも続く砂の海、書架はアルファベット順を守って並んで歩くよう訓練された、400頭とも500頭とも伝えられるラクダ達だった。
     宰相が赴く先々にどこまでも付き随い、求める本が手に取れるよう書架自体が読み手に駆け寄った。
     

    camel.jpg



     移動図書館のはじまりとしてよく語られる(oft-told story)、このあまりに魅力的な伝説は、Maureen Sawaの"The Library Book: The Story of Libraries from Camels to Computers a book for young readers"(邦訳:『本と図書館の歴史』)という絵本や、アイザック・アシモフの"Book of Facts"(邦訳:『アシモフの雑学コレクション』翻訳・編集:星新一))、更にSteven Roger Fischerの" A History of Reading"やHawkins, Brian L and Battin, Patricia の"Camel Drivers and Gatecrashers"にも紹介されている。


     さて、
     ここで筆をおさめれば、『水滸伝』を70回本で読み、『銀河英雄伝説』をヤン・ウェンリーが死ぬ手前で読むのをやめる類の喜びが得られるだろう。
     伝説を追いすぎることは、逃げ水(road mirage)に近づくがごとき失望をもたらすことは、古人の教えるところである。
     けれども人は知りたがりの動物であり、図書館は知的好奇心に仕えるために存在する。
     甘美な夢が霧散し、ラクダの書架が走り去ろうとも、ページをめくる手はとめられない。
     
     この伝説に言及する上述の文献たちは、伝説であるが故に、その典拠を示していない。
     ただひとつSteven Roger Fischerの" A History of Reading"には、このエピソードを紹介するところに註がついていて、次なる文献をあげている(巻数、ページ数は記されていない)。
     
     Edward G. Browne, A Literary History of Persia, 4vols (London,1902–24).

     その著者、エドワード・グランビル・ブラウン(1862‐1926)は、ペルシア語写本の綿密な研究に基づく文献学的方法を駆使した学風で、イラン学の基礎を築いたイギリスのオリエント学者であり、上記の書『ペルシア文学史』は22年がかりで出版された、彼の記念碑的著作である。

    ※テヘランには彼の彼の名を冠した通りがあり、立像もある。


     このくらい古くて有名な書だと、パブリック・ドメインで手に入る可能性がある。
     " A History of Reading"の註では、この大著のどこにその記載があるか定かでないが、Internet Archiveで発見できた4つの巻すべてを探すことは、かつてほど手間のかかることではない。
     名前の表記やラテン文字化が上記の英語文献とは異なっていたが、全文検索のありがたさ、Sahib Ismail Abbad (A.D.936-995)の項目に、伝説の元になったと思われる記述を発見した。

     時代背景として、ブワイフ朝は、西方のハムダーン朝,東方のジヤール朝,サーマン朝と抗争を繰返していたが、とくにファフル・アル=ダウラと彼の宰相はとりわけサーマン朝のホラサン方面への侵攻を押し進めていたことがある(下図参照)。


    Buyid-Samanid1.png



     ブラウンは、この宰相と同時代人であるサアーリビー(961―1038)の『ヤティーマッ・ダフル(時代にたぐいなきもの)』(詩人の逸話・伝記を含む名詩選)や、イブン・ハッリカーン(1211―82)の伝記事典である『ワファヤート・アル・アアヤン・ワ・アンバー・アブナー・アッザマーン(当代名士没年録)』を典拠に次のようにいう。
     
     His love of books was such that, being invited by the Sdminid King Nuh II b. Mansur to become his prime minister, he excused himself on this ground, amongst others, that four hundred camels would be required for the transport of his library alone.
    サーマン朝のナスル2世(914年 - 943年)から自分の宰相となるよう誘いがあった時、自分の図書館を運ぼうとすれば、それだけでラクダ400頭が必要だから、という理由で断った。彼の書物にかける愛情は、これほどまでのものだった。


    本と図書館の歴史-ラクダの移動図書館から電子書籍までー本と図書館の歴史-ラクダの移動図書館から電子書籍までー
    (2010/12/17)
    モーリーン・サワ

    商品詳細を見る


    アシモフの雑学コレクション (新潮文庫)アシモフの雑学コレクション (新潮文庫)
    (1986/07)
    アイザック アシモフ

    商品詳細を見る


    History Of Reading (Globalities)History Of Reading (Globalities)
    (2004/11/04)
    Steven Roger Fischer

    商品詳細を見る


    The Mirage of Continuity: Reconfiguring Academic Information Resources for the 21st CenturyThe Mirage of Continuity: Reconfiguring Academic Information Resources for the 21st Century
    (1998/07)
    Council on Library and Information Resources、 他

    商品詳細を見る

    →Hawkins, Brian L and Battin, Patricia の"Camel Drivers and Gatecrashers"を収録。

     19世紀イギリスには、社会活動の分野で活躍した著名な女性が二人いた。
     一人がナイチンゲール、そして、もうひとりがオクタビア・ヒル。
     
     ナイチンゲールは病人や戦争に傷付いた人を助けたが、オクタビア・ヒルは人々が病気にならないように助けた、というのである。
     
    実際は彼女が看護婦として活動したのは3年間で、むしろその後の活動に長い年月を注いだという話はこちらに書いた→問:史上最も有名で、最も戦闘的だった統計学者は誰か? 答え:ナイチンゲール 読書猿Classic: between / beyond readers 問:史上最も有名で、最も戦闘的だった統計学者は誰か? 答え:ナイチンゲール 読書猿Classic: between / beyond readers このエントリーをはてなブックマークに追加
     


    octavia_hill.jpg

    Octavia Hill、1838 - 1912.


     オクタビア・ヒルの名は、日本では、ナショナル・トラストの生みの親であることの方が、ずっと有名である。
     ナショナル・トラストは、サー・ロバート・ハンターという弁護士と、ハードウィック・ロンスリーという牧師と、それからオクタビア・ヒルの出会いから始まった。
     自然や歴史的環境を買い取って保存しようというナショナル・トラスト運動は、1907年にはナショナル・トラスト・アクトという法律の形で実を結び、国民が国民のためにお互いにお金を出し合って、国民の貴重な環境を買い取って保存するこの活動が法的に認められた。
     さらにナショナル・トラストが国民から寄金を集めて、それで買い取った土地や家屋を売ってはならないし、抵当に入れてもいけないし、さらに重要なことだが議会の同意なしには政府といえども強制収容することができない、だから買い取られた自然や不動産は未来永劫に保存される、といういわゆる「譲渡不能の原則」が定められた。

     さてナショナル・トラストが始まる1895年よりも30年以上も前に、オクタビア・ヒルが始めた試みによって、彼女はすでに著明だった。
     オクタビア・ヒルがはじめたのは「住宅管理」というものだった。

     ここでいう住宅管理は、単なる建物のメンテナンスや、宅配の荷物を預かってくれることなんかとは、まるで違う。
     オクタビア・ヒルは「住宅管理」で、スラムを改善しようとした。
     スラムをぶっつぶして公営住宅に建て替える方法には(これに先鞭をつけるのもやはりイギリスなのだが)、オクタビア・ヒルはずっと反対していた。
     なぜなら、建物を取り替えても、そこに住む人たちの生活が変わらなければ、そこは再度スラムになるからだ。
     
     オクタビア・ヒルの「住宅管理」が卓越していたのは2つの点においてである。
     ひとつは、そこに住む人の生活ごと変えてしまうものであったこと。
     もうひとつはそれを慈善事業ではなく、収益の上がるビジネスとしたことである。




    生活ごとのスラム改善

     「スラムは常につぎの三つの要素:貧しい人々、粗末な建物、劣悪な管理(poor people, poor building, poor management)の帰結である」
    Power, A., Estates on the Edge: The social consequences of mass housing in Europe (London:MacMillan, 1997, p145)

     貧窮化した人びとは、安い住居費のために、粗末な建物に移り住む。メンテナンスを含む住環境管理にコストがかけられるはずがなく、ひどい建物はなおさら劣化していく。そうした環境から退出できるものは退出し、その後にはさらに貧しい人々がやってくる。
     貧しい人々、粗末な建物、劣悪な管理の3つは、互いが互いを生み出し強め、マイナスのスパイラルとなって状況を悪化させる。
     
     では、オクタビア・ヒルはどうしたのか。
     
     オクタビア・ヒルのスラム改善は、住民のセルフ・ヘルプを基本としていた。
     彼女は投資を募ってボロ屋を修繕し(最初の投資家はあのジョン・ラスキンだった)、その一室ずつに貧しい家族を住まわせた。
     仕事を紹介し、そのために必要なら訓練をして、家族の所得があがれば、また別の部屋を一つあてがった。こうして一つの部屋に10〜20人が住む密集住を、少しずつ改善していった。
     貧困者であっても、その生計費にふさわしい家賃の支払いを義務づけさせた。入居者は適当な家賃を支払うことによってはじめて居住者として市民的権利を主張でき、市民として尊敬されるのだ、というのが彼女の持論だった。
     家賃の遅れだけでなく、住民の「低いモラル」にも厳しく応じた。
     たとえば子供を学校にやらない父親には、退去勧告をしたし、改善されない場合は最終的には追い出した。
     こうしたいわばアメとムチの「住宅管理」で、彼女は住民の生活ごとをスラムを「改造」した。
     もちろん住宅の所有者・管理人にも義務の順守が求められた。
     所有者・管理人は借家人のための共同設備を充実させ、早期に修善箇所を発見し、所有者・管理人として責任を遂行しなければならない。
     このように住宅の所有者・管理者と居住者が双務的に、責任の所在を明確にし相互に約束を守ることが、オクタビア・ヒルが考える「住宅管理」の基盤だった。
     このようにして彼女は、貧しい人々、粗末な建物、劣悪な管理(poor people, poor building, poor management)のすべてに手を付け、その悪循環を切断していった。




    ビジネスとしてのスラム改善

     オクタビア・ヒルは、この時代、当たり前だった、富める人たちが貧しい人に施す慈善を否定していた。
     それは何よりもまず、施しを受ける人達を、施しに依存させ、自分で生活を改善しようとする力をますますなくさせてしまう。
     貧困の中で退廃的生活に埋没し、自力で生活を改善しようとする自信を喪失してしまった人達に対して、 例えば新しい住宅をあてがうなど、物としての住宅の改善を行うだけでは、やがてあの負のスパイラルのうちに、再び街はスラムと化してしまうだろう。
     これはオクタビア・ヒルから何十年も経った後、世界中のスラムクリアランス事業が、そのために提供された公営住宅が、陥ることになる悪循環だった。

     この考え方のせいでブルジョアや教会関係者から強い怒りと反感をかったが、彼女はひるまず自分の道を進んでいった。

     「たとえ国家と言えども、贈物を与えることで人間の精神を破壊する権利はない」

    という彼女の言葉は、同時代の慈善事業だけでなく、やがて福祉国家が行うであろう様々な社会政策をも標的にしていて、そのため却って時代的限界も抱えているのだが、住民にセルフ・ヘルプを求める以上、彼女は事業者たる自分たちにも同じ義務を課した。
     つまり事業のための《施し》を、彼女たちも受けなかった。
     
     ではスラム改善に必要な、少なからぬ資金はどうやって賄われたのか?
     オクタビア・ヒルは、5%の利回りをつけて投資を募り(最初の出資者は、遺産をもらって、何か社会に役立つことがしたいと思っていたジョン・ラスキンだった)、このスラム改善をやってのけた。
     彼女は、この前例のないビジネス・モデルを軌道に載せた。オクタビア方式はイギリス中に広がり、彼女は住宅管理を現場で担うスタッフを多数育成し、各地のスラム改善に送り込むと同時に、この住宅管理婦(オクタビア方式では、住宅管理を担うスタッフはみな女性だった)を看護婦のような職業として成立させた。




    今日の、スラム改善の武装した女神たち

     オクタビア・ヒルの方法は、遠い過去の話ではない。
     
     一時は福祉国家の社会政策と公営住宅とに取って代わられたかに見えたが、ハードのしての住宅改善だけで済まさない、しかもそれをビジネスとして成立させる彼女のアプローチは、そうした公営住宅の再スラム化に対しての改善の中で、再び顧みられ、実践されている。
     たとえばニューヨークのハーレムやブロンクスで、衰退地域を改善したコミュニティ・ディベロップメント・コーポレーションの取り組みなどは(建物を破壊・損壊させるバンダリズムや、住民の麻薬使用には退去要求で応じるサンクション(罰)付きの住宅管理で、犯罪率の極めて高い地域に一種のサンクチュアリを作り上げる手法など)、あのスラム改善の武装した女神(アテネ)の末裔である。



    英国住宅物語―ナショナルトラストの創始者オクタヴィア・ヒル伝英国住宅物語―ナショナルトラストの創始者オクタヴィア・ヒル伝
    (2001/09)
    E・モバリー ベル、中島 明子 他

    商品詳細を見る


    近隣政府とコミュニティ開発法人―アメリカの住宅政策にみる自治の精神近隣政府とコミュニティ開発法人―アメリカの住宅政策にみる自治の精神
    (2012/12)
    宗野 隆俊

    商品詳細を見る


    Estates on the Edge: The Social Consequences of Mass Housing in Northern EuropeEstates on the Edge: The Social Consequences of Mass Housing in Northern Europe
    (1997/07)
    Anne Power

    商品詳細を見る



     史上最高の司書は誰か?

     この問いは「歴史上実在した」という意味を含んでいる。

     自分の図書館にある本をすべて読んでいる司書は、今ではフィクションの中にしか存在しない

    ※ フィクションには、『鋼の錬金術師』のシェスカ、『神のみぞ知るセカイ』の汐宮栞、『少女海賊ユーリ』のボルド、『武蔵伝II ブレイドマスター』のリコッタ、『冬のロンド』のダイアナ・ルミアウラ、京都大学附属図書館マスコットキャラクターのクラちゃん、インちゃん……と、このリストはいくらでも続けることができるだろう。


     
     図書館はもはや個人の手に負えないものになってしまった。
     あるいはこうも言える。
     人類はすでに/とうの昔に、個人が読むことができる以上の書物を生み出すようになってしまった。
     
     しかし書物の数が爆発的に増えたのは、人類の歴史の中で見れば、それほど古いことではない。
     現在、世界最大の蔵書を誇るアメリカ合衆国の議会図書館も、19世紀はじめに開設した当時には、たった1000冊の書物しか所蔵していなかった。1810年に大英博物館が蔵していたのもわずか2000冊だった。
     この時代の司書なら、自分の図書館の本をすべて読んでいたかもしれない。
     
     では、この古き良き時代に属するだろう、最後の一人について話そう。
     
     ほとんど伝説の域にあるエピソードを信じるならば、彼は大英博物館が蔵するすべての書物を知っていた。
     そればかりか、どのページに何が載っているのかに至るまでも熟知していた。
     歴代の教皇やダービー馬の名前はもちろんのこと、何年も前に地方のマイナー雑誌に載った論文や、珍種のキノコの学名も、自分の記憶だけを頼りに、出典のページ数つきで答えることができた。
     
     そればかりか、当時の司書に欠けることが多かった資質をも持ち合わせていた。
     つまり、彼は親切だった。
     しかも詩文をよくする粋人でもあった。
     
     あらゆる資料要求に応えようとする奉仕者の魂と、それを可能とする驚愕の知識量。
     
     
     この時代、大英博物館の円形閲覧室を利用した人たちが、彼への賛辞を書き残している。
     そのうちの一人、30年以上の間、あの円形閲覧室のヘビーユーザーだったカール・マルクスは、かの司書に自分の家族の写真を贈っている。打ち解けない性格のマルクスとしては、これで最大限の謝意の表したつもりだった。
     
     友人を頼って資料を探すためにロンドンにやってきたステファヌ・マラルメは、当の友人が借金を逃れて旅立った後ですれ違いとなって途方に暮れていたところ、円形閲覧室で助けられた次第を、かの司書の名をあげて書き残している。この時の大英博物館の閲覧記録にマラルメの名は無く、おそらくは司書の計らいで必要な資料を見ることができた。
     
     イギリス聖公会の主教(ビジョップ)となった歴史家マンデル・クライトンは、彼をこう呼んだ。
     the ideal librarian、理想の司書と。
     


     19世紀は書物 printed bookが、そして図書館の蔵書が爆発的に増えていった時代だった。 
     この物語の舞台である大英博物館図書館についていえば、それはナポレオンとの戦争に勝利した後の1810年代にはじまった。
     
     1759年、すでに国有になっていたR.コットン卿の写本類ならびに新たに寄贈された H.スローン卿の美術品と図書を中心に、これらに王室の下賜品を加え,ブルームズベリーのモンタギュー侯邸に、大英博物館は開館した。
     ナポレオン戦争後、アレクサンドリア条約の結果として、ナポレオンの兵士が発見したロゼッタ・ストーンをはじめとする多くのエジプト彫刻が、それからパルテノンからは彫刻群(エルギン・マーブルズ)が、この博物館に運び込まれた。
     蔵書も1825年には23000冊を越えた。1828年にはジョージ3世文庫8万冊が寄贈され、1831年には3万冊のフランス革命関係コレクションが加わった。
     この年、イタリアのモデナ公国出身のアントニオ・パニッツィという男が大英博物館図書館に加わった。
     フランス革命の熱を帯びた思想を抱いて秘密組織に参加し逮捕されたが、どうにか国を離れ、亡命同然でイギリスにまで落ちのびてきたこの男には、本人不在のまま祖国の法廷は死刑の判決を下していた。ロンドンで細々と語学教師で食いつないでいたイタリア人にとって、博物館図書館はようやく手にした定職だった。
     やがてパニッツィは、件のフランス革命関係コレクションの目録作成で頭角を現す。
     驚くべき速さでそれを完成させ、理事会の注目を集めたパニッツィは、博物館の理事たちを前にこうぶちあげた。……まったく、この図書館がつくってきた目録ときたら間違いだらけだ。ここにはまともに目録を作れる人間すらいないのか。
     上司や同僚たちは激高した。しかし、これがこの男のやり方だった。
     1835年、怠業を理由に博物館図書館を解雇された司書たちが、一部の議員のところに泣きつき、議会で大英博物館図書館の管理問題が取り上げられた。
     パニッツィも証人として議会に呼び寄せられた。発言を求められ、今度はこうぶち上げた。
     ……あのナポレオンですら、予算を増やし、館長に自由に蔵書を蒐集させた。それがどうだ? この国最大の図書館とやらの蔵書はまったくお寒い限りだ!
     またも人びとは激高したが、同時に議員たちの愛国心にも火をつけることとなった。
     
     こうしてパニッツィは、大英博物館のPrint Book部門の責任者となった。
     相変わらず敵を作るやり方だったが、今までのような大規模な寄贈ばかりでなく、この博物館の蔵書を増やす手を次々と打った。
     パニッツィの野望は、少なくともこの国で刊行されるならば、どのような本も博物館図書館の蔵書をすること、いやできるならば全ヨーロッパ、全世界の書物をここに集めることだった。
     フランス革命の洗礼を受けたこの男は、しかし単なる放言家でも夢想家でもなかった。
     スタッフを増強して徹底的な収集を行わせ、さらに出版社に納本を義務づけるよう、議会には法律の改正まで要求した。
     全世界のあらゆる書物をあつめる野望についても手抜かりなく、各言語の専門の担当者を置いて収集体制を強化した。
     パニッツィがこのポストにいた1837年から1856年の間に、大英博物館図書館の蔵書は100万冊増加した。
     1857年、理事会はパニッツィを大英博物館館長に就任させた。
     
     Print Book部門を引き受けた翌年(1838年)、パニッツィはリチャード・ガーネットという男を大英博物館図書館に引き入れていた。
     イタリア人であるパニッツィはロマンス諸語には通じていたが、全世界のあらゆる書物をあつめるには、この男の力が必要だった。
     ガーネットは、ほぼ独学でヨーロッパの言語と文学すべてに通じ、加えて完璧な古代ギリシア語、ラテン語、さらにヘブライ語を使いこなした。
     温厚なガーネットは、やり手で強引なパニッツィのやり方に必ずしも同意していなかったが、対照的な性格のせいか、二人はうまくやっていくことができた。
     しかし死が二人を分かつことになる。
     1850年、ガーネットは長くない一生を終えた。後には家族と、野心家の館長が残された。
     
     ガーネット家には子供がたくさんいた。
     経済的に困った一家を助けるために、パニッツィは当時16歳だった長男を雇うことにした。
     父の才能を受け継いだと見なされていた少年には、学費の面倒はみるからオックスフォードに進んではどうかという親類からの申し出があったが、少年は父親と同じく独学の方を選んだ。
     この少年、二代目のリチャード・ガーネットは、一番安い給料の職員として博物館図書館に入った。
     
     最初は目録づくりの手伝いに本のタイトルを記入するといった簡単な仕事しかさせてもらえなかったが、ほどなくしてパニッツィはこの少年の才能に気付いた。
     少年は書籍の出納係(書庫への出し入れの担当)になった。
     これは現在考えられるほどには、簡単な仕事ではなかった。
     というのも、この時、大英博物館図書館の蔵書は、パニッツィの下で(先程見たように)爆発的に増え続けていた。
     加えて、当時の博物館図書館の書架は700以上の分類に分かれていた。しかも、それぞれ別の目録が作られ(つまり統一の総合目録などなく)、おまけにどれもあまり信用のおけるものでなかった。

     二代目リチャード・ガーネットは20年間この仕事に従事した。
     
     この間に彼が読み学んだのは、本のタイトルとその保管場所だけではなかったらしい。
     図書館のすべての本を知る最後の司書は、こうして育った。
     
     さてパニッツィの野心は、蔵書を増やすだけにとどまらなかった。
     パニッツィは、これら蔵書を人々が利用できるようにしなければならないと考えた。
     増え続ける蔵書が、博物館のすべての空間を圧迫していた。
     新館の建築が必要なことは誰の目にも明らかだった。
     のちにルイ・ナポレオンやガリバルディやマルクスが訪れることになる円形の図書館閲覧室Reading roomが作られ、既存の建物と閲覧室の間のスペースに書庫も増築された。
    直径42mの円形閲覧室の壁面につくられた書架には2万冊の参考図書※が並び、そして閲覧室中央の丸いカウンターの中にレファレンスワーク(参考業務)を行う司書が常駐した。

    britishLibrary.jpg


    ※British Museum. Dept. of Printed Books. (1871). A List of the Books of Reference, in the Reading Room of the British Museum.


     2万冊の参考図書と100万冊の蔵書を機動的に活用させるレファレンスワーク。
     20年間の出納係の仕事を経てすべての書物の在り処と内容を知る男、かつての右腕の忘れ形見を、パネッティは丸いカウンターの中に送り込んだ。
     ここでガーネットは新しい仕事をすることになった。
     
     そして月日は流れた。
     
     パネッティが去り、数十年の経て、ガーネットもまたPrint Book部門の責任者(Keeper of Printed Books:本の管理者)となった。
     そして最後の仕事が残されていた。
     パネッティがぶち上げ、しかし存命中には実現しなかったあの企て、いまや世界のすべての書物を蔵する大英博物館図書館の統一図書目録の作成がそれだった。この仕事を完成させることができるとしたら、あの男しかいない、と誰もが思った。
     ガーネットは閲覧室を離れ、この仕事に専念し、在職中に無事完成させることになるだろう。

     19世紀が終わり、博覧強記の時代が終わり、目録の時代がやって来ようとしていた。

    garnett_at_his_desk.png
    Richard Garnett at his desk. c.1898.





    図書館を育てた人々 (イギリス篇) (JLA図書館実践シリーズ (8))図書館を育てた人々 (イギリス篇) (JLA図書館実践シリーズ (8))
    (2007/10)
    藤野 幸雄、藤野 寛之 他

    商品詳細を見る


    Catalogue of the Library of the Late Dr. Richard Garnett, C.B.Catalogue of the Library of the Late Dr. Richard Garnett, C.B.
    (2009/07/17)
    England Sotheby & Co. (London, Sotheby &, Richard Garnett

    商品詳細を見る



    Richard Garnett's Works (Wikisource)

    Obituary. Dr. Richard Garnett C.B. — The Times, Saturday, Apr 14, 1906; Issue 37994; pg. 4; col A

    Richard Garnett - 1911 Edition of the Encyclopedia Britannica

    Garnett, Richard (1835 - 1906), librarian and author, Oxford Dictionary of National Biography